西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/12/03(日)

対策 17:20 対策 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 対策 - 西川純のメモ 対策 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 怒ってばかりで、イジメ対策を書かないもの卑怯なので、私なりの対策を書きます。単純に考えると「学び合い学校に導入せよ」とでも書きそうですが、そうしません。それは我々の考えではありません。今回のいじめ対策もそうですが、一般的に教育行政は方法を厳しく縛る一方、評価はそれほど厳しくないという特徴があります。つまり「こ~しなさい、あ~しなさい」という一方、イジメが解決されなくても「まあ、しょうがないよね」という評価しかありません。ところが、その考えは全ての状況に最善の方法があると仮定しています。我々はそんなのあり得ないと考えます。 それを課している行政も、「最善といっても、そんなに劇的な変化は無いよな~」と思っているので、厳しい評価をしません。

 我々の問いは、「最善の方法は何か?」ではなく、「その状況において誰が最善の方法を考えられるか?」です。その答えは、「その状況の当事者」です。 だから、方法を細かく指定しません。一方、「その状況の当事者」が協働出来るならば、凄いことが出来ると信じ切っています。だから、厳しい評価をしても、それをクリアー出来ると信じています。従って、授業でも、このような課題でも、管理者のやるべきことは、目標を与え、それを納得させ、方法は自由にさせ、厳しく評価します。

 つまり、「イジメは様々な原因があり得るが、少なくとも学校・教師が対応すれば問題が生じる可能性は著しく減少することは絶対に出来る!」を納得させることです。そしていかなる場合においても結果責任はあるということを納得させます。その上で各自治体に対していじめ問題を解決することを求めます。方法は自治体に任せます。そして、大幅な裁量権と、予算的な措置を「ひも付き無し」で与えます。それでは自治体はどうすべきかは、同じ構造です。各学校に対して、上記のことを納得させ、方法を任せ、裁量権と予算を与えます。それでは校長はどうすべきか、は上記と同じ構造です。

 では評価はどうしたらいいか?自殺者の数では悲しいですよね。でも、どっかの学者やお役所のお偉いさんの評定では妥当性が問われます。少なくとも、妥当だとは当事者は納得しません。そんなもので評価されたることが分かっていれば、当事者目標の納得しません。だからといって教師のお手盛りでは駄目です。大多数の教師が駄目だといういう評価基準だとしても、それがまかり通ります。これは避難できません。だって、どんな組織にいる人だって、組織内部の人に著しく不利になる基準に賛成するのは辛いですよね。では誰が評価するのが妥当でしょうか?

 想像してください。マクドナルドマクドナルドの各店舗を評価する最も妥当性のある方法は何でしょう。東京本社の人が年に数回出向いて評価するべきでしょうか?それとも各店舗店長自己評価するべきでしょうか?馬鹿馬鹿しい。お客の評価がベストです。でも、お客の中で「お客様委員会」を立ち上げて評価すべきでしょうか?それまた馬鹿馬鹿しい。お客全員の評価の総和で評価である、売り上げで評価するのが最も妥当だと思います。ただし、短期ではなく長期的な評価です。何故なら、短期的ならばむちゃくちゃなことをする可能性がありますし、「食中毒」のような企業にダメージの大きな事故が生じる可能性があります。

追伸 言うまでもなく、そのようなことを求められたとき、圧倒的大多数の人が選択する方法が「協働」なんです。それはホモサピエンスDNAに組み込まれている方法なんですから。でも、どのような協働があるかは多様性があるし、少数ながら「協働」を選択しない人もいる。それもOKと考えるのは我々です。

評価 17:20 評価 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 評価 - 西川純のメモ 評価 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 保護者・児童・生徒が学校・教師の評価をすることは、極端に嫌う教師がいます。大学にもいます。新聞によれば、外部評価することに関して再生委員会の一部から「教員の権威が低下したり保護者に媚びる事態を招きかねない」という意見があり見送られたとされています。大学にも、まったく同じ理屈学生の授業評価を嫌がる大学教員がいます。でも、これをマクドナルドに置き換えたらどうでしょうか?「マクドナルド店員の権威が低下したり、お客に媚びる事態を招きかねない」という考え方は成り立つでしょうか?また、市役所に置き換えたらどうでしょうか?「市職員の権威が低下したり、市民に媚びる事態を招きかねない」という考え方に成り立つでしょうか?そして、そのような権威にあふれ、利用者に媚びないマクドナルドや市役所に行きたいでしょうか?馬鹿げています。民主主義、市場 主義経済は大衆の英知を仮定した制度です。ただし、その大衆が多様な情報に基づき、独立に判断できる状態を保証しなければなりません。それが無ければ、衆愚政治情報操作社会になります。しかし、それが成り立てば、大衆の判断は極めて健全です。

 保護者・児童・生徒の厳しい評価に耐えられるほど、日本の教師・学校の圧倒的大多数は健全です。そして、その厳しい評価によって、教師集団からもどうしようもないと判断される教師の問題を解決できます。どう考えても、当たりはずれの大きい個人(例えば校長)の評価よりは安心できますよ。だから、保護者・児童・生徒の評価はウエルカムです。むしろ、彼らの与えられる情報が、一部に偏っていないか、全員一致を求められ独立性が損なわれないか、そのあたりを気にした方が良いと思います。

追伸 この大衆に対する信頼の有無が、インターネット社会における旧人類新人類の決定的な違いです。