西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/03/30(金)

[]本日テレビ 22:15 本日のテレビ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日のテレビ - 西川純のメモ 本日のテレビ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は「お上」に対応するため、A4版で20ページ程度の書類を作り上げました。自分ながら事務的能力は凄いと思います。と、言うことでヘトヘトになって家に帰りました。家に帰ると、テレビで教師対保護者番組がありました。座る位置関係から、既に対立構造を作ろうという意図が見え見えです。また、発言の内容を聞きながら、「こんな発言する教師は少ないよな」、「こんな発言をする保護者は少ないよな」と思います。日本中の圧倒的大多数の保護者常識人です。日本中の圧倒的大多数の教師は常識人です。そして、その過半数は常識人の「保護者」でもあります。

 今年の西川ゼミの学部生の研究ビックリした結果がありました。それは学部生の多くが「保護者」が怖いと思っているそうです。私が新卒の教師だった20年前は、そんなこと思ったことありません。自分が教師になれるかは不安でした。子どもに受け入れられるかは不安でした。でも、「保護者」が怖いと思ったことはありません。というより、そこまで頭が回りませんでした。もちろん、私の教えた高校保護者は「相当凄い」保護者がいました。それは分かります。でも、私の頭の中にある最大の問題は子どもであって、保護者ではありません。でも、今の学生さんは「保護者」が怖いそうです。教師にもなってないのに・・・。本日番組のせいで、有能な教員志望の学生が数十人、いや、数百人減ったかもしれません。罪深いことです。

 でも、その学生さんによれば、教師になっていないからだそうです。本日のような番組しか、学生さんには情報源がないんです。日本中の大多数の保護者は、自分の子どものことでビクビクして、お願いしたい、と考えている人たちです。本日番組保護者のように、声高に教師を非難する人ではありません。たとえ、そのように思っていたとしても、大人として穏便に交渉したいと思っている人たちばかりです。

 教師だって同じです。「我々は客商売ではないんだ!」と声高に言っている教師がいました。すみません。その人を知っているわけないので、そんなことを言ってはいけないことを知っているのですが、私はそんなことを言う教師は嫌いです。教師は客商売です!

 私の若い頃の経験です。ある学会文部省(当時は文部省でした)の役人が指導要領の説明をしていました。その後の質問コーナーで、ある先生が、「なんで文部省がそんなことを決めるんだ!そのことによって、今まで出来た○○が出来なくなる!」と怒鳴っていました。若い私は、どうなることになるのかビクビクしながら、同時に、興味津々でいました。そうすると、その役人は、その先生に対して、「○○するということを誰が認めたんですか?子どもですか?保護者ですか?学校ですか?」と聞きました。そうすると、その先生は色々言い出しますが、結局のところ「自分」が認めたということです。あとは、それを、穏やかに、かつ、厳しく詰め将棋のように詰めていきます。「自分」が決められるという根拠を聞き出すのです。教職免許状というものは、文部省の規定によって定められたものです。そして、学校先生と言うことも、各県の教育委員会の採用に基づくものです。「公」を否定すれば、実は自分を否定することなのです。それを詰め将棋のように、詰めている役人と、「その」先生やりとりを興味深く聞きました。もし、「公」の規定と戦うとしたら、それはユーザーである、「子」そして「保護者」によって立つしかありません。それを否定している先生は、失礼ながら戦い方に関して愚かだと思いました。

 「問題教師」、「問題保護者」を取り上げて、教師対保護者の問題にしても得る者は誰もいません。「問題教師」を一番困っているのは、「保護者」ではなく、それの尻ぬぐいで自分の家庭の時間を犠牲にしている、「問題教師」と同じ職場の教師なんです。保護者が「気づく問題教師」より遙かに多くの「問題教師」はいます。でも、それが表面に出ないのは、まわりの「普通の教師」犠牲によってです。でも、この構図は、学校ばかりではなく、どんな職場で同じです。

 「問題保護者」の対応にヘトヘトになって、その保護者子ども以外の子どもエネルギーを費やせなくなって被害を受けるのは、事を荒立てず、とりあえず耐えるという、大多数の保護者であり、その子どもなんです。

 本当は「問題教師」+「問題保護者」対「普通の教師」+「普通保護者」なんです。残念ながら「普通の教師」は「問題教師」、「問題保護者」に対して、有効な手段がありません。「問題教師」、「問題保護者」に対して、有効な手段を持っているのは、普通の教師「集団」から情報を得た普通保護者「集団」なんです。

 日本マスコミは、何故、そのように考えられないんだろう・・・・。きっと、そのことに気づいているマスコミ関係者がいると思います。その方に番組制作の機会が与えられることを、「願い」ます。

追伸 あわてて付け加えます。「問題教師」も「問題保護者」も個人ではなく関係で決まるものです。「普通の教師」+「普通保護者」となれば、「問題教師」の大多数は「普通の教師」になり、「問題保護者」の大多数は「普通保護者」になります。

 追伸 K閣下本日イチゴ、息子が大満足で食べました。息子は何度も「Kさん有り難うございました」と言っていました。本日の、ただ一つの嬉しいことです。

kirinkirin2007/03/31 14:34いやー喜んでいただけて恐縮です。賄賂成功!!

jun24kawajun24kawa2007/03/31 15:27昨日今日と、相当、贅沢な食べ方をしています。感謝!

kinekine2007/04/01 08:3520代半ばの若者がその番組を見ていました。
「見ていて、腹が立った」
と言っていました。
番組の偏りに気づいて、見るのをやめるか、見ながら腹を立てるか、案外多くの人が冷静に見ているのかもしれません。
「いつも同じようなやつが出てきて、同じことを言っている」
とも言っていました。
私は腹立たしいので、見ません。

jun24kawajun24kawa2007/04/01 08:47私も腹立たしかったのですが、いちおうコメントを書くのですから見なければと思ってみました。が、さすがに醜悪すぎて最後まで見ることは出来ませんでした。

07/03/29(木)

[]『学び合い』の奥義書公開 18:12 『学び合い』の奥義書公開 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』の奥義書公開 - 西川純のメモ 『学び合い』の奥義書公開 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』のことで、いつも同じようなことを聞かれます。そこで、いつか本にしようと思って書きためていました。途中経過ですがhttp://www.iamjun.com/に公開したいと存じます。皆さんのご意見をいただき、バージョンアップしたいと思います。宜しくお願い致します。

MizuochiMizuochi2007/03/29 22:59今、ここでこれを公開される意図が気になります。
『学び合い』を実践していく中で
私も大きな転換期を迎えようとしています。
じっくり読ませていただきます。

jun24kawajun24kawa2007/03/29 23:53ありがとう同志
いつもの私の行動です。
いつも追い立てられるように、今すべきことを、今できることを、平行していくつもやっています。この本を塩漬けするには惜しいし、公開することによって得ることも多いと判断した次第です。ご意見下さい。良きものにしたいと思っています。

あべたかあべたか2007/03/30 05:53すごいですね。読み応えたっぷりという感じがします。
じっくり読ませてもらいます。わたしのブログでも紹介させてもらいます。

jun24kawajun24kawa2007/03/30 08:09ぜひ、コメント下さい。お願いします。

07/03/28(水)

[]どうしよう 22:24 どうしよう - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - どうしよう - 西川純のメモ どうしよう - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日東京に行って文部科学省のご指導を受けました。いつも思いますが、本省レベルだと小役人はいません。実に妥当な指摘をします。シンプルにて、本質的な指摘です。それ故、疲労困憊です。でも、建設的な指摘です。あとは、「上」がどう判断するかです。

07/03/27(火)

[]蝶結び 21:45 蝶結び - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 蝶結び - 西川純のメモ 蝶結び - 西川純のメモ のブックマークコメント

 小学校からは「結べる」ように教えてくださいと言われています。そこで、家で「蝶結び」を教えました。が、難しい。紐を固結びにして、紐を折って「耳」にして、それに紐を回して、その中から「耳」を通す、ということを教えましたが、なかなか難しい。ところが息子が出来るようになりました。今、家に遊びに来ている「お婆ちゃん」が教えてくれたそうです。びっくり。息子の結び方を見てびっくりしました。「耳」と「耳」を固結びしていました。なるほど、と思いました。47歳まで、蝶結びの別な結び方を知りませんでした。

[]別れ 21:45 別れ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 別れ - 西川純のメモ 別れ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、最後の最後の卒業・修了ゼミ生を送りました。そして、最後の最後のまでちゃんと送れませんでした。

 変な美学です。男はうれし泣きをしても良いけど、悲しいときに泣いて良いのは親の死に目だけというのが刷り込まれています。ゼミ生を送り出すことを、しんみりしたら、年につれて幾何級数的に弱くなった涙腺が暴走しそうです。ということで、ゼミ生がいなくなるとき、わざと不在にしたりします。出発の挨拶の時、憎まれ口を連発し、自分を鼓舞します。

 合者必離は理ですが、分かれるのが辛くなるために人は何故合うのでしょう。でも、それが幸せなのだと思います。だったら、「おい、いくのかよ~」と泣く方が自然です。と、分かっているのですが、出来ません。

 送り出す人にエールを送ります。幸せに。

[]命の洗濯 15:26 命の洗濯 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 命の洗濯 - 西川純のメモ 命の洗濯 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、及び、本日は年休を取って温泉旅行に行きました。露天風呂付きの部屋ですので、本当に何度も、長時間にわたって風呂に入りました。今回の宿は本当に「大当たり」でした。子連れにとっては嬉しいサービスが一杯です。

 が、昼には大学に戻って、たまった仕事を仕上げています。明日は教職大学院に関連して、文部科学省のご指導を受けに東京に行きます。

07/03/26(月)

[]新聞発表 10:22 新聞発表 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 新聞発表 - 西川純のメモ 新聞発表 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 この頃になると、教員の人事異動発表になります。私が上越教育大学に採用になったのは27歳です。当時の院生さんは、私より十歳前後の年上です。校長になった方も多いです。それから9年間、助手を務めました。その頃の方が管理職になっています。新規採用の蘭を見ると、臨時採用で苦労した方が、正規採用になることを知ります。私の手元で見られるのは新潟県だけですが、全国のOBの活躍を感じます。

07/03/25(日)

[]婿殿 15:12 婿殿 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 婿殿 - 西川純のメモ 婿殿 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 現在家内の両親が遊びに来ています。と、いうことで自宅で「婿殿」しています。普段と違った状態になっているので、息子が大ハッスルです。こんな、大人びた言葉を、ペラペラとしゃべれることにビックリしています。やはり、人間の行動は関係によって決定されると思います。

[]作曲記念日 18:22 作曲記念日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 作曲記念日 - 西川純のメモ 作曲記念日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 息子はY音楽教室で学んでいます。一応、両手で弾いています。本日、紙をくれというので、広告の裏を3枚与えました。そうすると五線紙を書き始めました。第一行には「てんきよほうシリーズ」で、二行目には「大雨ザーザー」とあります。大雨にはフリガナをふっています。音譜を読むと「レードー、休符、シーシーソーレー・・・」と書いています。そして、「シーシー」以降に「ザー大雨ザーザーうれしいな」と書いています。

07/03/24(土)

[]1万 22:05 1万 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 1万 - 西川純のメモ 1万 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 研究室HPhttp://www.iamjun.com/)は6年で10万アクセスを達成した。ブログは1ヶ月弱で1万アクセスになった。ビックリ

[]我々の指導法・教具開発 16:45 我々の指導法・教具開発 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 我々の指導法・教具開発 - 西川純のメモ 我々の指導法・教具開発 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 先日のメモで、指導法・教具開発を否定的に書きました。しかし、我々もこれからもやりたい指導法・教具開発があります。それは、子ども達がやる指導法・教具開発があります。大きな本屋に行けば、山のような教師用の本があります。それを子どもに与え、「もっと良いものをつくれ」という課題を課すのです。もちろん、同時に、「この教師用の本に対応する単元のテストで、クラス全員が100点取れ」と求めます。面白いことが起こります。

 まず、素晴らしい教材を子どもが作れることを発見します。でも、これって当たり前のことです。だって、ユーザーの声を徹底的に吸収した指導法・教具が、専門家が作る指導法・教具を下回るわけありません。子どもの有能さにビックリします。

 次に、そのような素晴らしい指導法・教具であっても、全員にとって最善ではないということに気づくでしょう。最終的には、子どもにとっては同級生が最善の指導法・教具であることに気づきます。そして、それを補完する教材は教科書であることに気づくでしょう。せいぜい、薄い出来合いの資料集で十二分です。日本の指導要領は日本人全員が学ぶべき事を定めた基準です。それを学ぶために、図書館にある全集十巻の辞典を読む必要性は、殆どありません。

 剣の道の最高の境地になると剣から離れるそうです。それと同じで、指導法・教具開発の最高の境地になると、指導法・教具開発から離れます。結局、全ての王道に「ひねり」,「奇手」は無用です。

OB1989OB19892007/03/25 05:54おめでとうございます。お祝いに駆け......。

jun24kawajun24kawa2007/03/25 07:33有り難うございます。
お祝いは、ドラえもんではなく、日本国銀行券で
なんちぇって

HirarinHirarin2007/03/25 07:33おめでとうございます。
ちなみにカウンタを可視化できないんでしょうか。
設定ができないブログもありますけど、ほとんどのブログができると思いますよ。

jun24kawajun24kawa2007/03/25 08:49カウンターは右の下の方にあったので見にくかったですね。
ごめんなさい。
上の方に移動しました。

OB1989OB19892007/03/25 10:11了解!忘れられないように日本国銀行発行のコインで少しずつ。先日,カウント数が9800を超えた頃に「もう少しで10000」だなあと思っていたばかりでしたのに,あっという間の偉業達成に驚くやら,うれしいやら。めでたし,めでたし。

07/03/23(金)

[]指導法・教具 00:14 指導法・教具 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 指導法・教具 - 西川純のメモ 指導法・教具 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 不遜ながら。大学に籍を置く教科教育研究者が生涯に生産できる学会論文レフリー付き)の平均値だったら、1年で生産できる実績があり、そして今でもそれは可能です。何故かと言えば、指導法・教具の論文を書くことは、その書き方を知っている人にとっては、比較的たやすいことだからです。でも、「ある理由」がある場合を除いて、積極的に書きたいとは思いません。

 研究者にせよ、実践者にせよ、優れた指導法・教具を開発された方に対して敬意を抱きつつも、「その指導法・教具は全ての子どもに有効ですか?」と聞きます。優れた研究者、実践者は直ぐに全ての子どもに有効ではないことを認められます。全ての子どもに有効であると主張される方がいたとしたら、それは子どもの姿を見ていない証拠です。是非、自身の授業における子ども達の姿を、ビデオで記録し、視聴することを勧めます。それでも気づかないとしたら、鈍感としか思えません。我々の目からは、どんな指導法・教具においても、子ども達の「つまらないぞ~、分からないぞ~」ということを示す行動が、嫌と言うほど発していることが目に入ります。優れた実践者は、その現実の中でもがきます。

 本当に子どもに信頼されている教師しかできないテストもあります。その指導法・教具を使うか、使わないかを子ども達に選択させてください。そして、選択しない子どもに、何故、選択しないかを聞いてください。おそらく、圧倒的大多数はその指導法・教具を選択しません。

 我々の『学び合い』は指導法・教具と次元が違います。我々は一人一人、全く異なった指導法・教具が必要だと考えています。そして、何が適切かを判断できるのは、その子どもだけだと考えています。それ故、選択の自由を大事にします。そして、彼らが選択するのは、クラスメートです。だって、どんな指導法・教具だって、人間以上の判断力、柔軟性を持てるわけありませんから。だから、我々は人間という資産を最大限生かそうと思います。

 我々は「学び合え」、「仲良くせよ」とは強いません。ただ、「全員が分かる」もしくは「全員が高まる」ことを求めます。その結果子どもが選択する姿が『学び合い』です。それは、多くの学び合いとは全く異なった姿です。

 指導法・教具の実績があるからこそ、その限界も知っています。その中で、全ての子どもフィットしないという現実にもがきました。それ故、『学び合い』の凄さを、自信を持って保証できます。世の中には、私なんぞには、足元にも及ばない優れた方々います。その方々に、その実力を正当に生かす可能性を伝えたい。それが微力の私が、日本教育貢献するたった一つの方法だから。

[]個性 22:02 個性 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 個性 - 西川純のメモ 個性 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 小さい頃の息子のビデオを見ると、実に可愛い!が、今の息子と比較したとき、どちらが可愛いかと言えば、今の息子が絶対可愛い!何故かと言えば、小さいときの息子のかわいさは「赤ちゃん」、「幼児」のかわいさの部分が大きい。しかし、相対的に今の息子のかわいさは、「彼」の愛らしさが大きい。

 本日も、彼のかわいさを感じました。彼が色々と考えて、よかれと思って発言し、行動します。もちろん、とんちんかんなところもあります。しかし、よかれと思っていることは分かりますし、その発想のユニークさに驚きます。その発言をビデオに記録したかった。しかし、日常は全てを記録できないし、しかし、その中にこそ素晴らしいものがあります。

 我々は、全ての子どもICレコーダーを付けさせ、数ヶ月にわたって記録します。それは、それでしか方法はないからです。抽出児童の記録が、愚かな教師に光を与えてくれるわけではありません。また、親が子どもに向かって「はい、そこでポーズ!」と言って、子どもが反応する姿に光り無いように、教師がしくんだ子どもに光はありません。

 バカみたいな事ですが、研究室テーマを我が息子の成長として、我が息子の全てを記録し、全てを分析したいと思います。が、そうしません。我が息子は「親ばか」の我々だけの宝にします。

[]理系 23:22 理系 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 理系 - 西川純のメモ 理系 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 マザー・グースの「世界中の海が」という詩があります。最近教科書にも載っています。その詩が、我が家トイレに貼っています。内容は、世界中の人が集まって一人の人になったら、とてつもなく大きな人になります。同様な論法で、世界中の斧が一つになり、世界中の木が一つになり、世界中の海が一つとなります。その巨大な人が、巨大な斧で、巨大な木を巨大な海に切り倒したら、大きな音になるだろう、という内容です。是非、原文(訳)をお読み下さい。

 普通だったら、読み流し、「そうだよな~、大きな音だろうな~」と解釈します。ところが、私の場合は、トイレで座りながら考えます。「どう考えても、世界中の人より、世界中の木の方が桁違いに多いはずだ。そして、当時だったとしても、斧を使う人は、全人口の中でごく僅かだ。従って、世界中の人より、桁違いに小さいはずである」と冷静に推論します。となると、巨大な木の前に立つ、アリンコのような人が、微生物並みの大きさの斧で立ち向かう映像想像します。そして、「絶対に切り倒せないよな~」と結論します。かくして、マザー・グースの「世界中の海が」という詩は荒唐無稽な詩であると分析します。でも、その自分を、「荒唐無稽な詩を、荒唐無稽であると分析すること自体、馬鹿げている」と分析します。

 物事を上記のように分析することを大学生物物理学で教えてもらいました。嬉しいような、馬鹿げているような・・・

07/03/22(木)

[]感謝言葉 09:44 感謝の言葉 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 感謝の言葉 - 西川純のメモ 感謝の言葉 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、埼玉県本庄市の小学校のS先生よりメールをいただきました。子どもたちの感謝言葉をいただきました。うれしさ一杯です。しかし、その多くの子どもが「中学校でも学び合いを」という願いを書いていました。その言葉は色々考えさせられます。残念ながら、私にはまだその力がない。頑張らねば。もしかしたら、埼玉県本庄市中学校先生がこれをお読みになっていられるかも知れません。心から願います。宜しくお願い致します。

OB1989OB19892007/03/23 05:40「頑張る」が響きます。
釧路で「頑張る×10」頑張ります。

jun24kawajun24kawa2007/03/23 08:39よろしくお願いします!

F-KatagiriF-Katagiri2007/03/26 05:41昨日(3/25)の新潟日報の記事に、愛知県犬山市が全国学力テストを実施しない唯一の市町村教委で、犬山市は学び合いで学力向上を目指していると載っていました。市内全体で学び合いに取り組んでいるのでしょうか?何か情報はありませんか?

jun24kawajun24kawa2007/03/26 07:44犬山市では協同学習の方々が入ってサポートしているようです。
大会なんかもありますよ。

07/03/21(水)

[]「愚痴今日番組 21:44 「愚痴」今日の番組 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 「愚痴」今日の番組 - 西川純のメモ 「愚痴」今日の番組 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 家族で食べながら本日NHK番組を見ました。最近先生を攻撃する報道が多い中、先生の苦労を伝える番組で嬉しかった。が、内容は・・・。見ながら、「あ・・・」とため息ばかりです。おそらく、多くの人にとっては、「あ~、先生はこんなに苦労しているのだな」と思う場面を見ながら、「この努力って、殆ど無意味だよな・・・。こんなに遅くまで学校にいて、この人の家族はどうなんだろう?結婚指輪をしているから家族持ちだよな・・」と思います。また、多くの人にとって、一人の子どもの悩みや、勉強の躓きに個別に対応している姿は、良き教師の典型です。しかし、それを見ながら、「個別対応しているこの時間、他の子どもはどうしているのだろう・・・。この個別対応の時間×クラスの人数分は、きっとこの先生の起きている時間より多いだろうな。つまり、この先生は、この子どもに対応して自分は良い先生と思いこんでいるけど、でも、結局、圧倒的大多数の子どもを無視しているんだよな。でも、きっと、この先生は自己陶酔しているだろうな。」と思ってしまいます。それをブチブチ独り言で言ったら、家内から言われました。「あなたは、分かっている人は、分からない人のことを理解できない、と言っているでしょ。それと同じに、あなたは、この先生方のことを理解できないのよ」と言われました。その通りです!

 ではどうするか。それは『学び合い』のセオリー通りです。教師集団に対して、高い目標を与え、それを可能とする場を与えるんです。具体的には、全県共通テストで全校の平均点が全県平均を10%上回ってください。さらに、一人の不登校もおらず、全校の欠席率は全県最低を実現してくさい」と求めるのです。そして、それをリアリティのある課題であることを、こんこんと語ります。でも、多くの校長はそれはリアリティーのない話と思いこんでいるのでしょう。でも、そんなのは簡単です。まあ、全県平均の20%弱は確実に実現できます。おそらく、いや、確実に子ども達と同じ事が起こります。いわゆる指導力不足と思われている先生が30%以上の力量アップが見込まれます。その学校で力のある先生が、その力を十分に出そうという気になります。ここまでは、本当に簡単にできます。そこからです。おそらく、確信犯的な誤った考え方の先生方がいるでしょう。周りの人からは、「エンガチョ」と思われる先生がいます。その先生学び合いの輪に入れません。そこで、校長が「みんなが高まる」ということを、愚直に語ります。そして、それが実現したときの夢物語を切々と語ります。このような学校の、職員集団が「全県共通テストで全校の平均点が全県平均を10%上回ってください。さらに、一人の不登校もおらず、全校の欠席率は全県最低」を実現出来ないと思いますか?多くの学校は、力ある先生がくたくたで、多くの先生方が成績が上がらなくても、不登校子どもがいても、しょうがないという状態です。「全県共通テストで全校の平均点が全県平均を10%上回ってください。さらに、一人の不登校もおらず、全校の欠席率は全県最低を実現」するなんてチョロいもんです。

 が、私は校長ではありません。また、校長にそれを伝えられる力はありません。とほほ・・・・

[]10万アクセス突破 15:42 10万アクセス突破 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 10万アクセス突破 - 西川純のメモ 10万アクセス突破 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今、開いたら研究室HP(http://www.iamjun.com/)のアクセス数が10万アクセスを越えました。HP開設から6年が経ちました。ご愛顧に感謝します!

[][]追い出しコンパ 10:06 追い出しコンパ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 追い出しコンパ - 西川純のメモ 追い出しコンパ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は追い出しコンパがありました。実に楽しかった。同時に、寂しかった。

 我々は『学び合い』を研究・実践しています。その成果は自分たちのゼミに具現化されます。従って、教師と子ども関係より、子ども達の関係の強さを誇ります。と、分かっているのですが、私の中にも旧来の教師のしっぽが残っています。今年の追い出しコンパの時に、昨年までだったら絶対に私が引っ張られる場面があります。が、今年はまったくお呼びがなかった。これは、子ども達(私の場合は20~40歳)の関係の強さを示すものであり、誇らしかった。でも、寂しかった。いつもだったら、それを可視化するのですが、これに関して書けば、心優しいゼミ生達は気を遣って、私を引っ張ると思いますので、ここには書きません。

 『学び合い』が進むと、どうなるかを想像しました。おそらく、追い出しコンパに呼ばれなくなると言うことが「理論上」ありえます。例えば、大学の事務職の方が追い出しコンパに呼ばれると言うことは、まずありません。しかし、学生さんの生活一般、また、学業において、事務職の方々のおかげである部分は実に大きいものがあります。「本学、170人の教員の中で、事務職員の方々以上に学生諸君に貢献している人がどれだけあるのか?」を、我々教員は心にとめるべきです。その事務職の方が追い出しコンパに呼ばれないのは、その役回りではないと考えられているからです。

 『学び合い』が成立したとき、ゼミの指導教員はそうなのかもしれません。しかし、それだけは絶対に嫌です!

 高校の教師だったとき、徹底的に子ども達をかわいがりました。ダッコもしました、高いたかいをしました、ほおずりをしました。だって、子ども達が可愛いから。今だって気持ちは同じです。20代の学生さんはもちろんですが、30歳以上のおっさん、おばさんだって同じです。可愛い!ホントだったらダッコも、高い高いも、ほおずりもしたい(女子に関してはセクハラにならないように注意せねば)。が、それをグッと2年間我慢して、教師と子どもの間合いを計っています。追い出しコンパでも、グッと我慢して、頭をなでなでして「頑張れ、いや、結果を出せ」という程度です。何故なら、それを自身に課すことが、『学び合い』に重要であり、そして、子どもにとってより多くのものを与えるからです。と、分かったとしても、追い出しコンパに呼ばれなくなるまでは、嫌だと思います。教師という業は罪深いものです。

OB1989OB19892007/03/21 17:24おめでとうございます。
お祝いに駆けつけねば....。

jun24kawajun24kawa2007/03/21 18:29いえいえ上越までお運びいただかなくても
日本銀行券を送っていただければ十分です・・・
なんちゃって(息子の口癖です)

OB1989OB19892007/03/21 19:22かしこまりました。
それでは早速,山のように積んであるドラエもん日本銀行券から....。

OB1989OB19892007/03/21 19:26すいません。
「なーんちゃって」を忘れました。

jun24kawajun24kawa2007/03/21 21:46了解!
ドラえもんがなーんちゃってなんですね。
「本当」の日本国銀行券を一日千秋でお待ちしております。
な~んちゃって。

OB1989OB19892007/03/21 22:07来年度のお仕事の一つに,

「全国校長会での講演」

を入れたらいかがでしょうか?

喜んで桃太郎の犬役をお引き受けします。

お送りする日本国銀行券分で(ここだけ「なんちゃって」)。

jun24kawajun24kawa2007/03/21 22:10もちろん、そんな会によばれたら、喜んでいきます。
が、お呼びがかかっていません。

OB1989OB19892007/03/21 22:47何とか校長会に潜り込む手蔓を考えたいです。
うーん....。

07/03/20(火)

[]一年で一番暇な日 15:55 一年で一番暇な日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一年で一番暇な日 - 西川純のメモ 一年で一番暇な日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は修了式・卒業式です。小中高の先生方には意外でしょうけど、この日が、一年中の勤務日のうちで、一番暇な日です。大学の教員は修了式・卒業式に出なくてもいいんです。いや、もし全員が出たら、卒業生保護者が会場に座れなくなります。さらに言えば、式の準備は事務職員の方々が滞りなく行って頂きます。この日には会議は絶対に開かれません。ということで、本日は自室で色々と仕事に専念することが出来ました。久しぶりです。

 卒業する方々の頭の中は、既に来年度のことで一杯です。既に過去の人となった私は静かに退場します。そして、私の頭を来年度のことで一杯にします。いや、しなければならない・・・、と、ここまで書いたら、急に来年度のことを考えるのをやめました。少なくとも、来年度までは。

 だって、来年は例年の通り、

 学部、修士大学院仕事を行い

 本を2冊以上を出版し

 十弱の学術論文を出し

 十程度の教育実践論文を出し

 数十カ所で講演をし

 各種の学会仕事をし

 予算獲得をして、その報告書を書き・・・・・

 があるほかに、来年度は


 文部科学省に何度ご指導をいただきにいくのだろう・・・

 各県の教育委員会に何度お願いに行くのだろう・・・・・

 上記のための書類を何十cm書くのだろう・・・・・・・

 そして会議尊敬する人と怒鳴り合いの会議をするのだろう・・・

 ストレスに弱い私は、意識的に手を抜かないと倒れてします。ということで、考えるのや~めた。夜は追い出しコンパで酒飲んで寝よ!

07/03/19(月)

[]総合学習との違い 22:52 総合学習との違い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 総合学習との違い - 西川純のメモ 総合学習との違い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある先生からメールを頂きました。そこで、最近の我々の成果を返信しました。その結果、その方から以下のメールをを頂きました。

『凄いですね。でも、何か子供達だけで自主的に学ぶというと私には、総合学習の時間の悪いイメ-ジがあるのです。総合学習の時間に対して私の所属している○○研の○○先生は、「調べ学習と称して校内をウロウロ。これでは、「騒動臥駆蹴(がくしゅう)」になってしまいます。」とユ-モア混じりに批判しています。それが、この「学び合い」では凄い効果を上げているというのが正直言って信じがたいです。もしそうであるならば今までの実践を180度転換する価値があると思います。』

それに対する私の返信は以下の通りです。

 悪しき総合学習との大きな違いは、何をすべきかではなく、何を成すべきかを語ることです。例えば、「○○を調べる」はすべきことを語っていますが、何を成すべきかを語っていません。「○○を話し合おう」も同じです。一方我々は、「他県の○○小学校クラスみんなが、自分たちのクラスのことをもっと知りたいと思うような本を作ろう」や「クラス全員が納得できる説明を考える」を語ります。その成すべきことのために、必要であれば「○○を調べる」し、必要であれば「○○を話し合い」ます。

 想像してください、「地域を調べよう」で興味を持つ子どもはどれだけいるでしょうか?興味がない子がやるのは、とりあえず図書館に行って、調べている「ふり」をします。だって、「○○を調べよう」という教師の求めていることはちゃんとやっているんですから。それが「騒動臥駆蹴」の実態です。

 一方、地域に興味がない子であっても、人には興味があります。その人に関わる目標で、人と関わりながら達成できる課題であれば、ふりはしません。さらに言えば、ふりでは「他県の○○小学校クラスみんなが、自分たちのクラスのことをもっと知りたいと思うような本を作ろう」を達成できないことは、子どもは理解できます。

 子どもが自主的に学んで問題が生じるわけありません。問題が生じるのは、自主的に学んでないからです。

[]泣く 22:52 泣く - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 泣く - 西川純のメモ 泣く - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は息子の卒園式です。一杯、泣くつもりでしたが、泣けませんでした。もちろん、息子は立派になっています。しかし、泣きそうになるときに、笑いを誘うことをやるので涙が引っ込みました。

 しかし、別な意味で泣きました。家内によると、卒園式の後の謝恩会でバカなことを連発し、謝恩会の雰囲気をぶち壊したそうです。家に帰ってから、家内が2時間、家内と私で2時間徹底的に叱りました。原因想像できます。友達がいるところでバカなことをすると「ウケル」ので、謝恩会でハイになっているため、超バカを連発したのだと思います。そこで、「バカ」をやったときに笑われるのは、笑わしているのではなく、軽蔑で笑われることを教えました。家内から聞く、その時の状況は情けないものです。あまりにも情けないので、泣けました。でも、そうなった原因は分かります。アドラー心理学の知見ですが、ある子どもクラスでバカを連発するとしたら、それはクラスが序列社会だからです。学び合うクラスにおいては、バカをやる必要性はありません。なぜなら、普通の自分のままでも、クラスの中に居場所があるからです。残念ながら、そして幼稚園先生方は悪気無く、クラスに序列を持ち込んでいるのだと思います。そして、残念ながら、おそらく息子の進学する小学校は、ごく普通学校ですので、序列を持ち込んでいるのだと思います。

 我が同志が上越で、我が息子を担任してくれれば・・。そう思うと、泣けます・・・・

F-KatagiriF-Katagiri2007/03/20 13:10高校進学の折にはぜひうちの高校へ……。新潟県、そのうち全県1区ですし。あ、その時まで新潟にいらっしゃるのかな~?

jun24kawajun24kawa2007/03/20 13:53ありがとう。
小学校に異動してとはいわないけれど、せめて、中学校に異動できない?中学校免許状はあるよね?

F-KatagiriF-Katagiri2007/03/20 14:37残念ながら持っていません。大学時代1教科を落としたばっかりに……。大学院でとろうと思ったのですが、制度が変わり、教育実習にも行かなければならないということで、あきらめました。

jun24kawajun24kawa2007/03/20 14:39了解!とほと
あと、現在、スカイプをインストールしているコンピュータ不調です。直ったら、リンクします。

1kawa1kawa2007/03/21 21:26小学校なら私の所もOKですよ!通学区は特に定めていません。通える範囲に住んでいただけたらOKです。8OHJIから1時間以内です。教師の考え方一つだと思います。

1kawa1kawa2007/03/21 21:33教師の考え方というのは、子どもを評価する点においてです。
今日も、同僚の先生と話し込みました。同じ子どもを目の前にしてあまりに評価が異なるのはどうしてだろう?というのでそんな話になりました。肯定的に、子どもの能力を信じられるか?だと思います。その子の持っている能力を教師が肯定的に感じるセンスがないと厳しいかも知れません。そのセンスをどうやって獲得するか?だと思います。

jun24kawajun24kawa2007/03/21 21:591kawaさん
あなたが上越の先生でないことを、本当に悔やみます。
またY県の子ども達を祝福します。うらやましい!
そしてN県の子どもを思います・・・
あなたのような先生を、そういる先生を増やしてね。
我々の課題は、学び合うクラスではなく、学び合い学校ですから。
ありがとう!

07/03/18(日)

[]小中の連結 22:22 小中の連結 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 小中の連結 - 西川純のメモ 小中の連結 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある小学校で『学び合い』ついて質問がありました。内容は、小学校学び合いをやったとしても、中学校ではそれに対応してない、小中の連結の意味で問題が生じないか?ということです。

 また、ある先生から、有名なN県のI小学校教育を例に出して話されました。それによると、その先生はI小学校教育に関して共感を持っていたが、かってその教育を受けた大学生と話したとき、「振り回された」と聞いたそうです。そのことから『学び合い』を学校で取り入れたら、同じようなことが起こるのではないか、と指摘がありました。

 私はその場で説明したのですが、足りないと思い、その後書面を送りました。長文ですが、載せます。前後の文脈が分からないとわかりにくいところは多少加除し、固有名詞は伏せました。以下の通りです。

 ○○小学校の皆様へ

 先日はありがとうございました。当日は時間が無く、伝えきれなかったことも多かったです。また、言葉というのは残りません。先日の中学校との関連に関する疑問は大事な疑問ですので、改めて、手紙にしました。

 まず、学び合いをすると、それを引きずって中学校で混乱を起こすかどうかという点ですが、それはありません。それは当日お話したように、子どもは人を見て法を説いているからです。我々は小学校1年生でも学び合いをやっていますが、小学校1年生でも学び合いをやっていない専科の先生の時間は、そのように行動しています。ましてや小学校6年の子どもが出来ないわけありません。

 次に、○○先生からのご指摘に関してです。正直、学び合いが理不尽と子どもに思われるとは思ったこともありません。そのため、うまく説明できなかったと思います。そこで整理して説明したいと思います。

 理不尽だと子どもが思うとしたら、その原因としては少なくとも2つ思いつきます。まず第一は、教師のためにその学習をしている、と子どもが考えたためだと思います。おそらく、○○先生が話し合ったI小学校出身の学生さんの事例はこれだと思います。

 我々も授業を公開することがあります。御校の先生にも見ていただいた、埼玉学校の例もそれです。しかし、彼らが上記のように思うとは思えません。まず、我々は子どもは有能だと信じていますので、公開する意味をちゃんと語ります。具体的には、「みんなが経験している学び合いを、もっと多くの人に経験してもらうために公開するんだ。みんなの凄さを教えてあげよう!」ということです。想像するに、これをやっているI小学校先生方は少なかったのではないでしょうか?さらに少ないのは評価の還元です。我々の場合は、授業の後に感想ブログHPで、学び合いをやっている子どもの凄さを、それぞれの人が公開しています。授業者は、そのブログHPを教えます。つまり、授業の結果に関して評価を子どもたちに還元しているんです。つまり、子どもたちにとって「自分たち」の姿を評価される場であると考えています。それが証拠に、公開授業の前後で、子どもたちの学びの姿が変化します。はたしてI小学校先生方は子どもたちにそれをやっていたでしょうか?I小学校レベルの公開ともなれば、いろいろの無理をしているはずです。しかし、その結果が自分(子ども)たちに還元されていないとしたら、子どもたちは「先生のための研究会」と捉えるでしょう。○○先生の聞いた「振り回された」という言葉はここから生じたと思います。

 子どもが理不尽だと考える理由の第二は、その授業自体が理不尽なときです。個人名を挙げることに躊躇しますが、皆様が配慮していただけることを信じて書かせていただきます。○○という実践者をご存知でしょうか?私もごく初期の段階、彼女の本に惹かれていました。ところがです、彼女の実践ビデオを見て愕然としました。一言で言えば、「怖い」授業でした。とても、子どもたちが望んで学びあっているのではなく、教師の命令で学びあっている姿でした。その後、彼女小学校子どもが進学する中学校先生上越教育大学に現職派遣でこられたので、その先生から話を聞きました。それによれば、彼女の教え子の半数近くが、彼女学び合いを嫌がっていたとのことです。そこで、御校で埼玉の『学び合い』の実践を見た方にお伺いしたい。皆さんの見た子どもは、いやいやながらさせられている子どもだったでしょうか?

 以上の理由から、問題は無いと考えます。

 さて、中学校小学校の違いがあって、それを連結しようとすることは大事なことです。しかし、どちらにあわせるべきかは、学校教育の本義に基づいて考えるべきだと思います。

 学校教育の本義は人格の完成です。それでは教科学習の中で、その人格の完成を目指した授業が一斉授業なのでしょうか?

 子どもは教師によって、対応を変えることはたやすいことです。ところが同じ教師がコロコロ変えると混乱します。具体的には、特別活動、ホームルームでいくら人間関係をといても、教科学習の中でそれを具現化していないならば、教師の言う人間関係もその程度であると子どもは評価します。考えてみてください。子どもたちが、自分の担任がどんな考え方を持っているのかを判断する材料は、どの時間から得ているのでしょうか?学校教育の殆どの時間は教科学習の時間です。

 子どもはちょっとのことから、教師の腹を見透かします。例えば、学び合いの初期段階で、出来る子どもが「先生、出来た出来た!」と満面の笑みをたたえてきたらどうするでしょうか?多くの教師はニコニコしながら、「偉いね~」と褒めるかもしれません。しかし、それをやると、その子どもは「自分が出来れば先生は評価してくれる」と判断します。そして、その様子を見ているほかの子どもも、それに習います。結果として、学び合いが停滞し、最悪は崩れます。ちょっとしたことのようかもしません。しかし、問題は教師の心の中にあります。それを見透かされるから問題です。では、我々はどうするかといえば、「ふ~ん、そうよかったね。でも、みんなは出来ていないよ。先生みんなが出来ることをめあてとしたんだよ。」と言います。

 こんなちょっとのことで、子どもは教師の腹を見透かせるとしたら、教科学習の中で人格の完成を求めていない状態で、子ども人格の完成を出来るでしょうか?私は無理だと思います。

 G県のY小学校先生方も中学校との連結を考えています。しかし、先生方が心配しているのは、中学校に行ったら学び合いが出来なくなり、今は癒されている子どもたちの中から不登校イジメが生じるのではないか、という懸念です。実際、学び合いをやることによって、子どもたちの人間関係がよくなることを実感している先生方です。また、他校でイジメのために不登校になった子どもが、Y小学校に転校するとごく普通子どもになることを目の当たりにしている先生方です。そのような子が、学び合いを奪われたとき、問題は表出します。考えてください。中学校イジメが生じるような教育だから、その連結のために小学校でもイジメに慣れさせたほうがいい、という論が成り立つと思われるでしょうか?

 小学校中学校のいずれが変わるべきなのかは論を待たないでしょう?連結という次元で考えるのではなく、どんな教育学校教育の本義にかなっているか、という視点で考えていただきたく存じます。

 ちなみにY小学校では中学校に働きかけています。しかし、十分ではなく、それを危惧されています。その先生方には、「先生方は中学校までついていって、その子どもを守ることは出来ません。しかし、先生方の教え子の保護者の方はその子について中学校に行きます。保護者の方に、「何故、子どもたちが喜んで学校に行くのか」をちゃんと説明してください。小学校先生方がいくら言っても中学校が変わらないとしても、親が言えば変わるかもしれません」と話しています。もちろん、中学校先生方からは嫌がられるかもしれません。しかし、自分の教え子の将来、そして3年後に、5年後に中学校に送り出す教え子のためにすべきことは何かを考えてください。

 くちはばったいことを書きました。ご寛恕ください。そして、その意を汲んでいただければ幸いです。

OB1989OB19892007/03/19 07:47某附属学校の実践を振り返ると,授業公開に臨むに当たって考えることは,教師には何ができるかです。
仕方のないことかもしれませんが,教科・領域,担当教師の都合によって公開単元,学年が決まります。
そこに子どもが入り込む余地はほとんどありません。
もちろん,何年も経過していますし教員構成も変わっていますから,教育方針は変わっているのかもしれませんが,五十歩百歩であろうと思われます。
したがって,公開授業に向けて,教師の都合によって単元が決められ,教材が決められ,指導法が決められて行われるのが一般的です。
授業者自身のために行われる公開授業です。
少し子どもたちを主体にして授業を公開すると,「今日の授業は授業者の出番がなかったな」とクレームがつきます。実際,三崎も指摘されたことがあります。
その意味で,埼玉をはじめとする一連の授業公開は画期的なものであり,有能な子どもたちが自ら進める学習を公開することの凄みが見て取れます。
そこには教師がさせる学習と,子どもがする学習の大きな違いが見られます。前者は教師が子どもたちに良かれと思って自分のためにするものであり,後者は授業者に信頼され子どもたちが良いと思って自分で進める授業です。
ぜひ,一連の授業を見ていただき,子どもたちの力を信じて,すべての子どもたちの能力を伸ばしてあげられる授業が展開されることを願って止みません。

jun24kawajun24kawa2007/03/19 23:25ありがとう!
でも、小学生にも分かる、バカバカしさを、何故、多くの研究していこうがやっているのだろう、と思います。もちろん、個々の先生方を責めるつもりにはなりません。我々人間は、常に関係の中で行動を決めています。問題は関係です。

07/03/17(土)

[]変わるもの、変わらぬもの 21:50 変わるもの、変わらぬもの - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 変わるもの、変わらぬもの - 西川純のメモ 変わるもの、変わらぬもの - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、学習臨床コース大学院の追い出しコンパでした。1学年60人ですので、2学年では百人を超えます。そのうち半数は来年はいなくなります。本日、西久保研究室院生控え室に行きました。既に整理されている机もあります。すごく、寂しい!そして、毎年、ピーターパンのように感じる理由が分かりました。

 ある組織メンバーが最年少が20歳で、定年が60歳だとします。もし、人事の計画が成されている組織ならば、毎年、40分の1の人が入れ替われます。それが普通組織です。ところが、学校は違います。圧倒的大多数を占める子どもが毎年二十パーセント変わります。中学校高校の場合は33.333%も変わります。つまり、メンバーは毎年、毎年、劇変します。本日も、整理された机の主の思い出が過ぎります。そして、そのような人が、余りにも多すぎます。

 が、人間のありようは組織によって決まります。それ故、毎年メンバーは変われど、その年の、その年代の行動は、前年の前年の行動に一致します。つまり変わらないのです。が、前年の「その人」は、今年は全く異なった組織の中で、全く異なった行動をするでしょう。つまり、私の関係者が、あと少しで劇変しており、その数が多く、ところが自分は今年も同じなんです。

 本当に、学校という組織は変な組織です。

07/03/16(金)

[]3年生 15:12 3年生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 3年生 - 西川純のメモ 3年生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

本日の全体ゼミでは、3年生が学び合い道徳を実践したビデオを見ました。しかし、『学び合い』のレベルには達していません。まあ仕方がありません。十年選手の現職院生さんでも、『学び合い』の最も初期段階にするには2時間は欲しいと言うほどなんですから、1時間ではまだ無理でしょう。でも、最後に「学び合いが出来そうだ」と言っていました。そこで、「なんで出来ると思った?」と聞きましたが、「カン」と言ってニコッと笑っていました。実に頼もしい!

[]最終ゼミ 15:14 最終ゼミ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最終ゼミ - 西川純のメモ 最終ゼミ - 西川純のメモ のブックマークコメント

本日ゼミが、本年度の最後のゼミです。評価を下しました。最高の評価を与えることが出来ます。来年はそれ以上を期待しています。それも、私が想像できないレベルに達することを!

07/03/15(木)

[]全学集会 22:45 全学集会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 全学集会 - 西川純のメモ 全学集会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は全学集会で教職大学院のことを説明しました。学長・副学長の横に座って「ひな壇」での発表です。講演会では100人だろうが、200人だろうが緊張しません。しかし、全学の全職員が集まった中で話すのは緊張します。ろれつが回っていないのが自分でも分かります。反省。

OB1989OB19892007/03/15 23:17お疲れでしょう。
そんなときはご家族とゆっくりお過ごしください。

でも,時の人ですね。

jun24kawajun24kawa2007/03/16 07:00ありがとうございます

07/03/14(水)

[]段位(その2) 09:00 段位(その2) - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 段位(その2) - 西川純のメモ 段位(その2) - 西川純のメモ のブックマークコメント

 授業を数分見れば、『学び合い』が出来ているかいないか、また、どの程度なのかは直ぐに分かります。別に凄い能力が必要なわけではありません。ものすごく簡単です。

 だって、『学び合い』が成立していれば、一人一人が主体的に学習します。結果としてうるさいですし、子どもたちがものすごく立ち歩きます。従って、学級崩壊しているクラスのようです。学級崩壊しているか、いないかは、凄い能力が無くてもちょっと見れば分かるのは理の当然ですよね。次に、子どもたちの呟きを聞きます。『学び合い』が成立していれば、常に学習を中心とした話題になっているはずです。さらに言えば、かなり高度な話題になっているはずです。小学校3年生が中学生高校生レベルの会話をしていたら、凄い能力が無くても分かりますよね。それ故、数分程度で判断できます。

 それ以上かかる部分は、第一に全員が『学び合っているか』です。クラスの大多数が『学び合う』ことはとてつもなく簡単です。邪魔しなければ『学び合い』ます。しかし、1、2人がその輪の中に入っていない場合があります。これは、「みんな」という意識が先生の中に無いために起こります。

 また、特定の教科だけ『学び合い』を取り入れ、一般には一斉学習をしている場合もあります。この場合は、『学び合い』を単なる一つの指導法として捉えているためです。しかし、『学び合い』とは、学校教育は何をすべきところかという考えに基づいています。

 しかし、それも、これも、全部、「子どもを信じられる」か否かにかかっています。子どもは大人と同じだけ、有能であり、愚かである、と考えるか否かにかかっています。それ故、段位は出来るか、出来ないかの一つだけです。

[]学会編集委員長 09:00 学会誌編集委員長 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学会誌編集委員長 - 西川純のメモ 学会誌編集委員長 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 先だって、ある学会学会編集委員長になることが決まりました。私が最初に書いた学会論文を載せてくれた学会です。会員数も数千、歴史は半世紀以上であり、日本の主要な教育学会の一つです。歴代の編集委員はきら星のような方々です。その学会誌の編集委員長に、というお声がかかったとき、「え・・・・???」と声を失いました。47歳という年齢は、学会に置いては中堅に毛が生えたぐらいです。どうしようかと悩みましたが、何人かの偉い方に相談したところ、意外にも、「お~、そうか、いいんじゃない」というような反応が返ってきました。また、歴代を調べると、私の尊敬するある先生は、私のような年齢で委員長になっていることを判明しました。そして、学会の重鎮の方々が私の脇を固め、事務局はKuさんがやってくれます。

 学会誌では、論文を載せて欲しい投稿者と、その論文がそれに値するかを判断する査読者との意見のぶつかり合いの場です。面と面を対して議論するわけではなく、お互いに匿名同士です。ネット上の議論と同じく、時に感情的になる場合も少なくありません。私は百を超える学会論文があります。と、いうことは、その数倍以上、上記のような嫌な経験があります。同時に、査読者としての、嫌な経験があります。投稿者も査読者も、ともに善意の人です。非生産的なことを減じ、より多くの論文学会誌に掲載されるようにならねばなりません。

 外野で批判する側から、批判される側に回る年回りなのかも知れません。頑張りたいと思います。

[][]一年21:48 一年生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一年生 - 西川純のメモ 一年生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近のことです。休みの日に自宅でコンピュータ仕事をしていました。息子から「電車動画を見せて」と頼まれました。息子は電車が大好きです。その電車動画インターネットで見れることを知って、どんどん見せろと頼みます。しかし、忙しかったので断りました。私が別の仕事のために机を離れると、直ぐに息子はコンピュータの前に座り、なにやらいじくっています。仕事ファイルは保存していたので、かってにいじらせました。5分ぐらい経って机に戻ると、なんと、幼稚園年長組の息子はインターネット動画を見ていました。ビックリしました。以前、グーグルで「電車 動画」で検索したのは見せていました。しかし、グーグルの使い方を教えたことはありませんし、彼に操作させたことはありません。しかし、彼はローマ字表を自分の机から持ってきて、打ち込んで変換して、検索したのです。

 学習というのは、学習者に必然があるとき、教えるという意図的なものがなくとも直ぐに学び取るということは水落さんの研究で示されるとおりですが、びっくりです。

 本日、Fさんと個人ゼミをしました。そこで、小学校1年生にKanzさんの研究と同じように教科書づくりをしたら、と提案しました。子ども達が既存の教科書や指導要領や教師用指導書・・・を駆使し、コンピュータを使ってよりよい教科書をつくるんです。中学生が行ったKanzさんの成果だってビックリものですが、それを1年生でやるんです。ワクワクしません?私は絶対に出来ると思います。だって、年長組の息子でも出来るんです。1年生が30人の集団を形成して出来ないわけありません!

OB1989OB19892007/03/14 12:09祝!

おめでとうございます。
期待しておりますので,大いにお力を発揮されてください。
今日は,この上ない佳き日です。

吉報を届けてくださった先生に感謝します。

MizuochiMizuochi2007/03/14 21:10おめでとうございます!
西川先生が「頑張る」という言葉を使うのですから
それだけで凄さが伝わってきます。
その学会誌に価値ある論文を投稿できるよう、
私も「頑張り」ます!
「ご期待ください。」

jun24kawajun24kawa2007/03/14 21:35有り難うございます。
ご協力宜しくお願いします。

OB1989OB19892007/03/17 09:38子どもの学びの力がはてしないことを痛感します。
素晴らしいことです。
それを押さえつけているのは教師なのかもしれませんね。
健やかなご成長を祈念しております。

jun24kawajun24kawa2007/03/17 09:50有り難うございます
月曜日に卒園式です、一杯泣きます。

OB1989OB19892007/03/17 10:03祝ご卒園!
おめでとうございます。

私もハンカチを2枚持たされました。

07/03/13(火)

[]コンパ 22:26 コンパ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - コンパ - 西川純のメモ コンパ - 西川純のメモ のブックマークコメント

昨日は西久保研究室新歓コンパ+3年生ご苦労さんコンパでした。今回も「先生のお言葉」は求められませんでした。最初から、最後まで、その他大勢で楽しめました。どんどん多様性が増しているようです。ワクワク!

[]本日 22:26 本日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日 - 西川純のメモ 本日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

本日予定されていた会議が中止になりました。そこで、前から行きたかったY小学校に行きました。自分の気持ちから身銭です。ありがた迷惑であることは十分理解しているのですが、何が何でも「有り難うございました」をY小学校先生方に言いたいと思っていました。お忙しい先生方の手を止めていただき、ご挨拶をさせていただきました。本当に感謝です。一つの学校中の子ども達を観察・分析することを許していただきました。クラス全員と教師にICレコーダーをぶる下げていただき、数台のビデオで記録させていただきました。こんな事を許していただける学校ってあるのでしょうか?このデータ先生方、そしてなによりも子ども還元しなければなりません。授業研究は、まず、子どものためにあります。子どもに対して、あのICレコーダーが自分たちにとって、どんな意味を持っているかを、納得させねばなりません!!!!!!

 3年の5人へ

 結果を出すのは、教員採用試験勉強明けにしか出来ないと、Y小学校先生方にお詫びしました。(図々しいので子ども達に語りたいとは言えませんでした)でも、これからの君たちは受けた恩に応える行動を日々しなければなりません。期待しています!

さて、質問です。あのICレコーダーが自分たちにとって、どんな意味を持っているかを、「そのクラスのその子どもたち」に納得させるにはどうしたらいいか?言うまでもなく、授業研究は、そのクラスのその子どものためにあるんです。私がひれ伏すような、君たちの応えを期待しています。

OB1989OB19892007/03/13 23:573年生の皆さんへ

皆さんの成果が日本の教育研究のスタンダードになるのですから,遠く釧路から1989年度に修了したオールドOBもわくわくしながら期待しています。

歴史を変えましょう!!

jun24kawajun24kawa2007/03/14 09:04そうですね、歴史を変えましょう!
子どもたち、教師のために、ね

OB1989OB19892007/03/14 13:34
はい!
子どもたちのために。
先生方のために。

07/03/12(月)

[]志 22:04 志 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 志 - 西川純のメモ 志 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学び合いを生じさせることは本当に簡単です。邪魔をしなければ良いだけのことです。でも、旧来の教え込みの先生には辛い2週間でしょう。でも、「面白そう」と思える人、また、力があるので「駄目でも、何とでもなる」と思える人だと簡単です。でも、限りなく一人残らず全員が学び合いに入るためには、学校観が大事です。「みんなで高まる」これを本当に信じられるかが大事です。それが不十分だと、30人中25人は学び合うが、学び合いに入れない子が数人生じると言うことが起こります。さて、この後には何が必要でしょう。それは「志」だと思います。自分が想像できる理想のクラスの姿です。もし、クラスの大多数の子どもが学び合うことレベルが理想であれば、それで満足します。クラス全員の子どもが学び合うことレベルが理想であれば、それで満足します。そして、それ以上に行かないかもしれません。それを乗り越えるためには、現状の学校では想像できないような理想の姿を、リアリティのある目標(志)として思えるかだと思います。

 私は実践家ではありません。しかし、多くの実践家が夢想だにし得ない、そして訳知り顔の実践家が鼻であしらわれるような、夢のクラスをリアリティのある姿を描くことが出来ます。そして、しつこく実践家に語ります。だって、私には出来ないことを出来るのは実践家なのですから。

 ただし、私のゼミに関しては、私は実践家です。

[]大事なこと 22:04 大事なこと - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大事なこと - 西川純のメモ 大事なこと - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我々の考えに共鳴し、試みられる先生方がおられます。そのような先生方の中には、我々の本に書いた子どもの姿の指標を追い求められているかたがいます。しかし、それは大事なことではありません。個々の姿は、考え方の影にすぎません。我々の考え方を心に抱き、自分で考えてください。そして、子ども幸せか否かで判断し下さい。『学び合い』では一人一人、全員が自分にとって幸せになるには何をすべきかを判断できます。それ故、一人一人、全員が、可能な限り幸せになります。そのことが大事です。

keikei2007/03/13 19:02 はじめてのコメントです。私は先生の著書(サイン入り)を読ませていただき、その理念に共感しました。大事にする出発点が同じということです。自分のクラスでどう『学び合い』を取り入れていくのかも、その事例どおりやるのではなくて、目の前の子どもたちを見て、子どもを信じて、共に考えていくことが大事だなあと実感しています。
 多くの方々に、「子どもは本来、伸びたい存在である。」という能動的・肯定的な児童観が広がっていきますように。微力ながら、地道に実践を重ねていきたいと思います。

jun24kawajun24kawa2007/03/13 21:48同志へ
「目の前の子どもたちを見て、子どもを信じて、共に考えていくことが大事だなあと実感しています」とあります。
それでいいんです!
子どもは伸びたい存在です。
その子どもが1年積み上げたら、どんなことが出来るでしょう!
「もっと、もっと」と思うはずです。
目の前にいる子どもが「もっと、もっと」という圧力を教師にかけていないならば、それが子どもの可能性を自分が潰しているのかもしれません。教師が「もっと、もっと」と願いましょう。子どもは「え~~」と言うかもしれませんが、その子どもの目を見てください。「もっと、もっと」が、その子どものためであることを子どもに納得させているならば、きっと「もっと、もっと」となるはずです。教師は、子どもに「もっと、もっと」と思わせるのが仕事です。志は高く!自慢コメント、期待していますね。

07/03/11(日)

[]命の洗濯 17:17 命の洗濯 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 命の洗濯 - 西川純のメモ 命の洗濯 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は午前は息子の習い事発表会です。息子の成長を感じます。午後は仕事です。人の人生に関わる仕事は気が張ります。終わってから、直ちに家に帰り、そのまま温泉旅行に行きました。のんびりしました。

帰ってきて夕食、息子が卒園式の時、歌う歌を聴きました。涙がボロボロです。

946OB946OB2007/03/12 07:53これが先生の魅力です。

07/03/09(金)

[][]ありがとうございます 22:25 ありがとうございます - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ありがとうございます - 西川純のメモ ありがとうございます - 西川純のメモ のブックマークコメント

 約1ヶ月半にわたる、群馬県高崎市のY小学校での学部3年生の実践研究が終了しました。大学から遙か離れた学校に、アパートを借りての実践研究、大変だったことだと思います。しかし、それに余りあるものを得たと確信しています。

 昨年の後半に、彼らに問いました。「大学の近くで調査するならばお金はかからない。しかし、あるクラスだけとか、ある教科だけとか、君らが考える授業ではない、という可能性がある。しかし、Y小学校だったら、君らの願いを受け止めてくれるだろう。しかし、そのためにはお金がかかる。どちらを選ぶかは君たちが決めなさい。どちらを選んでも、良い研究は出来るよ」と問いました。彼らは翌日には、Y小学校を選びました。

 彼らから聞く、Y小学校での経験は私の予想を超えるものでした。縁も義理もない学生さんのために、何から何まで誠意を持って対応していただきました。ありがたくて、申し訳なくて、どうしようもありません。以前から学生さんには、「君らには金もない、能力もない、しかし時間はある。受けた恩を返すためには、君らの時間を費やし、Y小学校還元できる成果を出しなさい」と言っています。彼らは本日帰ってきたと思います。おそらくヘトヘトで、上越に帰ってきたら、バタンキューだと思います。来週の月曜日になったら、彼らの自慢話を一杯聞きたい。そして私の言う言葉は、いつもの通り「期待しているよ」です。

 私は誇ります。今この時点で、教育に関わる学部卒業研究において、もっとも臨床的で実践的な研究を行っているのは、我がゼミの5人だと確信します。だって考えてください。一つの小学校先生方に、これこれの授業をやってくださいと、学部生が願います。そして、その授業における子ども達・先生方の姿・つぶやきを記録するために、各クラスごとに数台のヴィデオで記録し、さらに、子ども達一人一人にICレコーダーを渡し記録します。日本大学研究者の中で、そのようなことを実現している人はどれだけいるでしょう。それを学部3年生が享受しています。彼らはダイヤの原石を山ほど持っています。あとは磨くだけです。

946OB946OB2007/03/10 01:04自分自身は,自ら求めたフィールドにアパートをもう一つ借りて4ヶ月近く卒論に取り組みました。
卒論ができる環境のフィールドがあるとすれば,そこに宿を求めて調査を進めるのが究極の姿であろうと思います。
当時はそれが当たり前だと思っていましたが,現在当たり前が当たり前でなくなってきている気がします。彼らをサンプルに,その本来の姿を取り戻さなければならないと痛感します。

それを体現した彼らに感謝し,彼らの今後に大いに期待しています。

jun24kawajun24kawa2007/03/10 11:17ありがとうございます
本当はそれが本来の姿ですよね。
彼らへのエール感謝致します。
期待して下さい!

946OB946OB2007/03/12 07:54楽しみにしてます。

07/03/08(木)

[]5分間 22:09 5分間 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 5分間 - 西川純のメモ 5分間 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 5分間の仕事を終え、博士の学位を与えることが出来た二人目が誕生しました。

[]文集 22:09 文集 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 文集 - 西川純のメモ 文集 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教師が子ども達のために文集を作り、プレゼントすることがあります。良き教師の姿の一つです。しかし、そうでしょうか?

 考えて欲しい。文集を開いた子どもは、どこを見るでしょうか?自分の作文でしょうね。さて、その後です。その子は他の子の作文を見るでしょうか?疑問です。では、文集という形態にしてるのでしょうか?それぞれの作文に表紙を付けて、渡した方が良いのではないでしょうか?

 子どもが作文を書くとき、誰に対して書くのでしょうか?もしくは、誰の目を意識して書くのでしょうか?おおにして、教師を意識しているのではないでしょうか?そのようにして作られた作文を集めた文集を、最初から最後まで読むのは教師だけです。そして、それ故に、上記のナンセンスさに気づくことが出来ません。

 キレイな文集を作るより、クラスみんなが、クラスみんなの作文を読みたいと願うことのほうが大事なのではないでしょうか?そして、それだけではありません。本当は、少なくとも、そのクラスの親が、クラス全員の子どもの作文を読みたいと願がうことの方が大事なのではないでしょうか?

 どうすべきかは既に明らかです。すくなくともその一部は片桐さんは、それを実践し、実証的に明らかにしています。

 皆さんのクラス学校における文集等は、どうでしょうか?

信州のIです。信州のIです。2007/03/08 23:56Iです。お久しぶりです。思わず、コメントです。互いの作文を読みたくならないような文集があり得るのですか?と思いました。配ると、必ず自分のを読み、そいてすぐに友だち作文を読む子どもがいっぱいいるのが文集だと思いました。その話で盛り上がったりします。私の教え子は、未だに同窓会に文集を持ってきます。

jun24kawajun24kawa2007/03/09 08:27はい残念ながらあるとおもいます。先だって、ある先生がクラスの子どもに文集を配布して、それを発表させていました。子どもは先生の方を向いて、発表し、回りの子どもに伝えようとする気が少ないように感じました。そして、他の子どもの発表に興味はなさそうでした。自分だけということは無いとは思いますが、クラス全員の作文を読みそうとは、思えませんでした。

F-KatagiriF-Katagiri2007/03/09 08:54そうですね。普段から誰に向けて書く文章かを意識させる必要があります。
教師だけが読む文章ばかり書かせていたら、きっとみんなが読んでおもしろい文章は書けないでしょう。
みんなに配る文集であったら、「みんなに伝えて、残したい言葉を書いてね。」という目標設定がいいのかな?

jun24kawajun24kawa2007/03/09 09:03ありがとうございます。
あなたの実践研究のように、感動を与える、とうのは短くていいですね。ブログにあった、泣かせる、といのも泣かせます!

F-KatagiriF-Katagiri2007/03/09 12:39そうか!目標を表現する言葉は短い方がいいんですね。「みんながわかる」という目標の言葉は短いからそれに到達するためにみんながいろいろ考えるんでしょう。

jun24kawajun24kawa2007/03/09 17:56そうだと思います。
長々言わなければならないとしたら、方法のレベルのことを言っているのかも知れませんね

1kawa1kawa2007/03/10 17:50お二人のやり取りを読んでいて、なかなか想像がつかなかったものを何となくイメージしています。書かれていることは分かるし、その映像も浮かびます。しかし、もやもやしています。発表という活動をさせた教師の意図も理解できません。というかそのことが一番理解できないと思います。
文集はみんなの前で読んで発表するものなのか?という疑問が残ります。
日頃からお互いのことに関心を払いながら生活しているという世界もあることを知って欲しいと思います。私のこぢんまりとしたクラスでは他の人が何を書いたか知りたいと思うことが自然に行われています。Aくんは何を考えているんだろう?Bくんはどんなことを書いたんだろう?Cくんはぼくと同じだ!などなど他者を知ることがとっても大切だという文化があれば・・・と思います。
学び合いが進む=他者理解が進む=他者への関心が高まる と思っていました。どうなのでしょうか?

jun24kawajun24kawa2007/03/11 13:19まったくねそうですね。
でも、ありがちですよ。
だって、文集に限らず、授業を想像してください。
子ども達に予想をさせて、発表させることってよくありますよね。
でも、発表する子どもの視線には先生がいて、
他の子どもは無い場合は多いですよね。
Iさんもそんな授業、山ほど見たでしょ。
今回の先生の場合も、そのれを文集の発表にもやったんです。
悪気はないんです。
ただ、いつも通りのことをしているだけのことです。
でも、文集に限らず、
教師発表する授業って馬鹿馬鹿しいですよね。

1kawa1kawa2007/03/11 23:36いっぱい見ました。確かに見ました。教師発表は馬鹿馬鹿しいと思います。参観日の親に向けのサービスであったり、子ども同士のプレゼンだったりすることはあります。子ども達の学びの場である授業が教師の自己実現の場というか教師の思いに押しつぶされている様な気がします。教師の思いを具体化するための工夫改善が多くて非常にストレスがたまります。はぁ

07/03/07(水)

[]本日 21:03 本日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日 - 西川純のメモ 本日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

本日東京学校に行きました。

そのときの話は、もうすこし考えてからアップします。

現在大阪にいます。

昨年の3月7日メモに書いたように、「5分間」のために大阪にいます。

[]感謝 21:03 感謝 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 感謝 - 西川純のメモ 感謝 - 西川純のメモ のブックマークコメント

昨日から立て続けに「イヤ」なことがありました。

そのため、小心な私は、昨晩は2時ぐらいまで眠れませんでした。

その中で気づきました。

ある社会の中で、思う存分戦うためには、

絶対的に後ろを守ってくれる人が必要だと思いました。

私が2時に眠れたのも、「でも、最悪でも○○さんが守ってくれる」と悟ったからです。

私は同時に4、5の戦いの場があります。

私にはそれそれにおいて、力強い方々がいます。

自分が攻められて、不安になったとき、

その方々のありがたさがひとしお感じます。

織田信長が天下を望めたのは、

東の三河に自分を攻めず、無理を言える家康がいたからです。

だから、自身の戦力をすべて西に振り向けることが出来たのだと思います。

だから東西南北に戦力を割かねばならない相手に勝てたのだと思います。

OBOB2007/03/10 01:11ここに家康がいますよ。

だから,自身の戦力をすべて「4,5の戦いの場」に振り向けてください。

jun24kawajun24kawa2007/03/10 11:20ありがとう、同志!
本能寺で討ち死にしないように、
袖を引っ張って、指導してね!

946OB946OB2007/03/12 07:55行け行け!Go!Go!ですよ。

07/03/06(火)

[]分かっている 22:45 分かっている - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 分かっている - 西川純のメモ 分かっている - 西川純のメモ のブックマークコメント

学び合い』が出来ているか、いないかは色々なことで分かります。

ある優れた実践者が『学び合いを』試みられた、しかし、その先生は不満足であった(おそらく平均的な先生だったら大満足であろう)。そして、その先生はどうしたらいいか子ども達に聞いたそうです。このことがその方のHPに書かれていました。これを読んで、この方は『学び合い』を理解されていると思いました。何故かといえば、多くの先生方が授業で躓いた場合、自分一人で解決しようとするでしょう。そして、子ども達に相談するなどとは思いも至らないでしょうね。それを、この先生子どもに相談した。つまり、相談できる存在だと思っていたことを意味します。これは、『学び合い』における最も大事な、子どもを信じることを出来る方です。

 この段階からの後は、私も、他の人も同じです。

 子ども達がどんどんまともなことを言い出す。

 それでもっと任せる。

 そのうち、子ども達はどんどん自信を持つ。

 その結果、最終的には、教師が下手のことを言うと、「そんなのつまらない」とジャケンにされる。それを聞いて、苦笑いする。しかし、彼らの考え方が実に良いので、本格的に任せる。 です。

 今回は、時間が短く、文化が本格的に根付くまでに行かなかったかもしれません。しかし、来年は、絶対にその段階まで進みます。

あべたかあべたか2007/03/07 04:23西川先生がブログを書かれているのを初めて知りました。RSS登録をして購読させてもらいます。
多分に、お褒めの言葉をいたただきありがとうございます。今年度は3学期だけの、しかも、学級を持たない状態での「学び合い」の試行でした。
来年度は、ぜひ、学級を担任し「学び合い」の文化のもと、学校生活を進めていきたいと、今のところ画策しております。
わたしのブログへもコメント、アドバイスありがとうございます。
これからも、ご指導をよろしくお願いいたします。

jun24kawajun24kawa2007/03/07 21:10こちらこそありがとうございます
ワクワクしています。
あべたかさんだったら、
私なんぞには思いもつかないようなことを
子どもたちは実現するでしょう。
ワクワクします!

07/03/05(月)

[]移行完了 23:23 移行完了 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 移行完了 - 西川純のメモ 移行完了 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、やっと過去の千六百のメモブログ移行しました。疲れた~。このド忙しい中で、とりつかれたように作業しました。その作業の中で、過去メモを再読しました。色々思い出します。昔から同じだな~、と思うこともあります。同時に、昔に比べてずいぶん進歩したとも思います。かっては「学び合うことを目標とすべきか?」という大問題を抱えて、だいぶ悩んでいましたが、今では解決済みです。これから、やっと他の仕事に力を入れられます。

でも、不思議です。今は、どんどん、パソコンソフトでやっていたことが、ネット上で処理できるようになりました。向こう側の世界だな~と思います。

[]初体験 23:23 初体験 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 初体験 - 西川純のメモ 初体験 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、学び合いクラスで学んだ子どもから書き込みがありました。そこには「僕も、学び合いを教えくれてありがとうございます。」と書いていました。初めての経験です。我々が積み上げたことをズンと感じることが出来ました。感謝

07/03/04(日)

[]初めてのお使い 22:22 初めてのお使い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 初めてのお使い - 西川純のメモ 初めてのお使い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大好きな好きなテレビ番組の一つに「初めてのお使い」というのがあります。昔は、単純に「かわいいな~」、「すごいな~」とウルウルしていました。しかし、我が子を持つと「なんであんなことを出来るんだ・・」と思います。かけがえのない我が子を、自動車の行き交う町中に、一人で行かせるなんて、考えるだけでドキドキします。しかし、あと1ヶ月後は、一人で小学校に生かせることになります。

 お、お、恐ろしい・・・

F-KatagiriF-Katagiri2007/03/05 16:03長男が4歳の頃、「初めてのおつかい」をさせたことがあります。魚沼のフィッシングパークで100円を持たせて、魚に刺す串を買わせました。「お父さんは、魚をさばいているから、買ってきてね。」という大義名分で。

10m先くらいの売店なのですが、頑張って1人で買ってきました。見ている私もドキドキでした。しかし、買いに行かせようとしたとき、隣のおばちゃんが自分の娘に向かって、「ほら、あんた、一緒についてやってあげな。」とお節介を焼いてくれて、それを断るのが大変でした。

jun24kawajun24kawa2007/03/05 18:07片桐さんは偉い!
息子さんは偉い!
西川家は父・息子とも小心者です。
とほほ

07/03/03(土)

[]フキノトウ 22:50 フキノトウ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - フキノトウ - 西川純のメモ フキノトウ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 暖冬の影響でフキノトウが出ています。新潟フキノトウは美味しい。その理由は、雪で洗われたためと思っていました。そのため、雪の全くない今年は「えぐい」と思いました。と、ところが、今年のフキノトウは、今までで一番美味しい!全く、えぐぐない。ビックリです。

[]予約 22:50 予約 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 予約 - 西川純のメモ 予約 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は先約優先を原則としています。最近平成20年度の講演の予約を受けました。ビックリ

[]通学 22:50 通学 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 通学 - 西川純のメモ 通学 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 息子の通学先を決めた決定打は、距離です(小学校先生、ごめんなさい)。息子とのちんたらした歩みでも15分で到着します。が、その近さなのですが、不安で不安でしょうがありません。本日も、通学の練習をさせました。意外に、まともに歩いています。が、それでも不安です。テレビ番組に『初めてのお使い』というのがありました。子どもが生まれるまでは、単純に感動していました。しかし、いまは「親」が信じられない・・、と思います。

07/03/02(金)

[]感謝17:32 感謝状 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 感謝状 - 西川純のメモ 感謝状 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今年は埼玉のS先生クラスをいっぱい参観させてもらった。学び合いに興味を持っている方々と一緒に参観した。本で書いたことが嘘ではなく、本以上であることを、私以上に雄弁に示してくれた。それを感謝するため表彰状を送りました。文面は以下の通りです。

表 彰 状

○○ ○○ 殿

 あなたは○○小学校において学び合うことの素晴らしさを多くの教師に示すことにより『学び合い』を広めることに貢献しました その成果をたたえ表彰いたします

平成十九年二月二十八日

上越教育大学教授 博士学校教育学)

西 川 純

 そして表彰状と共に、以下のお手紙をつけました。

○○小学校6年生の皆さんへ

 こんにちは、私は新潟県上越教育大学西川と申します。何度も皆さんの授業を見せて頂きましたが、ご挨拶はまだでした。私は『学び合い』というものを大学研究しています。『学び合い』はどんなものであるかは、佐藤先生や杵渕先生の授業を受けた皆さんでしたら良くお分かりですよね。みんなで分かるために、みんな勉強するということです。この素晴らしさは、皆さんは実感されていると思います。まず、勉強が楽しくなります。そして勉強がよく分かります。それが『学び合い』の凄いところです。しかし、この『学び合い』の良さは、あまり知られていません。多くの先生方は、皆さんが自由に学び合うと、遊びだすと心配しています。また、先生方が一から十まで教えなければ分からないと思っています。我々は学び合っている子どもたちの姿を徹底的に記録し、分析する研究を行っています。そのことを通して、皆さんが自由に学び合うと、真剣に勉強するし、よく分かるということを明らかにしております。しかし、いくら分析結果を示しても信じてもらうことが出来ません。しょうがありません。今までの授業とは、ものすごく違うものですから。そこで、学び合っている皆さんの姿をライブで見て頂くことを考えました。今年、何度もそのような会を設けました。おかげで日本全国の先生方が見に来て頂きました。皆さんの真剣な勉強の様子は、その先生方をビックリさせました。そして、皆さんのような子どもたちに育てたいと願うようになりました。

 皆さんは『学び合い』によって多くのことを学んだと思います。社会科勉強はもちろんです。しかし、それだけではないはずです。学び合うことによって、今までよく話したことのない友達と話し合えたのではないでしょうか?そして、困ったことがあったら、友達と協力することがいかに大事かを学んだことと思います。それこそ、小学校で学ぶ最も大事なことです。でも、それだけはありません。皆さんの姿によって、多くの先生が『学び合い』の素晴らしさを感じ、そして、その先生クラスで『学び合い』がはじまります。つまり、皆さんの経験した『学び合い』を出来る子どもが増えています。そして、それは来年はもっと多くなるでしょう。そのことが出来たのは、皆さんのおかげです。有り難うございます。本当に有り難うございます。

 中学校で『学び合い』が出来るかどうかは分かりません。しかし、6年社会で学んだ人と人との関わりの大事さは、忘れないでくださいね。皆さんが中学校でも多くの良い経験が出来ることをお祈り致しております。

                    上越教育大学 西川

 改めて6年生の諸君に感謝します。君らは本当に素晴らしかった、いや、凄かった。私は君たちから、いっぱい、いっぱい、教えて貰いました。ありがとう

 彼らに出会わせてくれたことをS先生感謝致します。 

fass@@komofass@@komo2007/03/03 21:41わたしは、h小学校のyです。僕も、学び合いを教えくれてありがとうございます。

jun24kawajun24kawa2007/03/03 22:53ありがとうございます。
もっともっと広げましょうね。

07/03/01(木)

[]チャーミング 22:46 チャーミング - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - チャーミング - 西川純のメモ チャーミング - 西川純のメモ のブックマークコメント

私は知人より家内を紹介してもらいました。

そして、我々はある人を紹介し、その方々は結婚しました。

私は博士の学位を頂きました。

そして、私は二人の方に学位を与え、今後も与え続けます。

私は助手、助教授教授に昇任していただきました。

しかし、この数年で、それに対応する以上の方の人事を主体的にお世話することが出来るでしょう。

不遜ながら、大学において、私は借りは十分返したと思います。

しかし、例外としては3人の方に対しては十分返しておりません。

そして、返しきることは永遠にないと思います。

最近、そのうちのお二人に、また、借りを負いました。

本日、そのうちのお一方に、御礼を言いました。

その際です、

「別にいいよ」とおっしゃった顔は、出会ってからの20年間で一番、チャーミングな顔でした。恥ずかしげにニコッと笑っている顔は、六十歳を十分すぎているのにもかかわらず、紅顔の少年の顔でした。

あ~、人って、こんな時にいい顔をするんだと発見しました。

借りのある3人の方のお一人は既に退職されています。

残りの二人は、あと数年で退職されます。

その後は上越教育大学に、借りが無くなります。