西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/04/10(火)

[]異動通知 09:15 異動通知 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 異動通知 - 西川純のメモ 異動通知 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、異動の挨拶手紙を2通も受け取りました。ビックリです。教員の異動は年度末に決まります。ばたばたしているうちに3月31日になります。そして、直ぐに入学式、授業開きとなります。入学式の父母、授業開きの子どもたちの前では、百年前からいたような顔にならねばなりません。従って、異動の挨拶が来るのは5月の連休明けぐらいが多いように感じます。つまり、5月の連休に異動の手紙を書くことが出来るようになるわけです。ということで、昨日受け取ったということは驚異的といえると思います。

 2006年2月23日に「計画的」というメモを書きました。詳細は、それを見て下さい。そこでKanさんの言葉引用しました。彼によれば計画的とは「ちゃんとした計画を立て、きちんきちんとそれを実行すること」ではなく、早め早めに仕事を終わらすこと」なんです。実に大事な言葉です。それ故、お二方は実に計画的な方だと思います。

 あ!・・・、そういえばKanさんからの異動の手紙が届いていない・・・

 あははははは

kankan2007/04/16 23:01最近気付きました。早め早めの行動は「見通し」によって支えられています。異動したてで、たくさんの校務分掌を振られています。以前なら、軽くさばいていたように思いますが、誰かさんのおかげで、その仕事に意義が見出せず苦労しています。だって、4月末までの学級経営の見通しを提案してくれっていわれたら、えっ全校生徒分(500名ほど)いるじゃん。そんなの無理だし、作ることに意味ないしとかまず思ってしまいます。

jun24kawajun24kawa2007/04/17 09:12あははは
その誰かさんは誰かは分からないけど(笑)
きっと、その誰かさんは、いかなる状況においても、対応できる指針を語っているはずですよ。例えば、ニッパチ理論とか、子ども集団における『学び合い』は教師集団における『学び合い』と同じであるとかなど。そして、それを乗り越えると、どんな世界が広がってるかを語っていたと思います。誰かさんは。
ということで、期待しています。