西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/04/01(土)

[]山崎先生の教え子達へ 13:13 山崎先生の教え子達へ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 山崎先生の教え子達へ - 西川純のメモ 山崎先生の教え子達へ - 西川純のメモ のブックマークコメント


 本日山崎先生ブログを見たら、このページにリンクを張ったことを知りました。ということで、もしかしたら、これを見てくれるかもしれない、ということで、ごあいさつします。今日は!

 私は大学先生をしています、西川と言います。大学には、学部と大学院というのがあります。小学校中学校高校卒業した人が行くのが学部で、それを終わった人がもっと学びたい人が入学するのが大学院です。大学院には22、23歳ぐらいの人が行くだけではありません。大学卒業し、先生になった人が、もう一度、自分を高めに入ります。私は、その両方で先生をしています。

 日本には素晴らしい先生がいっぱいいます。とても忙しく、それでも駄目だ駄目だと人から言われます。でも、子どもたちから、いっぱいエネルギーをもらってがんばっています。毎日の学校での経験で、毎日、自分を高めています。でも、、もっとも、もっとすごい先生になるために、毎日、毎日とは違った世界でがんばろうとする先生もいます。山崎先生もそのような先生の一人です。

 山崎先生が、どんな人であるかは、みんなが知っていることですので、ここには書きません。大学院山崎先生は、みなさんが知っている人でしたよ。一生懸命でした。小学校みんなのことを考えている人でした。そして、みなさんのお父さんと同じように、子どもを愛し、お母さんを愛している人でした。私は、そういう人の先生になれたことを誇りに思います。そして、山崎先生から多くのこと教えてもらったことを感謝しています。

 皆さんの元気は、ブログの書き込みで知っています。もちろん、ブログに書き込みはないけど、見ている人のことは知っています。山崎先生は別な学校に行きました。でも、きっと私と同じことを感じているとおもいます。皆さんの先生になれたことを誇りに思っていると思います。みなさんから多くのことを教えてもらったことを感謝していると思います。

追伸(おまけ) ふと、面白いことを考えました。私はあと19年、大学先生をすることが出来ます。皆さんが大学生になるころにも、先生をしています。もし、良い先生になりたいと思ったら、どうぞ来てください。上越教育大学は、良い先生なるための学校ですよ。もし、私の教え子になったら、山崎先生とは「兄弟(姉妹)弟子」となります。