西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/11/20(月)

[]点数 17:48 点数 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 点数 - 西川純のメモ 点数 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 最近、私は講演会で成績が上がる、点数が上がることを強調しています。また、メモでも意識して書いています。それに対して、我が同志より『授業の評価を単にテストの平均点の上昇で語るのはちょっと違う気がします。』というメールを頂きました。同志であればこその気持ちであり、この方以外にも感じてられる方も多いと思うのでメモります。

 言うまでもなく、我々の目的人格の完成であり、テストの点数ではありません。しかし、それでもテストの点数を強調するのは理由があります。第一に、教師とともに子どもに対して分かりやすいこからです。教師に学習の成果を語るとき、点数が最も分かりやすいものの一つであることは論を待たないでしょう。それ以外の様々な成果を上げても、「でも、成績はどうなの?」と聞く教師は多いと思います。でも、それだけではありません。学び合いが成立するか否かで最も重要なのは課題であることは同志の方は了解していると思います。でも、どんな課題であるべきなのでしょうか?絶対に重要なのは、子どもに分かることでなければなりません。子どもに分からんことを課題に与えても、何をすべきなのか分からず、結果として学び合いが生じません。その意味で「点数」というのは非常に分かりやすい。ただし、受験オンリーの塾・予備校と違うのは、「みんな」の点数ということを求める点です。その1点で大きな違いが生じます。

 そして、最後に自分に分かりやすいという特徴があります。適切な課題を与えて、子どもたちが学び合えば、教科学習においては点数に必ず現れます。このように断言出来ることは、本当に学び合っている子どもの姿を知っている同志の方であれば分かるはずです。己の実践を反省し、改善する指標として、点数は分かりやすく、それゆえ言い訳出来ない指標です。

 人格の完成に比べれば、点数は一つの指標にすぎません。でも、同時に「会話数」、「会話時間」、「会話の質」、「グループ構成」等々、我々が様々に捉えてきた全ての指標も、人格の完成に比べれば一つの指標にすぎません。それらはえり好みせずに、有効に利用したいと思っています。

[]ネーミング 17:48 ネーミング - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ネーミング - 西川純のメモ ネーミング - 西川純のメモ のブックマークコメント


 最近、我々の考えに触れた方より、「学び合い」という言葉は適切ではないというアドバイスを頂きました。学び合いという言葉は手あかにまみれて、様々に使われています。「学び合い」という言葉によってイメージするものと、我々の姿が全然います。そのことを指摘されました。さらに、「教育」と「技術」というありふれた言葉を組み合わせ、「教育技術」という造語を作り上げた先見性も指摘されました。我々にも、そのようなネーミングを考えるべきだとアドバイス頂きました。

 「学び合い」という言葉に関して、適切ではないことは私自身も十分に理解しています。そして、このメモでも何度も取り上げてみました。先のアドバイスを受け色々考えてみました。昨日、ふと思いつきました。学び合いでも、その他の過去の案でも、いずれも「何をやっているか」ということに基づくネーミングです。そうではなく、我々が目指すことでネーミング出来ないか考えました。我々の目指すことは、とてつもなく当たり前のことですが、考えてみれば、そんなことを大まじめにやっている人ってそんなにありません。今、考えているのは「人格完成三全学習」です。

 学校教育目的人格の完成です。これは、現在教育基本法においても、審議途中の教育基本法においても同じです。しかし、では人格の完成とは何でしょう。多くの方が様々に述べています。しかし、私にはしっくりいきません。特に、実際に授業をするときに、明確な指標となるものに出会えませんでした。私は人格の完成とは、大人になることだと思います。大人になることとは、他の人といっしょになって課題を達成して生活することです。その課題は、家庭生活であり、社会生活です。さらに、その他の人とは、小さくは家族ですが、大人になることはより多くの人と関わり合わなければなりません。つまり、人格の完成とは、「より多くの人といっしょになって課題を達成して生活出来ること」と考えます。このように人格の完成を捉えると、毎日、毎日の授業の構成を具体的にイメージすることが出来ます。

 また、我々は多くの教育論において無視していることを願います。

 第一は、「全」ての子どもを救うことです。従って、小学校○年生の教育、特別支援の子ども教育、非行に走る子ども教育・・のように子どもを分類して、それに特化しようはしません。少なくとも、自分が授業をしている時間に関しては、限りなく全ての子どもを救うことを目指します。

 第二は、「全」ての場面で実践することです。国語の時間、社会の時間、特活の時間、部活の時間・・・のように場面を分類して、それに特化しようとしません。

 第三は、「全」ての期間で実践することです。受験勉強のように限られた期間に特化しようと思えば、かなりいびつなことも出来ます。しかし、我々が目指すのは、学校教育の全てに一貫して適用出来るものです。

 この三つの「全」に対して、人格の完成を保証する、子どもたちの学習を担保するのが「人格完成三全学習」です。それを子どもたちが具体化した姿が「学び合い」です。

 どうかな~・・。ちょっと長いかな・・・。

[]ついに 17:48 ついに - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ついに - 西川純のメモ ついに - 西川純のメモ のブックマークコメント


 大学での学部の講義学び合いをせねばと心に決めました。そこで、本日講義の最後に、そのことを話そうと決めました。本日は、K閣下の「じゃれ合い」がお題です。本日も、気持ちよく講義が出来ました。笑いも取れたし、一人一人への発問も楽しかった。そうなると、心の中で「もう少し、このままで良いんじゃないか」という気持ちがむくむく湧いてきます。しかし、「学び合いの時間が長く取れれば、幾何級数的に効果も上がる。もう、講演会みたいな授業で十分に楽しんだから、やめよう」とも考えます。両者の間で悩みましたが、初志貫徹です。

 講義の後半で「今まで何度も話したとおり、我々が目指す授業では、教師は「やれ」の一言だけなんだよ」と語りました。学生さんはニコニコしています。「でも、今の授業はどう?私が徹頭徹尾引っ張っているよね。おかしくない?」と言うと、学生さんの表情が「ピッ」となります。もう、これを言ってしまったら後には戻れません。そこから、一気呵成に課題と、その意味を語りました。彼ら与えた課題は以下の通りです。

 西川研究室の本(具体的には7種を選びました)を読んで、それらをみんなが理解すること。そして、その上で、本の記載を改善するにはどうしたらいいかというレポートを全員で提出すること。今後の授業では私は授業をしない。君らがやっているのをニコニコして見ているだけ。もちろん、分からないことを質問されれば応えます。しかし、まず君らで解決して欲しい。評価は、最終的に提出したレポートによって出す。レポートで得られた評価が、君たちの最高の評価である。即ち、レポート評価がBであれば、Aの評価を得る人は誰もいない。レポート評価では、私の予想を超えるものがなければB評価である。少なくとも、君らの人数分以上は、私の予想を超えるものがあることを期待している。個人毎の評価は、みんなが出して、みんなでまとめて提出すること。その方法は、「レポート評価と同じ」、「レポート評価より一段低い」、「レポート評価より二段低い」、「D評価」の中から選ぶこと。その際は、その評価を付けた理由を、各人毎に200字以上付すこと。

 最後に、この課題の成果は、最終的に心ある先生に伝わり、それが子どもを救うことを強調し、「期待しているよ」でまとめました。学生さんを帰した教室で、「あ~・・、私が楽しめる語りの授業は今年は終わりなんだな~」と思いました。でも、同時に、あの学生さんはどんなことで驚かしてくれるのか、それが楽しみです。

[]ネーミング(その2) 17:48 ネーミング(その2) - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ネーミング(その2) - 西川純のメモ ネーミング(その2) - 西川純のメモ のブックマークコメント


 ある同志から「人格完成三全学習」の趣旨は分かるが、戦前の堅苦しい教育論のようだと言われました。その方からは、センスの良い学生さんに英語にしてもらって、頭文字を使ってネーミングしたらと、アイディアをもらいました。なるほどと思いました。