西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/10/21(土)

[]エプロン拒否記念日 18:43 エプロン拒否記念日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - エプロン拒否記念日 - 西川純のメモ エプロン拒否記念日 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 今年の9月頃から食事の際にエプロンをしなくなりました。親として一念発起してエプロンを付けなくなったわけではありません。最近エプロンを汚さなくなったので、「まあ大丈夫だろう」程度の気持ちでエプロンを付けないときがあり、それがいつのまにか多くなり、いつのまにか全く付けなくなったという過程です。本日の朝、昨晩のハヤシライスを食べました。さらに、息子の服は明るい色です。そのため、この服を汚されてはたまらん、ということでエプロンを付けようとしました。ところが、息子が断固拒否します。理由を聞くと、「もう、お兄ちゃんなんだから!」と言います。その主張に従って、エプロンは断念しました。でも、我々夫婦の視線は常に息子の服に行き、「あ~、つきそうだよ~」と注意しまくっていました。そこで、エプロン拒否記念日としました。

[]すごい、すごい 18:43 すごい、すごい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - すごい、すごい - 西川純のメモ すごい、すごい - 西川純のメモ のブックマークコメント


 最近研究室メンバーのパワーが凄い。少なくとも、学部3年、4年、学卒院生のパワー総量の凄さは、西川研究室過去で最高ではないかと思います。学部4年と現職院生の凄さは歴代でも凄かった。そして今年も凄い。でも、学部3年と学卒院生の凄さは、今までに経験したことがないほど、と感じます。相当高い目標(おそらく他研究室だったら修士論文相当)の課題を与えても、それを軽々とこなしています。さらに言えば、実にセンスがいい!我々の学び合いがしっかりと分かっています。従って、課題のポイントが実に凄い。悔しいので彼らの前では、そんな顔をしていませんが、驚いています。

 何故なんだろう、と考えました。色々あるでしょう。大きな原因としては久保田研究室存在があります。方向性が同じで、異質な集団と関わることは実に意味があります。そのため、西川研究室の集団全体としてのパワーが上がっています。学部3年と学卒院生のパワーもその中で上がったのだと思います。学部3年、また、学卒院生に何かしたのでは起こりえない変化です。やはり集団の力だと思います。そして、もう一つあります。今年の学部3年と学卒院生は、現職院生さんの学び合いの実践研究の「ライブ」を見に行っていることです。「ライブ」は本当に凄い感化力があると実感しました。本で書いていること、ゼミお茶室で議論していること、その実際を知ることが出来ます。そして、その本当の姿を知ることが出来ます。来年度以降、是非、彼らに課すべき課題だと思いました。まあ、私がゴチャゴチャ言わなくても、彼らが文化を伝えるでしょう。

 とにかく凄い、と思います。

[]イジケル 18:43 イジケル - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - イジケル - 西川純のメモ イジケル - 西川純のメモ のブックマークコメント


 久しぶりに時間があったので、全体ゼミにいこうかな~、と思っていましたが、Kanさんが「来なくても良いです」に言われました。ちょっと悔しくて、行くのをやめました。ちょっとイジケて、来年度に向けての書類づくりをして、それを大学本部に持って行って相談をしていました。それらが終わった頃、ゼミ生の控え室に行ったら、学部ゼミがやっていました。実にレベルの高い議論が交わされていました。その議論を心地よく、横で聞いていました。ちょうど横にいたKanさんがいたので、「来なくても良いよ」と言われたので行かなかったよ、と言いました。Kanさんが、「先生、いじけました?」と聞きました。曖昧笑顔を返したら、「先生、全体ゼミに出ても良いですよ」と言われました。ちょっぴり嬉しかった。でも、冷静に考えれば、自分の研究室ゼミにでるのに承諾がいるなんて・・・・。でも、これが我々の自慢です。