西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/10/25(水)

[]選択権 18:38 選択権 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 選択権 - 西川純のメモ 選択権 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 本日、私の所属するコースで、卒業研究研究室所属のルールが議論されました。

 色々のメモにも書いたように、私は、常に学生さんの選択権を確保する立場で論をはります。例えば、私の授業を聞きたい人には、聞かせたい。私の研究室に所属したい人には、所属させたい。逆に言えば、私の授業を聞きたくない人には、聞かなくていいようにしたい。私の研究室に所属したくない人には、所属しなくていいようにしたい。全ての学生さんが、自分にあった授業、研究室を選択出来るようにしたいと思います。

 今回の議論で焦点となったのは、各研究室の所属人数に上限を設けるべきか否かです。私は、上限を一律に課すことに反対しました。かつて所属したコースでは、そのような上限を一律に課していました。その結果学生さん同士の人間関係が悪くなるのを見ていました。だから、絶対に反対しました。さて、その議論の中で、「あまり多くの学生が所属すれば、質の低下は免れない」という意見が出ました。学生に対して、一定の質を保証したいとの気持ちからの意見です。ただちに「私の研究室には1学年5人が所属しています。4年生は5人のうち、4人が2次試験まで合格内定を受けています。また、いままでにおいてもゼミ生の研究は、学術論文学会発表で、高い評価を得ています。従って、私の研究室に関しては、人数が多いからということは問題有りません。しかし、各研究室には事情が色々ですので、上限を設ける研究室はあり得ると思います。しかし、全員にそれを課すのは反対です。」と主張しました。本コースの先生方は、学生のことを思って判断する方々ばかりです。直ちに了解していただきました。

 ということで、もし、学習臨床コースの研究室で、多くの学生さんが特定の研究室希望し、それが叶えられたとしたら、それは我々のゼミ生の実績の成果であると、誇っていいと思います。

追伸 会議で大見得をきったとき、誇らしかった。

追伸2 いずれにせよ、研究室決めの面談では、「怖いよ~、恐ろしいよ~、大変だよ~」を連呼することになると思います。