西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/04/28(土)

[]攻めて下さい! 11:19 攻めて下さい! - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 攻めて下さい! - 西川純のメモ 攻めて下さい! - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』を成立させるための時間は、『学び合い』を研究し始めた時よりも格段に短くなりました。最初は2~4週間かかっていましたが、今では初期段階だったら当日に成立させる自信があります。何故、それが可能になったかといえば、バカみたいな理由です。教師が何を望んでいるかを、ちゃんと語るようになったからです。それまでは、教師が何を望んでいるかを語らずに、方法を語っている部分がありました。分かってしまえば、何故、それを思いつかなかったか分からないほどです。だって、子どもがこうあって欲しいという願いがあるならば、それを説明した方が良いに決まっている。それを子どもが理解してくれれば、一人一人の子どもが、実現に向かって頭を使ってくれる。だから、早く成立させることが出来るようになりました。だから今では、「教師は教えるより、説教をするべきだ」と思っています。

 さて、これって親に対しても同じです。親に語らなくても、子どもが変われば伝わります。学級崩壊のようなクラスは、親にとってもビックリでしょう。でも、1ヶ月も経てば、勉強のことを楽しく親に語るようになります。そして、その勉強の話は、友達の関わりの中で語られるでしょう。そして、テストの点数が、明確に結果を伝えます。

 が、自分が何を願って、どのような考えから授業を捉えているかを語った方が良いに決まっています。我々の考えは、難しげな高等数学も、難解な哲学も必要ありません。例えば、「分からない子どもが分かるためには、5分以上の個別支援が必要。そして、それを全ての子どもが毎時間求めている。それを一人の教師がクラス全員にすることは不可能。」という理屈は、誰だって分かる理屈です。だって5分×クラスの人数は1校時より多くなりますから。そして、「教師の説明を思い出して欲しい。凄い説明でしたか?そうではなくて、ごく普通の会話じゃなかったですか?」や「教師の説明って、わかりにくくて、同級生に聞いた方が分かったですよね?」という質問に対しては、親の方が教師より理解してくれます。だって、教師は現在教育フィットした人が多いですから。逆に、現行の教育いじめられた人は親の方が多いはずです。

 我々の本やHPは、そのような親に対して説得する武器になるはずです。親を味方にすれば、学年主任より、教務主任より、教頭より、校長よりも権力者になることも出来ます。

 同志各位へ。攻めて下さい!

[]モテたい 09:54 モテたい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - モテたい - 西川純のメモ モテたい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 このごろ息子に説教するとき一番効くのが「そんなことしていて、女の子達に見られたら恥ずかしくない」です。また、「かっこいいなー、クラス女の子モテモテだね」とほめると、ニヤーとスケベーっぽくにやけます。小学校1年生でも、女の子モテてたいのだと思います。

 しかし、私が以上のように言うので、女性モテることは良いことだ、という規範を与えているのかもしれません。

 息子は美しいと思います。これがこのまま大人になったら、黙っているだけでモテモテになるはずです!