西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/03/27(火)

[]蝶結び 21:45 蝶結び - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 蝶結び - 西川純のメモ 蝶結び - 西川純のメモ のブックマークコメント

 小学校からは「結べる」ように教えてくださいと言われています。そこで、家で「蝶結び」を教えました。が、難しい。紐を固結びにして、紐を折って「耳」にして、それに紐を回して、その中から「耳」を通す、ということを教えましたが、なかなか難しい。ところが息子が出来るようになりました。今、家に遊びに来ている「お婆ちゃん」が教えてくれたそうです。びっくり。息子の結び方を見てびっくりしました。「耳」と「耳」を固結びしていました。なるほど、と思いました。47歳まで、蝶結びの別な結び方を知りませんでした。

[]別れ 21:45 別れ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 別れ - 西川純のメモ 別れ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、最後の最後の卒業・修了ゼミ生を送りました。そして、最後の最後のまでちゃんと送れませんでした。

 変な美学です。男はうれし泣きをしても良いけど、悲しいときに泣いて良いのは親の死に目だけというのが刷り込まれています。ゼミ生を送り出すことを、しんみりしたら、年につれて幾何級数的に弱くなった涙腺が暴走しそうです。ということで、ゼミ生がいなくなるとき、わざと不在にしたりします。出発の挨拶の時、憎まれ口を連発し、自分を鼓舞します。

 合者必離は理ですが、分かれるのが辛くなるために人は何故合うのでしょう。でも、それが幸せなのだと思います。だったら、「おい、いくのかよ~」と泣く方が自然です。と、分かっているのですが、出来ません。

 送り出す人にエールを送ります。幸せに。

[]命の洗濯 15:26 命の洗濯 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 命の洗濯 - 西川純のメモ 命の洗濯 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、及び、本日は年休を取って温泉旅行に行きました。露天風呂付きの部屋ですので、本当に何度も、長時間にわたって風呂に入りました。今回の宿は本当に「大当たり」でした。子連れにとっては嬉しいサービスが一杯です。

 が、昼には大学に戻って、たまった仕事を仕上げています。明日は教職大学院に関連して、文部科学省のご指導を受けに東京に行きます。