西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/03/13(火)

[]本日 22:26 本日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日 - 西川純のメモ 本日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

本日予定されていた会議が中止になりました。そこで、前から行きたかったY小学校に行きました。自分の気持ちから身銭です。ありがた迷惑であることは十分理解しているのですが、何が何でも「有り難うございました」をY小学校先生方に言いたいと思っていました。お忙しい先生方の手を止めていただき、ご挨拶をさせていただきました。本当に感謝です。一つの学校中の子ども達を観察・分析することを許していただきました。クラス全員と教師にICレコーダーをぶる下げていただき、数台のビデオで記録させていただきました。こんな事を許していただける学校ってあるのでしょうか?このデータ先生方、そしてなによりも子ども還元しなければなりません。授業研究は、まず、子どものためにあります。子どもに対して、あのICレコーダーが自分たちにとって、どんな意味を持っているかを、納得させねばなりません!!!!!!

 3年の5人へ

 結果を出すのは、教員採用試験勉強明けにしか出来ないと、Y小学校先生方にお詫びしました。(図々しいので子ども達に語りたいとは言えませんでした)でも、これからの君たちは受けた恩に応える行動を日々しなければなりません。期待しています!

さて、質問です。あのICレコーダーが自分たちにとって、どんな意味を持っているかを、「そのクラスのその子どもたち」に納得させるにはどうしたらいいか?言うまでもなく、授業研究は、そのクラスのその子どものためにあるんです。私がひれ伏すような、君たちの応えを期待しています。

OB1989OB19892007/03/13 23:573年生の皆さんへ

皆さんの成果が日本の教育研究のスタンダードになるのですから,遠く釧路から1989年度に修了したオールドOBもわくわくしながら期待しています。

歴史を変えましょう!!

jun24kawajun24kawa2007/03/14 09:04そうですね、歴史を変えましょう!
子どもたち、教師のために、ね

OB1989OB19892007/03/14 13:34
はい!
子どもたちのために。
先生方のために。