西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/12/24(日)

[]淡路島 16:18 淡路島 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 淡路島 - 西川純のメモ 淡路島 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 本日クリスマスイブです。朝から「サンタクロースは今はスエーデンかな~」と心配しています。家内は、「今は中国ぐらいかな~」と応えました。午後3時頃、買い物から 帰る車の中で、「今は韓国ぐらいかな~」と言いました。夫婦とも「そうだね~」と応えます。そうすると、「次は、九州に行って、次は中国地方で、次は近畿地方で、次は○○ちゃん(自分の名前)のいる中部地方に行くの?」と聞くので、「そうだね~」と応えます。息子は、「○○ちゃんの後に、関東東北地方に行って、最後は北海道?」と聞くので、「そうだね~」と応えます。そうすると、[中部地方日本の真ん中~」と言いながら、自分のおなかを指さします。「そうすると、お尻が近畿地方で、ここ(右股を指しながら)は中国地方で、ここ(左股を指しながら)は四国~」と言います。面白くなって、私は「じゃあ、○○ちゃんの「お○んちん」はどこなの?」と悪のりして聞きました。息子は間髪入れずに「淡路島」と応えました。車中で、夫婦そろって大爆笑です。思わず、息子の「お○んちん」と日本地図淡路島を 頭の中で比較しました。淡路島は、古事記の国生み伝説によれば、日本で最初に出来たという由緒正しい所です。 上越教育大学の兄弟大学である鳴門教育大学に行くときに通るところです。風光明媚なところです。その淡路島と、男子のもっとも大事なところに比すという息子の絶妙な比喩に感心しました。

 息子は社会科の知識があるようです。