西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/04/07(土)

[]中国地方の方々へ 18:13 中国地方の方々へ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 中国地方の方々へ - 西川純のメモ 中国地方の方々へ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が上越教育大学に勤めている関係で、我がゼミ生は西には少ないのが実態です。が、今年の修士2年に島根県より現職派遣されたSakさんがいます。彼はもうすぐ地元学校に戻って数ヶ月にわたる『学び合い』の実践研究をします。Sakさんの授業を見たい方、相談したい方がいたら、私にメール下さい。私からSakさんに「お願い」します。私のメールアドレスHPに公開しております。

 あはははは。Sakさんへ。上記のように「かってに」宣言させていただきましたよ。

muto60muto602007/04/08 05:53はじめまして,静岡で中学数学の教員をしております,武藤と申します。4月6日の静岡新聞夕刊で,八幡小の「学び合い」について掲載されました。
自分も「スタンドアップ方式」と名付けて,2年前から生徒同士が自由に席を立って互いに教え合い学びを深めることを軸とした授業を行っております。日々の授業の様子をhttp://www.enpitu.ne.jp/usr4/48536/diary.htmlに記しています。(日記の一番下にある「検索」の欄にスタンドアップを入力していただけますと,関係した日記一覧が出てきます。)
同じようなことを志している方がいることを知り,大変心強く感じました。

jun24kawajun24kawa2007/04/08 09:16情報有り難うございます。
それとホームページ読みました。私も静岡で同じ方向を見ている方いることを心強く思います。我々がやっていることは時代の必然だと思います。おそらく、明治時代に学校でやっても出来なかったと思います。しかし、今の時代はそれが出来るし、しなければならない。日本中に数百万人の教師がいます。これに気づいている教師はかなりいると思います。いっしょに広げましょうね。