西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/12/12(火)

[]大見得 16:38 大見得 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大見得 - 西川純のメモ 大見得 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 我がゼミKanさんは、「旅費・滞在費を支給してくれれば、学び合いを実現してみましょう!」と大見得を私にきっています。つまり、10万円を保証してくれれば、与えられたクラス学び合いを実現しましょう、という大見得です。我々は、学び合いをすれば、人間関係が良くなります、成績が上がります、特別支援が解決できます、評価が楽になります、そして、教師が楽しくなります、と「ホンマカイナ~」ということを主張しています。でも、自信があります。だって、とてつもなく当たり前のことをするだけのことですから。でも、現職院生さんに、ちゃんとした旅費・滞在費を支給できる腹のある所なんてないでしょうね。残念

 本日大学の近くの学校に講演によばれました。車で5分です。これは、今までで最短距離です。色々なところで愚痴を言いましたが、私は上越学校からのニーズが殆どありません(例外はO小学校)。こんな距離だったら、旅費・滞在費がいりません。そこで、本日、朝、我がゼミM1の現職院生の方に上記のことを語り、「与えられたクラス学び合いを実現しましょう」と大見得を切りたい、と語りました。私としては、最大でも1週間、まあ2・3日、クラスを任せてくれれば、多くの教師が「ホンマカイナ~」というクラスを実現してくれるだろう、と考えました。院生さんの反応は、その程度では本当の我々の目指している姿は実現しないと反論されました。さもありなん、と思います。でも、「子ども達に○○やれ!と言っただけで、な~んもしなくても、子ども達の集中力が1時間切れず持続するレベルで十分だよ」と言いましたら、「2時間続きは必要だ」とのことです。そこで、「二日連続で、2時間続きの時間設定をしてくれれば大丈夫だよね?」と聞くと、大丈夫だと言うことです。

 と、いうことで、本日、その小学校校長に「どんな学年、どんなクラス、どんな教科でも結構です。二日連続で、2時間続きの時間設定をしていただければ、我々の主張する学び合いの姿をお見せします!」と大見得を切りました。

 大いに自慢します。我々が大見得切ったのは、教師相手の模擬授業ではありません。つまらんときは、つまらんとハッキリ出す子ども相手です。ペスロッチコメニウス、ヴィゴツキー・・・、あまたの巨星の中で、こんな大胆な宣言を言える人が言えるでしょうか?私の能力はたかがしれている。しかし、我々の主張していること、また、それを実践できる同志の能力、それは、あま たの巨星より強力だと確信しています。

 な~んて大胆な宣言をしているんだろう。こ、わ、い。

追伸 言うまでもないことですが、「子どもは愚かだ」ということを信じている担任、学校においては、我々の様な飛び込みは無力です。我々が上記を出来るのは、変わりたいと思っている担任、学校においてのみです。

[]駄洒落 16:38 駄洒落 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 駄洒落 - 西川純のメモ 駄洒落 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 最近、息子は駄洒落にはまっています。本日の夕食における彼の駄洒落は以下の通りです。

 刺身のつまのシソを食べながら「このシソ、おいしそ~」

 豆を食べながら、「ま~目が、すかっとした~」

 親ばかながら、我が子は天才!と思います。