西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/12/15(金)

[]公開授業・研推会議 16:33 公開授業・研推会議 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 公開授業・研推会議 - 西川純のメモ 公開授業・研推会議 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 本日、Kinさんの投稿論文を読みました。でも、つまらない、と突っ返しました。何故かというと、Kinさんが本当に面白いところが当たり前に感じ、その部分を十分に記載していないからです。Kinさんの実践では、子どもたちに指導要領を見せて、自分自身で評価規準を考えさせ、それに基づいて自己評価させる実践です。子どもたちに指導要領を見せるなんて、普通は思いつかないでしょう。でも、我々は子どもが主体的に学ぶために、手の内をさらすことは大事だと考えています。なぜなら、手の内をさらさなければ、子どもはどうやって学ぶのか主体的に判断出来ないからです。従って、我々の考え方の帰結として、指導要領を見せることになります。結果として、成績が上がり、人間関係が良くなることを臨床的データで示しています。ところが、その子どもたちの中にどっぷり浸ったKinさんにとって、子どもが指導要領を読み込み、素晴らしい評価規準を考え、自己評価し、成績が上がることを、ごく普通に感じてしまいました。まあ、しょうがありません。本当に子どもたちは自然にそれを行うから。でも、我々が伝えるべき相手は、それを信じられない人なんですから。その方々が、なるほど、と思ってくれるようなデータを示さなければなりません。

 夢は膨らみます。指導要領を理解し、評価規準を考え、評価するということは、教師だけが出来ることだと思われています。でも、そんなことは、子どもたちが容易く出来ることです。それを発展させたら、もっと凄いことが出来ます。例えば、小学校クラスの係は、「学級委員」、「保険係」・・・が定番です。ところが、「教務」、「庶務」、「生徒指導」、「研究推進」という係を設けるんです。子どもたちは、「今年度の国語の年間計画はどうしようか」、「○○の成績はAにしようかBにしようか」を議論するんです。そして、今度の公開授業で、参観の先生方に何を伝えようかを、学級研推会議でやるんです。そして、そんな会議の様子を公開したら、インパクトありますよね~。あはははは。私には子どもたちの姿がリアルにハッキリ分かります。そして、それを見ていて呆然としている先生方の姿が目に見えるようです。そして、それを見て、笑いを押し殺している我が同志の姿が見えるようです。

追伸 上記のようなクラスにおいては、教師のことを「校長」と子どもによばせましょう。だって、教室の中には、教務主任や生指主任などがうじゃうじゃいるんですから。

[]忘年会 16:33 忘年会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 忘年会 - 西川純のメモ 忘年会 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 昨日は西川研究室久保田研究室の合同の忘年会がありました。これほど楽しい忘年会は希です!

 まず、3年の幹事を褒めます。今年は3年生が30人弱の両研究室忘年会の幹事を務めました。最高年齢の47歳の私を含め、殆ど全てのメンバーが年長者である会の幹事を務めたことを褒めます。幹事を務めることは、本当に意味があることです。やる側になることによって、大バカの「やってもらう人」にならないにはどうしたらいいかを学べます。

 久しぶりに大バカの学生さんがいることを知りました。私が学生だった頃は、私の他にも一杯いたタイプ学生さんです。学生は大抵バカです。バカをやるから、バカに対して寛容になれます。バカになりすぎてはいけません。早めにバカを経験し、若年者のバカを止められる人になって欲しい。そういうことの出来そうな学生さんがいました。

 最初から、最後まで、我々教員を特別扱いしませんでした。いわゆる「お言葉」を求められませんでした。

 以上、誇ります。

 今年一年を通して、我がゼミのパワーがアップしているのを感じます。その最大の原因久保田先生を初めとする久保田研究室の面々の力であると感じます。ありがたいと感じます。HPで公的に大々的に感謝します。少人数学習を信奉する人と違って、我々は集団の力を知っています。集団が多様で、かつ、多数であるとき本当の力を得ます。