西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/01/24(火)

[]ありがとう 16:43 ありがとう - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ありがとう - 西川純のメモ ありがとう - 西川純のメモ のブックマークコメント


 最近メモの滞りがちです。滞っている理由は二つに一つで、一つは落ち込んでいる、二つめは忙しいです。現在は、二つ重なっています。

 「お上」への書類づくりに追われています。関係者一同が、「心配だ」、「問題だ」とは言いますが、どうしたらいいかという代案無しです。頼りの方も、皆さん忙しく。ということで、心配性の私があたふたしています。その仕事に集中したいがために、関係者に仕事をふっても、その重大さが分からず、すっぽかされると、本当に力が抜けます。

 気楽に仕事を振っているように見えるかもしれませんが、そんなことはありません。私が関係者に仕事を振る場合は、私自身のための仕事ではありません。私たちのための仕事です。その仕事が成り立たないと、我々の研究に関わる予算が最低でも数十万円、中には百数十万円が関わっています。みなさんから、「これが必要」と言われたとき、ごちゃごちゃ言わずに買えるのは、そのような予算の積み上げであることを忘れないでね。それに、私の振っている仕事によって、今後の数百の人の2年間の人生が変わったり、十数人の人生が変わったりします。前回の学内改革の時は胃潰瘍と肝障害になってしまいました。最近は血圧が上がり始めています。本当だったら、全ての情報を開示し、協働したいと思いますが、それは不可能なんです。

 でも、本日、嬉しいことがあった。本日M2の方の口頭試問がありました。本当でしたら、大学教師としての最大のイベントのはずです。ストレスの源泉のはずです。ところが、月曜日までそれをすっかり忘れていました。コンピュータリマインダーで思い出した次第です。そんなに忘れられるのは、M2の方々の研究に関して、みじんも不安を感じなかったからです。本当に感謝します。ありがとう。皆さんの発表を誇らしく思いながら聞かせていただきました。

 我々が目指すのは日本教育改革です。教育改革と言っても、教育制度の改革でもなく、教育方法の改革でもありません。意識の改革です。その意識の改革によって、何が起こるかはみなさんご承知のことと信じています。ということで、M2の方に、これから何を期待しているかはご存じですよね。