西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/12/31(日)

[]この一年 16:17 この一年 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - この一年 - 西川純のメモ この一年 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 しばらくインターネットの使えない環境にいたためアップが出来ませんでした。あっと気づくと、今年も最後の日です。これから酒を飲んで、息子の添い寝をしたら、明日までぐっすりです。ということで、急いでアップすることにしました。

 教育者としての振り返ると、まず、ゼミが成長したことを感じます。学部生の成長が著しい。ほぼ現職院生に比肩できるレベルまでに安定して成長できる体制が整ったことを実感します。ゼミがどれほど成長するか、来年楽しみです。また、今まで「自分の語り」を楽しんでいた学部の授業を学び合いシフトしたことが一つの成長です。

 研究者として振り返ると、今年も例年と同様に膨大な学術論文・実践論文生産することが出来、その成果を書籍として出版できました。また、授業を改善する研究から、学校改善する研究シフトする道筋が見えてきたことが大きな成果です。

 さらに、研究室や我々の研究のためになることで、かつ、ここでは公開できないドロドロとしたことを成果としてあげられました。欲深な私は、来年はもっと多くのものを得たいと「悪だくみ」を頭の中で巡らしています。

 思えば、平成10年ぐらいまでは平穏な大学教師の生活をしていました。ところが平成12年度改革で学習臨床コースを立ち上げるために、平成11年度から騒がしくなりました。新コースが立ち上がると、ジェットコースターのような日々が始まりました。その後は、大学国立大学から独立行政法人になるに従って、ジェットコースターの速度は上がります。最近2年間は教職大学院の準備でジェットコースターの難度は鰻登りです。正直、ヘトヘトですが、実際は序の口です。来年から本当の凄い状態になります。平成12年度改革の時は胃潰瘍になりました。今度は健康に乗り越えたい。

 その中で、教育者として、研究者として仕事をするためには、関係各位の一層の協力が必要です。今年一年の協力を感謝しつつ、来年に向けて、改めてお願いします。

 た、す、け、て~