西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/03/12(月)

[]志 22:04 志 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 志 - 西川純のメモ 志 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学び合いを生じさせることは本当に簡単です。邪魔をしなければ良いだけのことです。でも、旧来の教え込みの先生には辛い2週間でしょう。でも、「面白そう」と思える人、また、力があるので「駄目でも、何とでもなる」と思える人だと簡単です。でも、限りなく一人残らず全員が学び合いに入るためには、学校観が大事です。「みんなで高まる」これを本当に信じられるかが大事です。それが不十分だと、30人中25人は学び合うが、学び合いに入れない子が数人生じると言うことが起こります。さて、この後には何が必要でしょう。それは「志」だと思います。自分が想像できる理想のクラスの姿です。もし、クラスの大多数の子どもが学び合うことレベルが理想であれば、それで満足します。クラス全員の子どもが学び合うことレベルが理想であれば、それで満足します。そして、それ以上に行かないかもしれません。それを乗り越えるためには、現状の学校では想像できないような理想の姿を、リアリティのある目標(志)として思えるかだと思います。

 私は実践家ではありません。しかし、多くの実践家が夢想だにし得ない、そして訳知り顔の実践家が鼻であしらわれるような、夢のクラスをリアリティのある姿を描くことが出来ます。そして、しつこく実践家に語ります。だって、私には出来ないことを出来るのは実践家なのですから。

 ただし、私のゼミに関しては、私は実践家です。

keikei2007/03/13 19:02 はじめてのコメントです。私は先生の著書(サイン入り)を読ませていただき、その理念に共感しました。大事にする出発点が同じということです。自分のクラスでどう『学び合い』を取り入れていくのかも、その事例どおりやるのではなくて、目の前の子どもたちを見て、子どもを信じて、共に考えていくことが大事だなあと実感しています。
 多くの方々に、「子どもは本来、伸びたい存在である。」という能動的・肯定的な児童観が広がっていきますように。微力ながら、地道に実践を重ねていきたいと思います。

jun24kawajun24kawa2007/03/13 21:48同志へ
「目の前の子どもたちを見て、子どもを信じて、共に考えていくことが大事だなあと実感しています」とあります。
それでいいんです!
子どもは伸びたい存在です。
その子どもが1年積み上げたら、どんなことが出来るでしょう!
「もっと、もっと」と思うはずです。
目の前にいる子どもが「もっと、もっと」という圧力を教師にかけていないならば、それが子どもの可能性を自分が潰しているのかもしれません。教師が「もっと、もっと」と願いましょう。子どもは「え~~」と言うかもしれませんが、その子どもの目を見てください。「もっと、もっと」が、その子どものためであることを子どもに納得させているならば、きっと「もっと、もっと」となるはずです。教師は、子どもに「もっと、もっと」と思わせるのが仕事です。志は高く!自慢コメント、期待していますね。