西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/11/10(金)

[]学びの殿堂オープン 18:03 学びの殿堂オープン - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学びの殿堂オープン - 西川純のメモ 学びの殿堂オープン - 西川純のメモ のブックマークコメント


 以前から、学び合いの授業を見せて欲しいという要望が寄せられていました。今までは、西川研究室に来て頂いて、3泊4日、我々の研究室に保存されている膨大な映像記録をシャワーのように浴びて頂くしか有りませんでした(我々は洗脳旅行と呼んでいます)。というのは、個人情報保護の観点から、我々の所に保存されている映像は、我々の管理下でしか見せることが出来なかったからです。しかし、洗脳旅行には、学校の全面的な協力と、かなりの出費が必要です。毎年、5、6人の方が来られますが、その予備軍は多いと思います。そこで、その裾野を広げ、多くの方に、学び合いイメージを持って頂くために、HPで公開することとしました。もちろん、全てではありません。保護者等の許諾を正式に受けたもののみです。

 これを開設出来たのは、授業者はもちろんのこと、学校先生、何よりも児童・生徒と保護者の方のご理解を頂けたおかげです。また、技術的な部分は、院生のKT君とSakさんのご協力を得ました。謹んで感謝致します。

 個人情報の配慮のため、画質・音質をかなり落としております。このことはご理解下さい。その前提の上で、バージョンアップすべき点のご意見を賜れば幸いです。また、同志各位にお願いします。皆さんのご協力をせつに願います。

追伸 言うまでもなく、このHP入り口にすぎません。我々の研究室には、ここで公開した数百倍の授業実践記録の蓄積があります(子ども音声を含めれば数万倍)。さらに、授業の様々な側面に関して議論出来る仲間がいます。是非、洗脳旅行をお誘いします。それが叶わない場合は、メールスカイプ等で議論しましょう。我々は同志を求めています。

[]発見 18:03 発見 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 発見 - 西川純のメモ 発見 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 最近、息子は家内の手伝いで料理をしたがります。本日、家に帰ると、「おとうさん。なんで塩水だとお鍋の中のものは浮くの?」と聞かれました。え!?とビックリしました。凄い発見です。さて浮力の原理は分かっていますが、それが解析学を使った物理レベルです。息子に説明することは出来ません。「もっと大きくなったら分かるよ」という間抜けた説明しかできませんでした。

[]悪気無い配慮 18:03 悪気無い配慮 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 悪気無い配慮 - 西川純のメモ 悪気無い配慮 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 理科実験想像してください。特定の子どもが器具運びばかりをしています。そして、実験操作は殆ど関わっていません。あなたは可哀想と思い、その子が実験操作を出来るようなルール作りをします。これは調べ学習における発表者と補助者に置き換えても良いと思います。また、野球におけるピッチャーと外野に置き換えてもいいです。教師として当然の配慮ですよね。でも、そうかな?

 学級崩壊しているクラスイジメは起こりません。荒れた学校では、不登校は生じません。いずれも現職の先生から教えてもらった格言です。これはイジメも、不登校も結局、教師に権力があるとき起こることを示します。つまり、イジメ不登校も教師が原因です。でも、イジメを生じたクラス不登校を生じたクラスのいずれにおいても、教師は大抵は善意の人です。その善意の人のクラスイジメ不登校が生じます。それは善意が原因となっているからだと思います。例えば、上記の例の場合、暗黙のうちに「実験操作=偉い」、「器具運び=偉くない」と考えています。そのような前提の元の配慮なのですから、子どもにもそれが伝わります。つまり、「実験操作=偉い」、「器具運び=偉くない」と子ども達も考え始めます。教師がルール作りをしたとしても、結局、 特定の子どもが器具運びをすることになるかもしれません。そうすれば、「その子どもは=偉くない」ということになります。そのようなことになれば、イジメの温床となることは容易に想像できます。結果として、不登校になるかもしれません。逆に、その子が反発して不良になるかもしれません。ではどうしたらいいのでしょうか?

 学校教育目的は、人と人とが関わり合うことを経験する場を提供することです。実験操作であれ、器具運びであれ、そのグループでの実験での共同作業の一つであると考えれば、優劣はありません。そう信じれば、子どもに伝わります。その上で、みんながともに高まることを求めれば、そのグループの中で適切な役割分担(その中にはローテーションも含まれます)が生じます。その最適な形態はグループ毎に違います。それを教師が判断することは出来ません。出来るのは、子ども達だけなんです。

 私は、イジメにせよ、不登校にせよ、その原因の大部分は、学校教育の時間の大部分を占めている教科学習の時間であると確信しています。そして、その解決策は小手先のテクニックではなく、学校教育とは何かという考えなんです。

[]脱帽 18:03 脱帽 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 脱帽 - 西川純のメモ 脱帽 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 最近メモである「やっぱりライブ」の後日談です。この授業では、第二次大戦の単元です。その単元の教科書を理解し、与えたドリルの該当する部分を解くことを6時間で解決することをS先生は求めました。6時間をどう使うかは自由です。この前、参観したのは11月7日で6時間の4時間目に当たります。佐藤先生の最初の話は1分間であとは子ども達の活動で占められています。その様子は「やっぱりライブ」に書いたとおりです。本日ニュースが入ってきました。5時間目の時に、子ども達からS先生に、「もう十分だからテストをして欲しい」という声があったそうです。みなさん、このような小学生想像できます!?そして、彼らのテストの平均点は100点満点の97点なんです。クラスの大部分は100点満点で、最低点が90点です。言うまでもなく、そのクラスにおいても「気になる子」はいるんです。学び合いの凄さをよく知っている私も脱帽です。でも「やっぱりライブ」で書いたとおり、大学生と思うような議論を深めている子ども達に、小学校テストをやったんですから、上記の結果も当然とも言えます。

 彼らはテストの点数を上げる勉強をしたのではありません。彼らは、みんなで理解することを求めたのです。その姿は、学力の向上と心の成長が融合した姿です。すごい、すごい。その姿は「学びの殿堂」に公開しています。

追伸 http://blog.goo.ne.jp/makine44/e/4fa97501eda16b595e8d7a77dd65b662 も見てくださいね。