西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/10/04(水)

[]スカイプ大作戦 22:13 スカイプ大作戦 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - スカイプ大作戦 - 西川純のメモ スカイプ大作戦 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 スカイプというTV会議システムは本当に便利です。と、本メモで宣伝したら、H県の小学校から、スカイプを通じて学校研究授業の支援の申し込みがありました。その学校は以前に講演におじゃまし、その熱意は十分に分かっているので、二つ返事でOKです。スカイプを通じての学校支援をテーマとしてるSさんに直ちに指令です。SさんはS県の現任校で実践研究中です。ということで、H県とS県と新潟スカイプで結びました。まず、数日前に機器の接続テストです。1対1の接続は何度もしましたが、(1対1)×2の接続は初めてですのでテストしました。快調です。本日の10時半より、H県の学校での授業をS県のSさんと、新潟県の私と西川研究室院生さんと見ました。その後、Sさんとスカイプで協議しました。そして、15時に3県を繋いで授業検討会を1時間半行いました。実に充実した研修を行うことが出来ました。

 本実験を通して、スカイプの可能性が広がりました。課題としては、1対1の面談と違って、相手方のマイク、こちら側のスピーカーを用意すべきことが分かりました。でも、遠く離れた学校の授業研究を支援することが、こんなに簡単にできることにビックリしました。

追伸 スカイプを通じて一緒に見てもらった院生のSさん(G県派遣院生)は、「先生、これって講師派遣料は発生するんですか?」と聞かれました。その質問の意図が分からなかったので、キョトンとしましたが、「もちろん、発生しないよ」と言いました。そうすると、「これって、美味しいですよね」と言いました。それを聞いて理解しました。私が遠方に出張して、講演等をすれば旅費・講演料などで、かなりの高額な講師派遣料が発生します。でも、遠方の出張は2、3日の時間を潰すのですから・・・。一方、スカイプの場合は日常の仕事を大幅に潰さずにすみます。学校の取り組みとして、十分の熱意のある学校だったら、今後も是非やりたいと思いました。

追伸2 ただし、これを利用するためには、その学校教育委員会が、小役人根性丸出しのセキュリティポリシーを言い出さないか、それがあっても、それに対してちゃんとものが言える管理職学校であるか、いずれかであることが前提です。