西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/03/12(日)

[]伝統 16:23 伝統 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 伝統 - 西川純のメモ 伝統 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 本日の朝の番組で私の好きな作家が出ました。その人の本は大好きです。その人の青春時代留学の経験談が書かれた随筆は、絶品です。最近、その人の「日本という国」に関する本が88万部 も売れました。それに関してテレビで出ました。期待して聞きましたが、ガッカリでした。その人の主張の中でガッカリしたのは、二つです。第一に、「伝統は理由無く、続けるものであるので、その是非に関して議論するなど論外である」と主張している点です。第二は、「現首相によって日本は悪くなった」という点です。

 フランスフランス語を守るために外来語を拒絶する政策をしています。しかし、フランス語というのは「いつ」の時点のフランス語なのでしょうか?全ての言語は、それ以外の言葉を受け入れて成長しているものです。考えてください、日本語のカタカナで表されている言葉を、拒否して日本語は成り立つでしょうか?また、現在漢字で使われている言葉の中には、江戸から明治になる際、福沢諭吉をはじめとする文明開化の時代の先人が、外来語をもとに発明した言葉が少なくありません。現在伝統と言われる文化も、その当初は革新でした。古くは天台宗、真言密教革新でしたし、浄土宗浄土真宗、法華宗は人死にがあるほどの革命でした。能、歌舞伎落語も、出自はいかがわしい芸です。伝統を守るという主張を言う人に聞きたいのは、「いつの時点の伝統を守りたいのですか?」というです。そして、その時点が、何故、特別なのかを聞きたいと思います。人類祖先は樹上生活をしていたサルです。それが、地殻変動によってサバンナが広がり、その結果、木から下りたサルが祖先です。木から下りたサルに対して、樹上生活のサルが「数百万年の伝統を守っていない」と主張したらどうなんでしょう?馬鹿馬鹿しいことです。私は長い時間生き残ったものには、それなりの理由があり、敬意を表すべきだし、特段の理由が無ければ、それを続ける方がいいと思っています。何故なら、妥当性があるから生き残ったのですから。でも、だからといって、無思考で続けるべきとは思いません。必要があるとき、「何故、それが続いたか」そして「今後も続けるべきか」を議論することは有効だと思います。生き残る伝統は、そのような議論にも生き残るし、議論に負け一時的に失われても、次の時代に復活するはずですから。伝統とは、それほど強いものだと思います。いや、それほど強いものが伝統だと思います。

 アシモフというSFに「銀河帝国興亡史」というSFがあります。その本の中にミールというスーパーマンが出来ます。その人は凄い!だって、その人は銀河の広がる星々をどんどん征服していくんです。日本を統一する秀吉、またアジアに広がる帝国を築いたチンギスハーンというレベルではありません。しかし、興味深いのは、その人の死後、その人の行ったことは小さな揺らぎとして時代の流れの中で吸収されたとアシモフは書いています。同じようなことが司馬遼太郎にも言えます。私は司馬遼太郎歴史小説が大好きです。彼があれだけ支持されているのは、歴史を個人のスタンドプレーの蓄積として記載するのではなく、時代の必然性が一人の行動に表れたと記載している点だと思います。日本国首相出来ることなど、たかがしれています。だって、日本国首相が何をやろうと思っても、それを実現するためには何万、何十万という大中小の権力者(木っ端役人も含みます)が仕事をしなければなりません。 そして、その人たちには家族があり、親戚があり、友人がいます。考えてください、自分の家族・親戚・友人に大中小の権力者を持たない人って、日本に何人いるでしょうか?結局、大中小の権力者は、関連する人たちの考えに縛られています。

 首相が1000やれ、と命令しても、それを受け取った人が1000やるか999やるか997やるかは(逆にいえば1001やるか1003やるかは)、その人判断です。そのような人の命令が、次の人が受け取ります。そのような伝言ゲームが10ステップ、100ステップ続いたら、どうなるかは理の当然です。仮に、その時代の数万、数十万の人が1000をやた ったとしても、次の時代の数万、数十万の人がそうするとは思いません。

 つまり、現状の姿は一人の権力者一人の責任ではないと思っています。そして本当に時代を超えた必然性がなければ、100年の単位で考えれば、元に戻ります。日本という国を議論する人の議論が、なんともちっぽけな視野に縛られていることに、ガッカリしました。

[]綾小路きみまろ 16:23 綾小路きみまろ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 綾小路きみまろ - 西川純のメモ 綾小路きみまろ - 西川純のメモ のブックマークコメント


 以前読んだ本に「何を笑うかで、その人の知性が分かる」という言葉がありました。最近、5歳の息子がはまっているのが、「綾小路きみまろ、爆笑スーパーライブ第1集」です。中高年ネタの話を、ケタケタ笑いながら聞いています。本日は、大好きな「ちびまる子」を途中でやめて聞きています。どう考えても、内容を理解して笑っているとは思えません。言葉の響きで笑っているのだと思います。でも、それにしても謎、です。

[]志 16:23 志 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 志 - 西川純のメモ 志 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 以前のメモにも書きましたが、私は「願いは叶う」と信じています。しかし、それは私の発見ではありません。古くはジェームズアレンナポレオン・ヒルをはじめとする、全ての人生訓に共通しているものと言っていいと思います。しかし、その願いが、個人の「願い」である限り、叶う願いは個人レベル(それもかなり低レベル)のものです。

 私を突き動かすものは、個人の「願い」です。しかし、それだけでは駄目だと言うことは知っています。より多くの個人的願いを実現するためには、個人を越えたレベルで、その願い(もちろん、個人の「願い」と矛盾しないようなものを考えます)を表現し、その表現した願いを実現する行動をしなければなりません。それが「志」だと思います。私は、その人の「志」と、それに対しての行動によって人を評価します。なぜなら、その人の「個人的願い」に縛らしれる様な人、また、言葉ばかりで、そのような願いを実現するための行動が出来ない人というのは、「私」の志に繋げることも出来ないし、そして「私」の個人的願いにもつなげることも出来ません。結局、短期的な物々交換のような利害関係しか結べません。だから、私は、その人の「志」と、それに対しての行動によって人を評価します。おそらく、私以外の、より多くの個人的願いを実現するためには、個人を越えたレベルで、その願いを表現し、その表現した願いを実現する行動をする人は、そのような評価をしているはずです。

 なんで、こんな簡単なことが分からない人が多いのか不思議に思うことは少なくありません。言葉だけで誤魔化せるバカはそんなに多くありません。その人が無私で滅私奉公のふりをしても無理です。生物エゴイズム存在であり、そのぶつかり合いの中で生き残ったものなのですから。エゴイズムがあっても当たり前です。問題は、そのエゴイズムを多くの人のエゴイズム矛盾しない道を考え、それに対して具体的に行動するかなんです。