西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/10/11(水)

[]嬉しかったこと2 18:53 嬉しかったこと2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 嬉しかったこと2 - 西川純のメモ 嬉しかったこと2 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 先のメモを読んだ院生さんより以下のメールを頂きました。

 『直接話すのも口はばったいのでメールします。4年生諸君、ほんとうによくやっていますよ。何より彼らは真剣です。そして、「みんなが」卒業研究を達成するためによく相談をしています。まさに学び合いを具現している集団です。ゼミでも、○月○日までにこれぐらいの成果はあげておかないと・・・という話を、かなり厳しい条件で言っても非常に前向きな回答しか返ってこないので、正直日々驚いています。研究は自分達のために自分達の手でやるものという極めて当たり前で、それでいて難しい意識があるのだと思います。「君達よくやってるね。感心するよ。」と4年生に話したところ、Mから返ってきた返事は「私たちはただ卒業したいだけです。」でした。さすがです。今のペースでいけば、評価者としての先生仕事は、11月17日の4年生のプレゼン発表を見て、ぽろぽろと涙を流すだけで十分な気がしますよ。細かいところはゼミで何とかしますから、先生は寂しさを感じつつ涙の準備だけしておいて下さい。』

 ということで、今日あたり「現状のレポートを出して、私に説明せよ」という指令を出し、評価を入れることを考えていたのを中止します。11月17日に感激の涙を流す準備をするだけです。その日は、4年生の評価であると同時に、我がゼミの評価をする日です。

[]いらない 18:53 いらない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - いらない - 西川純のメモ いらない - 西川純のメモ のブックマークコメント


 今年の夏に3泊4日の西川研究室洗脳ツアーに来られたのはIさんとFさんです。Iさんよりは先だって自慢メールを頂き、メモで紹介(自慢)しました。本日、Fさんからも自慢メールを頂きました。タイトルは「かなしけど、うれしいことがありました。」です。

 『○○です。本日子どもたちに授業についてのアンケートに答えてもらいました。その結果,級友と協力して学習に取り組むことの方がみんなで一斉に授業をするより「わかりやすい」と答えた子どもの割合が94%でした。また,教師の説明より友達と話をした方がよくわかるようになると答えた子の割合が8割以上でした。

 その理由も「多くの考えを知ることができ楽しい

 「説明がわかりやすくなり自信がもてる」

 「自分が説明するのでよくわかる」

    などなどでした。

 やはり,私はいらないということかもしれませんね。

 今日の5年生の授業では,発表をしてもらったところ私の存在を忘れ去って子どもたち同士で白熱の議論をしていました。その後,静かに聞いていた子にまとめてもらいました。ほかの子は,「納得!」という顔をしていました。

 コーディネートするという意味が何となくわかってきました。

 授業って楽しい最近ますます思えてきました。』

 私の返信は以下の通りです。

 あはははは

 「やはり,私はいらないということかもしれませんね。」は違いますよ。

 約3年前のことです。学部生が私と関係なくゼミをしています。学部生に「私と関係なく、これだけゼミが出来るんだから、私いらないよね」と聞きました。ある子が「そ~だ~。先生いらないや」と言いました。すかさず別の子が、「何、言っているの。先生がいなかったら、○○なんてさぼり出すジャン」といいました。その子も含めて全員で納得していました。

 毎日、毎日の学び合いに関して、教師は必要ありません。しかし、1ヶ月、1年問いうスパンで考えるとき、教師は絶対に必要です。長期的に、ある方向性を集団(全員である必要性はありません)に与えることが出来るのは教師だけです。

 そろそろ、もっと高い課題を与えていいんじゃありません?

 ○○さんが絶対に無理だと思うようなことです。

 それを子どもたちが軽々とこなし、自分が思いもよらない高見に達することを学び、自分の愚かさを笑うんです。

 教師のロマンですよ!