西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/03/24(土)

[]1万 22:05 1万 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 1万 - 西川純のメモ 1万 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 研究室HPhttp://www.iamjun.com/)は6年で10万アクセスを達成した。ブログは1ヶ月弱で1万アクセスになった。ビックリ

[]我々の指導法・教具開発 16:45 我々の指導法・教具開発 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 我々の指導法・教具開発 - 西川純のメモ 我々の指導法・教具開発 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 先日のメモで、指導法・教具開発を否定的に書きました。しかし、我々もこれからもやりたい指導法・教具開発があります。それは、子ども達がやる指導法・教具開発があります。大きな本屋に行けば、山のような教師用の本があります。それを子どもに与え、「もっと良いものをつくれ」という課題を課すのです。もちろん、同時に、「この教師用の本に対応する単元のテストで、クラス全員が100点取れ」と求めます。面白いことが起こります。

 まず、素晴らしい教材を子どもが作れることを発見します。でも、これって当たり前のことです。だって、ユーザーの声を徹底的に吸収した指導法・教具が、専門家が作る指導法・教具を下回るわけありません。子どもの有能さにビックリします。

 次に、そのような素晴らしい指導法・教具であっても、全員にとって最善ではないということに気づくでしょう。最終的には、子どもにとっては同級生が最善の指導法・教具であることに気づきます。そして、それを補完する教材は教科書であることに気づくでしょう。せいぜい、薄い出来合いの資料集で十二分です。日本の指導要領は日本人全員が学ぶべき事を定めた基準です。それを学ぶために、図書館にある全集十巻の辞典を読む必要性は、殆どありません。

 剣の道の最高の境地になると剣から離れるそうです。それと同じで、指導法・教具開発の最高の境地になると、指導法・教具開発から離れます。結局、全ての王道に「ひねり」,「奇手」は無用です。

OB1989OB19892007/03/25 05:54おめでとうございます。お祝いに駆け......。

jun24kawajun24kawa2007/03/25 07:33有り難うございます。
お祝いは、ドラえもんではなく、日本国銀行券で
なんちぇって

HirarinHirarin2007/03/25 07:33おめでとうございます。
ちなみにカウンタを可視化できないんでしょうか。
設定ができないブログもありますけど、ほとんどのブログができると思いますよ。

jun24kawajun24kawa2007/03/25 08:49カウンターは右の下の方にあったので見にくかったですね。
ごめんなさい。
上の方に移動しました。

OB1989OB19892007/03/25 10:11了解!忘れられないように日本国銀行発行のコインで少しずつ。先日,カウント数が9800を超えた頃に「もう少しで10000」だなあと思っていたばかりでしたのに,あっという間の偉業達成に驚くやら,うれしいやら。めでたし,めでたし。