西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/12/18(月)

[]お世辞 16:21 お世辞 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - お世辞 - 西川純のメモ お世辞 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 家内結婚前は幼稚園先生でした。幼稚園先生はこき使われます。家に帰ればヘトヘトです。ということで、結婚前は家事はお姑殿がやっておられたと聞いています。結婚前にお姑殿が家内の特訓をしました。ということで、結婚後、家内は家事との格闘が始まります。では、現在家内はというと。おのろけだと思いますが、家内料理は絶品です。シチューなどは、どんなレストランよりおいしいと思います。どんなホテル・旅館の料理を食べても、家内みそ汁以上に美味しいみそ汁を食べたためしがありません。その他、どんな料理も美味しい。何故だろうと考えたことがあります。その結果として、お姑殿がちゃんとした料理家内に食べさせ、その結果として、美味しいものは何かを家内が学んだためだと思います。そして、お姑殿が丁寧な家事をする方で、それをじっと見て育ったためだと思います。その舌があるから、あとは、丁寧に仕事をしながら自己修正した結果、今の家内があると思います。料理以外の家事も、全て同様です。つまり、基本です。

 本日、我がゼミの3年生が、某小学校におじゃましました。来年になれば、その学校で1ヶ月以上、長期宿泊施設を利用しながら、実践研究をします。その学校研究会があるので、参加しました。私は授業と、抜けられない会議があったので、彼らを送り出しました。その学校先生から、「学部生さんは、しっかり学び合いを理解している」とメールを頂きました。不遜ながら自慢します。我がゼミの3年生は、そんじょそこら大学3年生とは違います。現職院生さんを含む、多種多様メンバーの中でもまれた学生です。私は「な~んも」教えなくても、メンバーから多くを学び、教えている彼らです。だから、何がよいか、何が悪いかはよく分かっています。でも、まだ、どうすべきかは双葉マークです。でも、でも、何がよいか、何が悪いかが分かれば、あとは状況がそろえば、きっと開花します。それも、彼らの姿の未来に、彼らが教えるであろう数万の子ども達の姿を見える方々が受け入れてくれるのですから、万に一つの憂いもありません。

 3年のみんな。「本校に2人くらい、新任教諭で欲しいです。(○○県の採用試験を受ける方はいらっしゃいませんか?!)」という言葉をある先生から頂きました。この言葉を誇りにして欲しい。同時に、その言葉を裏切ったら、私は本当に「怒る」よ。でも、心配することはありません。君らが「みんな」で、受け入れてくれた学校子ども先生と「みんな」で高まろうとすれば、間違うことはありません。詳細は、明日聞きます。君らが褒められて、私は誇らしかった!

 お世辞かもしれません。でも、そのお世辞を、本当にするのがこれからの君たちです。