西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/04/22(土)

[]謹聴 13:02 謹聴 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 謹聴 - 西川純のメモ 謹聴 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 禅の世界では「公案」というものがあります。簡単に言えば、問題です。そして、問題集というべき公案集は古来より禅の世界ではあります。ただ、この問題は本来、正答というものがありません。そして、その答え方は千差万別です。しかし、そのことを理解しつつも、公案という問題が存在し続けています。それは、その問題にどのように答えるかで、答える人の考えていること、レベルが分かるからです。

 先だっての金曜日の全体ゼミで、「学び合い目標とすべきか?」という我が研究室における公案と言うべき問いをみんなに発しまし、多種多様な発言がありました。その場において、ニコニコして、話したげで、でも発言しないTがいました。その際のTの微笑みは謎です。何を考えているだろう・・と思うと、好奇心がわきます。そのTからメールが来ました。以下の通りです。

 『金曜日の全体ゼミでの西川先生からの質問ですが,学びあわなければならない高い課題を与えることは悪いことだとは思いません。しかし,その課題設定による学び合いが教師側からの強制ではなく,子どもが学びたいと思う課題設定をしなければならないと思います。はじめの学び合いが強制ケース(学び合い必然性を持たせているので)だとすれば,次からの学びあいは教師と子ども,課題を解決しようと思う子どもの任意の合意ケースでの学び合いでなければならないと思います。もちろん,学び合いから外れてしまう子どももいると思いますが,学び合っている子ども達の何らかの働きかけにより,外れがちな子ども達も学びあいに参加していくのではないかと思います。データを取ったり,見たりしたことがないのでよくわかりませんが,ここ2,3日間考えた答えです。』

 公案は、「そもさん」と問われ、説破と答え、その内容が優れたものだった時、聴衆から「謹聴~、謹聴~」と声が出るものです。ニコニコしている学部生のTが、これだけのレベルの答えを出しました。

追伸 きっと金曜日の段階に、この基本は思い描いているはずです。だったら、その場で言えばいいのに~。おそらくTは、「そのころは良くまとめられませんでした」と言いそうですが、でも、未成熟なアイディアみんなとともに作り上げるのが、我々の目指している姿の一つだよね。