西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/03/23(金)

[]指導法・教具 00:14 指導法・教具 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 指導法・教具 - 西川純のメモ 指導法・教具 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 不遜ながら。大学に籍を置く教科教育研究者が生涯に生産できる学会論文レフリー付き)の平均値だったら、1年で生産できる実績があり、そして今でもそれは可能です。何故かと言えば、指導法・教具の論文を書くことは、その書き方を知っている人にとっては、比較的たやすいことだからです。でも、「ある理由」がある場合を除いて、積極的に書きたいとは思いません。

 研究者にせよ、実践者にせよ、優れた指導法・教具を開発された方に対して敬意を抱きつつも、「その指導法・教具は全ての子どもに有効ですか?」と聞きます。優れた研究者、実践者は直ぐに全ての子どもに有効ではないことを認められます。全ての子どもに有効であると主張される方がいたとしたら、それは子どもの姿を見ていない証拠です。是非、自身の授業における子ども達の姿を、ビデオで記録し、視聴することを勧めます。それでも気づかないとしたら、鈍感としか思えません。我々の目からは、どんな指導法・教具においても、子ども達の「つまらないぞ~、分からないぞ~」ということを示す行動が、嫌と言うほど発していることが目に入ります。優れた実践者は、その現実の中でもがきます。

 本当に子どもに信頼されている教師しかできないテストもあります。その指導法・教具を使うか、使わないかを子ども達に選択させてください。そして、選択しない子どもに、何故、選択しないかを聞いてください。おそらく、圧倒的大多数はその指導法・教具を選択しません。

 我々の『学び合い』は指導法・教具と次元が違います。我々は一人一人、全く異なった指導法・教具が必要だと考えています。そして、何が適切かを判断できるのは、その子どもだけだと考えています。それ故、選択の自由を大事にします。そして、彼らが選択するのは、クラスメートです。だって、どんな指導法・教具だって、人間以上の判断力、柔軟性を持てるわけありませんから。だから、我々は人間という資産を最大限生かそうと思います。

 我々は「学び合え」、「仲良くせよ」とは強いません。ただ、「全員が分かる」もしくは「全員が高まる」ことを求めます。その結果子どもが選択する姿が『学び合い』です。それは、多くの学び合いとは全く異なった姿です。

 指導法・教具の実績があるからこそ、その限界も知っています。その中で、全ての子どもフィットしないという現実にもがきました。それ故、『学び合い』の凄さを、自信を持って保証できます。世の中には、私なんぞには、足元にも及ばない優れた方々います。その方々に、その実力を正当に生かす可能性を伝えたい。それが微力の私が、日本教育貢献するたった一つの方法だから。