西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/03/19(月)

[]総合学習との違い 22:52 総合学習との違い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 総合学習との違い - 西川純のメモ 総合学習との違い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある先生からメールを頂きました。そこで、最近の我々の成果を返信しました。その結果、その方から以下のメールをを頂きました。

『凄いですね。でも、何か子供達だけで自主的に学ぶというと私には、総合学習の時間の悪いイメ-ジがあるのです。総合学習の時間に対して私の所属している○○研の○○先生は、「調べ学習と称して校内をウロウロ。これでは、「騒動臥駆蹴(がくしゅう)」になってしまいます。」とユ-モア混じりに批判しています。それが、この「学び合い」では凄い効果を上げているというのが正直言って信じがたいです。もしそうであるならば今までの実践を180度転換する価値があると思います。』

それに対する私の返信は以下の通りです。

 悪しき総合学習との大きな違いは、何をすべきかではなく、何を成すべきかを語ることです。例えば、「○○を調べる」はすべきことを語っていますが、何を成すべきかを語っていません。「○○を話し合おう」も同じです。一方我々は、「他県の○○小学校クラスみんなが、自分たちのクラスのことをもっと知りたいと思うような本を作ろう」や「クラス全員が納得できる説明を考える」を語ります。その成すべきことのために、必要であれば「○○を調べる」し、必要であれば「○○を話し合い」ます。

 想像してください、「地域を調べよう」で興味を持つ子どもはどれだけいるでしょうか?興味がない子がやるのは、とりあえず図書館に行って、調べている「ふり」をします。だって、「○○を調べよう」という教師の求めていることはちゃんとやっているんですから。それが「騒動臥駆蹴」の実態です。

 一方、地域に興味がない子であっても、人には興味があります。その人に関わる目標で、人と関わりながら達成できる課題であれば、ふりはしません。さらに言えば、ふりでは「他県の○○小学校クラスみんなが、自分たちのクラスのことをもっと知りたいと思うような本を作ろう」を達成できないことは、子どもは理解できます。

 子どもが自主的に学んで問題が生じるわけありません。問題が生じるのは、自主的に学んでないからです。

F-KatagiriF-Katagiri2007/03/20 13:10高校進学の折にはぜひうちの高校へ……。新潟県、そのうち全県1区ですし。あ、その時まで新潟にいらっしゃるのかな~?

jun24kawajun24kawa2007/03/20 13:53ありがとう。
小学校に異動してとはいわないけれど、せめて、中学校に異動できない?中学校免許状はあるよね?

F-KatagiriF-Katagiri2007/03/20 14:37残念ながら持っていません。大学時代1教科を落としたばっかりに……。大学院でとろうと思ったのですが、制度が変わり、教育実習にも行かなければならないということで、あきらめました。

jun24kawajun24kawa2007/03/20 14:39了解!とほと
あと、現在、スカイプをインストールしているコンピュータ不調です。直ったら、リンクします。

1kawa1kawa2007/03/21 21:26小学校なら私の所もOKですよ!通学区は特に定めていません。通える範囲に住んでいただけたらOKです。8OHJIから1時間以内です。教師の考え方一つだと思います。

1kawa1kawa2007/03/21 21:33教師の考え方というのは、子どもを評価する点においてです。
今日も、同僚の先生と話し込みました。同じ子どもを目の前にしてあまりに評価が異なるのはどうしてだろう?というのでそんな話になりました。肯定的に、子どもの能力を信じられるか?だと思います。その子の持っている能力を教師が肯定的に感じるセンスがないと厳しいかも知れません。そのセンスをどうやって獲得するか?だと思います。

jun24kawajun24kawa2007/03/21 21:591kawaさん
あなたが上越の先生でないことを、本当に悔やみます。
またY県の子ども達を祝福します。うらやましい!
そしてN県の子どもを思います・・・
あなたのような先生を、そういる先生を増やしてね。
我々の課題は、学び合うクラスではなく、学び合い学校ですから。
ありがとう!