西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/04/29(土)

[]テレビ会議 12:55 テレビ会議 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - テレビ会議 - 西川純のメモ テレビ会議 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 最近、我が教え子にして同僚のKさんより「スカイプ」というテレビ電話システムを教えてもらいました。久しぶりに興奮しました。何故興奮したかと言えば、それが安価・簡単で実現できるテレビ電話だからです。とてつもない可能性があります。早速、遠方の現任校で実践研究をする院生さんに導入することを勧めましたが、反応がいまいちです。まあ、想定内です。だって、毎週、私のニコニコした顔で「期待しているよ」を言われるとたまらないと思っているに決まっています。

 テレビ電話システムは、本当に色々な可能性があります。ちょっと考えれば、面白い可能性がいっぱいあります。メールやりとりしている全国の真面目な先生テレビ電話が出来るのですから、ワクワクします。遠方の院生さん、また博士課程の院生さんがテレビ電話で全体ゼミで参加できるんです。ワクワクです。

追伸 どなたかテレビ電話しません。ビックリするほど、安価で、簡単にできますよ。

[]記録 12:59 記録 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 記録 - 西川純のメモ 記録 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 我々の研究室では、全ての子どもの、ごく普通の授業の様子を記録し、分析します。当たり前のようですが、普通教育研究の場合は、少数の子どもの、練りに煉った授業の様数を記録します。両者を比べると、記録する手間、分析する手間は、雲泥の違いです。でも、我々はその手間のかかる方法を採ります。何故なら、宝はそこにあるからです。

 本日、夕食を終わって、歯磨きが終わってから、息子がニコニコしながら家内に「なんで、おかあさんはかわいいの?」と聞きます。聞かれた家内はきょとんとし、しばらくしたら照れていました。家内との会話の後、「ドコドコドコ・・・・・」(太鼓を鳴らしているつもり」「ジャーン、世界で一番美味しい料理を作れる人は・」、「西川○○さんです」と家内の名前を言います。そして「いつも美味しい料理ありがとう!」と言って、家内にチューをします。それを聞いてびっくりして、そして、喜んでいる家内を見て、私はボロボロ涙を流して嬉しく思います。

 息子は寝るときに、家内の枕と、私の枕を自分の枕にくっつけ「連結列車だね」と言います。それを毎日言います。お休みなさいの儀式もあります。その合間合間に、毎日、毎日、驚くべきエピソードを織り込んでくれます。ビデオ家族旅行のようなイベントの際に記録します。しかし、本当の宝は、毎日毎日の息子の姿にこそあると思います。

追伸 毎日、教えていないことを、息子が連発します。本日、私の本のキャッチコピー「暇な先生は読まないでください」とう部分を見つけ、私に「これっておとうさんがこんぴゅーたでつくったほん?なぜ、ひまなせんせいはよんではいけないの?」と聞きました。そこで、私は「暇な先生が読んでも、意味が分からないからだよ」と、説明しました。その後で気づきました「暇」という言葉を教えていないのに、彼は読んでいました。不思議だ~