西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/08/30(水)

[]姑息 08:35 姑息 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 姑息 - 西川純のメモ 姑息 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 昨日は埼玉県先生が、我々の研究室に学びに来ました。色々と相談に乗りました。我々の実践ビデオを見て、理解して頂けましたが、自分自身が確実に出来るか否かに関して不安を感じていました。まあそうでしょう。今までの教育観と180度違う考え方なのですから。そこで、より確実にするため、子どもたちに我々の仲間の実践ビデオを見せたら、と考えました。つまり、学び合っている姿を子どもたちが見れば、よりスムーズ移行できると考えたからです。それを提案すると、現職院生Kanさんは、思いっきり軽蔑したような目で、「そんな姑息なことをしなくても子ども学び合います」と言われました。大笑いして、その案を引き下げました。

 前のメモにも書きましたが、我々の学び合い研究は10年弱の歴史があります。そして、毎年、驚異的な進歩を遂げています。ごく初期の段階では「自己モニター」という手法を開発しました。簡単に説明すれば、自分たちの会話の様子を自分たちで記録し、それを聞き直すという、全部で15分ぐらいの手法です。それまでのグループ学習の手法に比べれば、驚異的に単純な手法です。何故、そのような手法を考えついたかと言えば、子どもたちは学び合う能力をもっていると確信しているからです。しかし、今考えれば、「姑息」なことです。現在では、そんな手法は全くいらないことを我々は理解しています。そんなことをしなくても、学ぶ意味をちゃんと語ることが出来れば、子どもたちは誤り無く学び合うことが出来ます。

 本日も最悪の状況の学校でも学び合いは出来るか、という質問を受けました。実に率直なご意見だと思います。 参加して頂いた先生方の多くが感じたことを代表した質問を感じました。ところが、我々にとっては、そんなこと心配ないことは自明です。少なくとも、最悪の状況を、より良くする最善の方法であることに関しては、120%の確信があります。でも、これって伝えようがないんです。例えば、明日も一桁の計算が出来るだろうか?と問われたらどうでしょう?そりゃ、本当のところ は明日にならなければ分かりませんが、どう考えても出来るだろうと考えます。説明したとしても、煎じ詰めれば、そんなの簡単だと知っているからです。一度、学び合いを経験すれば、我々が何故、そんなに自信を持っているかが実感として分かるはずです。大抵の先生方が教えているクラスは最悪の状況ではないと思います。だから、心配するより、とにかくやってみることです。一度分かれば、我々の自信が何であるか分かるはずです。それを実感しているKanさんは、私の老婆心姑息に見えたのだと思います。

追伸 本日講演会の後に、帰りの電車に乗るために駅へ車で送って頂いた先生から、学び合において教師がやるべきことは何か?という質問を受けました。私は、説教と感激・感謝であると答えました。これこれしなさい、という方法のレベルのことを教師は語る必要はありません。しかし、何のために学ぶのか、というレベルのことはしつこく説教すべきです。そして、道に外れた行為が見られたとき、クラス全体(道に外れた行為をした子ではありません)に説教すべきです。この説教は、必要がある場合、何度でも語るべきです。そして、もう一つ必要なのは感激・感謝です。これは褒めるではありません。褒めるは、自分のレベルに達したことを、教師が上から語ることです。感激・感謝は、子どもが自分を乗り越えることをし、それによって自分が学べたことを感激・感謝することです。これは大事です。昨日は、Kanさんから「姑息」と言われたことを感激・感謝しました。

追伸2 上記に関わらず、ごく初期の本である「学び合う教室」あたりから、順を追って読むのが一番いいと思います。最近の本は、平均的な先生方の常識からぶっ飛んでいますから。順を追っていくと、現在の我々が何故あるかが分かります。今までの本の中で一番大事なところはどこかと聞かれれば、おそらく、それは「学び合う教室」の第1章と第6章だと思います。現在までの研究は、そこに私が書いたことの意味の深さを、私自身が再確認するものだとも言えます。最初に我々が定めた方向性は、今でも正しい。その正しい方向性を、何故、10年弱前に定められたのか奇跡に近いものがあるように思います。今読み返しても、「学び合う教室」に書いたものは、今でも正しいと確信しています。ただ、今の我々は、その本に書いたことの本当の意味が何であったかを再発見しています。

[]次元 08:35 次元 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 次元 - 西川純のメモ 次元 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 本日、ある先生から、我々の学び合いと、「様々な教員研究団体、高名な実践者の方法論」との関係を聞かれました。私は「次元が違います」と応えました。

 書店に並ぶ様々な実践書に書かれている手法は有効であると思います。しかし、同時に、全ての子どもに有効というわけではない、ということに確信を持っています。だから、我々は、その手法は教師ではなく、子どもに提供し、子どもが選択すべきだと考えています。我々が求めているのは、教師にクラス校長たれ、子どもクラスの教師たれ、と求めています。様々手法の是非は議論するつもりはありません、それは子どもが決めるであろうと思っています。つまり、考えている次元が違うのです。

 ただし、おそらく世に流布している手法の圧倒的大多数は、多くの子どもは選択しないであろうことも知っています。彼らにその種の手法を提供すると、しばらくはもの珍しげに使ってみます。しかし、トライエラー結果として、それを使う子どもは殆どいなくなります。そして最も多くの子どもが選択する教材は、他者なんです。だって、人間以上の判断力・パターン認識力のある教材なんてあるわけ無いのですから。最高に優れた教材であっても、クラスの一部が利用するにとどまるでしょう。一度、一部の子が学び取ってしまえば、その子に聞く方が「絶対」に楽ですから。

追伸 何度も書いていますが、手法や教材に拘ってもきりがありません。我々は最善の手法や教材を開発しようとは思えません。我々は「最善の手法・教材は何か?」とう質問から出発しません。我々は、「だれが、その子にとって最善の手法・教材を開発できるか、もしくは、選択できるか?」という質問から出発します。我々の答えは「その子」なんです。

[]赤いバラ 08:35 赤いバラ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 赤いバラ - 西川純のメモ 赤いバラ - 西川純のメモ のブックマークコメント


 本日、講演がありました。その講演会に関連して、お世話頂く先生から、以下のようなメールをいただきました。

『30日は、新津駅改札でお待ちしています。改札は1つしかありません。西川先生を見逃さずに会えるとは思いますが、念のため、西川先生という紙を持ったほうがいいでしょうか?それとも昔の映画のように赤いバラでも持っていた方がいいでしょうか?(笑)』

 私は、その必要はありません、ニコニコして私に近づいて頂ければ分かります、と答えました。本日新津駅の改札口にいくと、ニコニコして私を見ている方がいらっしゃいました。その手には、照れながらも赤いバラありました。それを見て、一瞬間があり。そして、改札口に響き渡る大笑いをしました。私はこの種の遊び心が大好きです。本日、一番の大受けです。

 家に帰って、家内に話したら、家内も大受けでした。