西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/04/05(水)

[]脱皮 13:10 脱皮 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 脱皮 - 西川純のメモ 脱皮 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 学者生活は20年になります。それまでに、何度か脱皮を繰り返しました。まず、最初は東南アジアの比較教育でした。大学院入学当初は、青年海外協力隊に行きたいと思っていました。そこで、発展途上国理科教育研究したいと思っていました。そこで、経済発展と教育に関する本、また、東南アジア教育関係する本を買いまくりました。しかし、その後、アンケート調査研究シフトしたため、統計学の本、コンピュータの本を買いまくりました。また、修士論文テーマが、工業高校理科だったので、技術教育の本を買いまくりました。また、概念研究だったので、心理学の本を買いまくりました。大学院時代の友人からは、「西川神保町本屋街)に行くと、ぺんぺん草も生えなくなる」と言われるほど、買いまくりました。その後は、コンピュータハードに興味が移り、その関係の本を買いまくりました。そのころは、毎日、厚手の本を1冊以上読み切ることを自分に課しました。読み終わった本は、それこそ「山」のようでした。学者生活をしてからも、そのような習慣は続きます。自分が研究したいというテーマに関する本を、とにかく買いまくります。と、こ、ろ、が、大学院の頃に比べて時間が無くなったので、相対的に「積ん読」が多くなりました。その当時の専門である理科教育学の本はもちろん、認知心理学の本を買いまくりました。

 今から、8年前頃から認知心理学理科教育学から脱皮し、今のような研究シフトしました。そして5年前に、それまでの本、つまり、東南アジア教育の本から認知心理学の本を箱詰めして、物置にしまいました。それから5年たちますが、封入した本を見直す必要性は全くありません。

 最近、T先生の部屋の整理を手伝って、本の整理をしなければならないと感じました。そこで、決意して整理にかかりました。まず、理科教育に関する本ですが、これは同僚となったKさんにあげることにしました。今後も理科の授業を分析しますが、「理科」という内容に拘る研究ではありません。そちらは、かってはT先生担当していましたし、今後はKさんが担当することになっています。その他の箱に入った本は3つに分かれます。第一は、手元に残しておく本です。それらは大学時代、何度も、何度も読み返した思い出の本です。一番多いのは、学部に読んだ数学の本、ついで物理学の本です。大学院時代は、ピアジェガニエ、オーズベルあたりの心理学の本、統計学の本、コンピュータの本です。これらは大きな箱一つにまとめられます。第二は、ネットで売れる本です。第三は捨てる本です。このような整理によって、この二日間で、大部分の本を整理することが出来ました。

 整理して思いました。家では家内に、「とりあえず使わないものは捨てるべきだよ。日本で一番高価なのはスペースなんだから。どうしても必要だったら、もう一度買えばいい。まあ、その必要はまずないと思うけど」と偉そうなことを言っています。でも、考えてみれば、家内以上に、ものをため込んでいたのは自分だったと反省しました。

[]アレグロ 13:11 アレグロ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - アレグロ - 西川純のメモ アレグロ - 西川純のメモ のブックマークコメント


 2週間ほど前に、試しにCDステレオに入れる方法を息子に教えてみました。無理だと思っていましたが、意外にもすんなりと使えること判明しました。それ以来、息子は自分でCDを入れて曲を聴いています。

 今日の朝、息子が「モーツアルトのアレグロはどこ?」と聞きます。キョトンとしていると、何度も聞きます。どうやら、自分が気に入っているCDが見つからないので私に訴えているようです。彼に選ばせると、交響曲28番が入ったCDを選びました。それをステレオに入れて、じ~と聞いています。そのため、今日の朝はテレビを見ることが出来ませんでした。どうやら、最近モーツアルトはまっているようです。私もクラシックは好きでしたが、そもそもの最初は学校で聞いた「ペルシャの市場ににて」であり、その後は「禿げ山の一夜」や「スラブ舞曲」などの分かりやすい曲から入った覚えがあります。交響曲国民学派から入りロマン派を経て、古典派のモーツアルトに至りました。しかし、それでも41番のジュピターあたりから入りました。ところが28番が好きなんて、そうとう渋い幼稚園児だと思います。私はその後はワークナー、ブルックナーを経て、メシアンブーレーズのような現代クラシック、そして、現在は室内曲が好きです。

 そう考えると、もしかしたら来年あたりは、ブルックナーの5番を聞くのかも知れません。しかし、メシアンのトゥーランガリラ交響曲を好んで聞いていたら、ちょっと怖い気もします。