西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/02/23(金)

[]最初の一歩 22:17 最初の一歩 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最初の一歩 - 西川純のメモ 最初の一歩 - 西川純のメモ のブックマークコメント


今から20年前

私はコンピュータチップから組み立てることができた。

私は機械語プログラムができた。

私はI/Oを組み立て、それをコンピュータプログラムし、操作することが出来た。

私は大型コンピュータ統計分析を出来た。

私は人工頭脳のプログラムが出来た。

それ故、上越教育大学に採用された。

しかし、今は

ブログを立ち上げることもおたおたしている。

とほほ

[]禁断の味 12:05 禁断の味 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 禁断の味 - 西川純のメモ 禁断の味 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 今年の学部新ゼミ生は一人です。と、いうことで、いつものように「これこれをやりなさい、期待しているよ」という学び合いは出来ません。と、いうことで個人ゼミを毎週やっています。これが楽しい一生懸命に質問する人に対して、明確に応えられる。こりゃ快感です!毎回、1時間半以上やっていますが、本当に楽しい高校教師だった頃は、子どもベタベタに可愛がりました。ナデナデ、コチョコチョはいつものことです。ダッコ、高い高いを高校生にしました。もちろん女子生徒にはやりませんでしたが、彼らの方から抱きついてきました。気持ちとしては、ペロペロなめたいほど可愛かった(もちろん、我慢しました)。

 子どものことを考えず、単純に自分の快感を求めるならば、ベタベタは最高です。『学び合い』が広がらない理由が分かるように思います。我々のDNAの中には近代の学校制度に適応した能力は存在していません。肉親・親戚などの小さいコミュニティにおける対人関係能力のみがDNAに組み込まれています。そのため、近代の学校制度における教師は、サルと同じ本能の赴くままにベタベタと関わってしまうのだと思います。ところが、小さいコミュニティとは違い、近代の学校制度では、30人以上の子どもが含まれています。当然、ベタベタでは「抜け」が生じ、問題が生じるのは当然です。ところが、教師がその問題に無感覚であったり、もしくは、自己合理化しているので(高校教師の時代の私もそうです)ベタベタが続きます。とうことで、6年前から基本的に封印し、『学び合い』で育てています。そして、それによって高い成果を上げ続けています。

 と、分かっているのですが、「今年は一人なんだから・・」という自分に都合のいい理由をあげて、ベタベタと個人ゼミをやっています。いつか異学年集団の中に入れなければなりません。でも、幼稚園に入園させる親のように、子離れが必要です。まあ、少なくとも5月ぐらいまでは楽しみたい!