西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/10/23(月)

[]開眼のきっかけ 18:40 開眼のきっかけ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 開眼のきっかけ - 西川純のメモ 開眼のきっかけ - 西川純のメモ のブックマークコメント


 わがゼミのKinさんの仲間にH先生という先生がいらっしゃいます。KinさんがH先生に「学び合い」を伝えていたのですが、どのように目標設定するべきか、悩まれたそう。その先生家庭科の調理実習で学び合いを実践され、開眼されたそうです。それをKinさんから聞いて、なるほどと思いました。家庭科の調理実習は学び合い に開眼するには最適な単元だと思いました。

 理由は目標の設定が、分かりやすいからです。学び合いが成立するためには、「何のためにやるのか」と「どういうことをしなければならないのか」という目標の設定が必要です。前者に関しては、学校教育とは何か(なぜ学校に行かねばならないか)をちゃんと語らなければなりません。後者に対しては、今までの考え方を捨て、子どもたちにストレート目標を語る必要があります。これが出来るには、子どもが有能であることを確信できなければなりません。それが出来ないと、おせっかいなことをしはじめます。

 家庭科の調理実習では、「食べる」という至極、分かりやすい学ぶ意味があります。学校教育レベルで語らなくても、子どもが納得してくれます。また、「おいしい」という判断をすべての子どもが出来ます。例えば算数の場合、すべての子どもが出来たか、出来ないかはわかるとは限りません。これを乗り越えるのは子どもたちの学び合いが必要です。それが成立する前は、答えを子どもに渡すことが有効です。ところが、答えを分からないように、教科書をしまわせる先生がいるほどですから、抵抗が大きいです。ところが家庭科は、そのようなことをしなくても全員が判断できるのです。

 Kinさんから家庭科実習の話を聞いたとたん、上記のことを理解し、なるほどと判断しました。これを是非、広めたいと思いました。そこでKinさんを通して、H先生からより具体的な姿を教えてもらいました。 以下がそのメールです。いろいろな方より知恵を授けていただけることを感謝しています。

 『初めまして。突然のメール失礼いたします。埼玉県公立小学校教諭のHと申します。Kin先生と同じサークルで刺激を受けている者です。先週家庭科の授業を行いました。これまでにKin先生に教えていただいた「学び合い」のつもりです。

調理・・・味噌汁

調理中私が、クラス全体に言った言葉は以下の通りです。

1「おいしい味噌汁を作ります。2時間目が終わるまでにきれいに片付けてください。」

2「包丁は、ふきんにくるんでもって行きます。」

3「味噌煮干は、先生の所で渡します。必要な量を言ってください。入れ物も持ってきてね。」

4「煮干は、30分くらい水に浸しておいてから調理を開始します。」(これは、教科書に書いていないため。)

このくらいだったと思います。

●時間

 味噌汁作りでは、2時間だと思います。30分だしを浸す時間があるので。ほかのクラスは、朝来たときから浸し、1時間目で終了したところもあります。実質2時間です。

●安全面

 包丁の使い方やガスの使い方は、1学期にすべて指導してあります。湯が沸騰してお鍋が空っぽに鳴ると危ないので、見て回りました。

○班に声をかけたこと

 二つの班が「だしをとる」と教科書に書いてあったので、文字通り煮干を火にかける前にだしを取り出してしまいました。「ほかの班見たあ?」と声をかけました。

 油揚げの「あぶらぬき」が書いてあることに気づいた班が二つありました。「よく気づいた!」とほめました。しかし、油揚げに湯をかけるのではなくてお鍋の中に入れたので、「教科書見たあ?」と声をかけました。

○広がる情報

 味噌の計量方法が難しかったようです。計量スプーンに「すりきり」もって行く子がいました。それを見て次々とすりきりをまねしていました。

煮干はらわたと頭を包丁で切っている班がありました。一つの班に教えました。「ほかの班にも教えてくれば?」と言っておきました。

子供が「見て学んだのだろう」と私が判断したこと

 調理後の授業での感想です。「揚げ玉を入れたのが早すぎてべちゃべちゃになってしまいました。」・・・味噌汁に揚げ玉を入れる班があったのです!もう一つのコンロでほかの二人が揚げ玉を使っていました。明らかに様子が違います。こちらは、ちゃんとみそしるらしくサラッとしてました。

 「わかめは、やっぱり切るんだったみたいです。」・・たぶんわかめを「水に浸す」ところまでは、ほかの班を見てわかったのかもしれません。でも、切るところまでは見なかったようです。(ほかの班は、カットわかめを使用していたせいかな?)

 私は、すべての班の味見をして、最後にコンロ周り、ガスの元栓をチェックして終わりました。とても楽な実習となりました。』

 認知心理学のごく初期の研究(たしかバウワー)によれば、我々は失敗によって学ぶことは出来ないそうです。学び取れるのは、成功からです。なぜならば、失敗した場合、何が失敗の原因か特定できない一方、成功した場合は、何が成功の原因であるかを特定しやすいからだそうです。

 一度、学び合いを経験すれば、本当に子ども達が主体的になると言うことはどんなことかが分かります。そして、そのためには今まで後生大事にしていたものが殆ど必要ではなく、むしろ、今まで大事にしていなかったことが大事であることに気づけます。

[]Y小学校 18:40 Y小学校 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Y小学校 - 西川純のメモ Y小学校 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 学校として学び合いに取り組んでいるY小学校に行きました。到着早々、駆け足で各クラスを参観しました。ポイントは、いわゆるグループ学習か、学び合いになっているかです。両者の違いは、教師が方法までも制限を加えているか、いないかです。学び合いになっていれば、ゴチャゴチャしています。見え方とすれば、学級崩壊クラスのようです。しかし、ちょっと見れば、子ども達がつねに学習課題を中心としており、課題から離れていないことが分かります。次に、そのクラスで一番出来る子の行動です。また、班を構成している場合、班を越えた情報の交換があるか否かです。このような見方をすれば、3分ぐらい見れば、学び合いが成立しているか、いないかがハッキリ分かります。

 私の見立てでは、全18クラス全てが学び合いを指向しています。そのうち、9クラスはハッキリと学び合いになっています。のこりの9クラスのうち6クラスは、本当にあとちょっとで学び合いになりそうです。もっと高い課題を与え、もう少し教えたいという気持ちを抑え、逆に、子ども同士の関わりを高めることに気を向ければ大丈夫です。

 凄い学校だと思います。ただ、学び合いを出来る方が、自分の実力を過小評価しているようです。子ども達が学び合いで凄い力を出しており、それを成り立たせているのは、その先生なのに、そのことを過小評価しています。以前のメモに書いたように、学び合いに関しては、○段とか、○級などのランクはありません。学び合いには出来るか、出来ないかの二段階だけです。出来る方は、十年以上前より出来る方と同じパワーを持っています。出来る先生方がもっと自信を持って、お互いにネットワークを組めば、「直ぐに」凄いことが出来ます。

追伸 西川研究室メンバーで職員集団を構成したら、凄い学校が出来る、と私は毎年思います。職員集団が集まれば、とてつもない望みを語り合い、それが次の日には実現できます。自分の実践を気持ちよく自慢でき、他の人の自慢を気持ちよく聞け、そしてそれを生かすことの出来る職員集団です。西川研究室院生さん、そして学生さんだったら、そんな職員集団を作れるのにな~と確信しています。それが、この学校では、あとほんの少しで実現できると思います。そんな学校を実現するには、学び合い大学院で実践したOB管理職になるまでは、出来ないかな~と考えていました。しかし、私の予想より10年ぐらい早く実現できそうです。

 考えたら、当たり前かもしれません。学び合いは、我々が発見したものではなく、心ある教師がたどり着く一つの必然です。それと同じように、学び合いを主軸にした学校づくりは、我々の専売特許ではなく、心ある校長のたどり着く一つの必然だと思います。幸運だったのは、そのような校長と、我々が出会えたことです。