西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/02/17(土)

[]登校拒否 12:10 登校拒否 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 登校拒否 - 西川純のメモ 登校拒否 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 最近大学に行くのがなんとなく嫌です。学び合い研究しているのに、対人関係を結ぶこと、特に、大人と交渉ごとをするのが嫌いです。が、嫌いなのにも関わらず、得意で勝率は高い(私の力というより、同志の協力の賜物)。そのため、なおさら、その手の仕事が集まってくる。いままではT先生に矢面に立ってもらったのですが、この頃は他の人に代わってもらえない。さらに言えば、今後、最低、3年間はこの状態が続きます。日帰りの出張から帰ると、家内から「元気よさそうね」と言われます。理由は大学にいかなかったからです。このことをKさん(今年、小学校から大学に異動しました)に言ったら、「現場では、毎日、登校拒否でした。朝になると頭が痛くなる」とあしらわれました。なるほどと思います。

 私の現場経験は、オール1の子達を教えた高校教師です。1学年1学級ですので、普通高校中学校のように、一つの授業案を何回も使うことは出来ません。小学校教師並みに教材研究をしなければなりません。そして、相手は、少しでも手を抜くと授業が成立しない子どもたちです。朝10時に勤務し(定時制高校でした)、学校を出るの11時ごろです。しかし、不思議学校に行くことは苦ではありません。というより、学校にいるのは大好きでした。理由は大人との交渉ごとが無かったためだと思います。大学に異動して、ごくごく短期間、学校に行きたくないというのはありましたが、これだけ長い期間、そう思うのは初めてです。

 本日博士課程の仕事のために大阪出張です。大学に行かなくていいのはホッとするのですが、家族と会えないのが辛い。

追伸 今度、学部生の卒研でお世話になっている学校管理職と飲む約束をしています。気の許せる方々ですので、とても楽しみです。いろいろ教えてもらって、いっぱいウルウルしようと思います。研究打ち合わせのついでですが、どちらが、ついでだか分かりません。他県の学校ですので、もちろん、出張ですし、大学に行きません。この意味でも楽しみです。この数ヶ月で、もっとも楽しみにしているイベントの一つです。

[]栽培 12:12 栽培 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 栽培 - 西川純のメモ 栽培 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 本日博士2年の方の博士候補認定試験博士3年の最終試験大阪でありました。お二方とも、一生懸命語っていただきました。すばらしく育っていただきました。

 農夫は種をまき、水をやり、肥料をやります。しかし、大事なのは、出自です。博士学生と受け入れる方々は、みんな数年の時間をかけて出自を鑑定した方です。よほどの旱魃、冷夏でないかぎり実を結びます。農夫がやれるのは、数ヶ月に一回の「期待しているよ」の水やりだけです。そう思いました。実に、りっぱに育ちました。

[]サービス 12:12 サービス - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - サービス - 西川純のメモ サービス - 西川純のメモ のブックマークコメント


  大学から家に帰ると、息子の遊びに付き合います。そして、7時ごろになると風呂に一緒に入り、体を拭いて、髪を乾かします。家族で食事をして、片付けます。息子は食事を食べた卓を拭きます。そして、私のシャツの中に入り込んで、私のおなかに顔をうずめます。その状態のまま、体を持ち上げて洗面台に移動します。私にごちゃごちゃ言われながら、歯磨きをします。私におんぶされながらリビングに移動し、歯の仕上げ磨きをします。そして、息子と一緒に布団に入ります。布団の中で息子のオデコに私のおでこをくっつけながら呪文を唱えます。息子と添い寝をするときは、6年前から同じ呪文です。それは「チチンプイプイチチンプイプイ神様、仏様、ご先祖様、○○(息子の名前)をお守りください。○○を守る我々をお守りください」です。そして、「ご挨拶しましょう」と言うと、息子が私のほっぺにチュをして、私が息子にチュをします。そして、30分ぐらい息子に添い寝をして、息子の寝息が寝たことを示したら、布団を出ます。これが息子が生まれてから、出張以外の日の毎日です。毎日、私は息子にサービスしています。

 と、思っていましたが、私の間違いです。この二日、家から離れて出張です。とても辛い。息子がシャツに入ってほしいし、オンブしたいし、歯磨きしたい。息子にオマジナイをして、添い寝したい。サービスしてくれたのは、息子だと思います。その彼にサービスが足りなかったと反省します。

追伸 添い寝から起きてから、風呂上りの家内コタツに一緒にいるのは幸せです。

[]かけら 12:14 かけら - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - かけら - 西川純のメモ かけら - 西川純のメモ のブックマークコメント


 あることを聞きました。ある学校では、『学び合い』を学校として取り組んでいます。その学校に一人の転校生が来ました。前の学校不登校子どもです。親御さんは学校に対して不信感がいっぱいです。ところが、その子がその学校の学級に入り、「分からないことがあっても良いんだ」、「分からないことがあったらほかの人に聞けばいいんだ」という文化に接しました。その子は不登校の片鱗は無く、学校に通っています。

 私はボロボロ泣きました。うれしくて、うれしくて。現場学校の同志の方にとっては、ごくごく当たり前の一こまなのでしょう。『学び合い』をすれば、子どもたちはすごいことをいっぱいします。それをみてウキウキします。それは大学における私でも味わうことが出来ます。しかし、大学にいる私には、その子の人生を救ったという感覚を味わうことが出来ません。心優しいゼミ生の何人かには「救われた」と私に言ってくれます。しかし、そのような方々は、自らの力によって自らを救った部分が多いと感じます。とても救ったとは私は思えません。しかし、私が聞いたその話は、その子はクラス子どもたちによって救われたと思います。そして、そのクラスをつくりえたのは先生です。一人の子どもを救えたとしたら、それは凄い事です。

 私は一人の子は救えません。でも、我々の活動によって、一人の教師に『学び合い』を伝えられた、それは凄い事です。一人の子どもは数千、数万の子どもにホッとできる1日、1時間を与えることが出来ます。それは凄い事です。ならば、我々がやっていることは凄い事です。わが同志は、その凄さを日常の中で感じることが出来ます。羨ましいことです(私にはその能力はありません)。せめて、その日々のカケラを与えてください。そのヒトカケラで、私は数日、幸せになります。