西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

06/01/14(土)

[]良い話し合いのイメージ 16:45 良い話し合いのイメージ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 良い話し合いのイメージ - 西川純のメモ 良い話し合いのイメージ - 西川純のメモ のブックマークコメント


 昨日、Yuから良い話し合いは何か、という質問を受けました。未整理ですが、あるイメージ(もしくは仮説)を持っています。私自身の備忘のためメモります。

 第一に、ほぼ全員がローカル会話を活発に行っていることが兆候として現れます。全員がその話題に興味を持っているとき、パブリック会話のみでは覆いきれません。そこでローカル会話が起こります。第二に、ローカル会話からパブリック会話の移行スムーズです。それまでワイワイとローカル会話がなされていたのに、一つのパブリック会話が起こると、ほぼ全員がその会話に注目し、ローカル会話が消えます。これが起こるのは、個々のローカル会話の方向性が一致していることの証拠だと思います。自分たちのローカル会話とかけ離れたパブリック会話がなされても、ローカル会話は続きます。ところが、今、自分たちのローカル会話の「つぼ」となるようなことがパブリック会話でなされると、自然ローカル会話は中断し謹聴します。

 即ち、教室レベルの集団における良い会話とは、ローカル会話を使いながら全員が会話に参加しつつ、そのローカル会話の話題の方向性が一致し、ローカル会話の成果がパブリック会話に反映される、というものです。そして、それをなさしめているものは何か?私は、話題提供者が方向性一致し得るような話題を提供し、制御していることによると考えています。

 以上は、私のイメージ(もしくは仮説)ですが、おそらくメンバーICレコーダーを渡し記録すれば、それが明確になると考えています。この調査の対象になり得るだけの質の高い会話を実現している集団は、我々ぐらいじゃないかと不遜ながら思います。

追伸 言うまでもなく、話題提供者に原因の全てを背負わせるのは我々の考え方ではありません。結局は、その集団の教師(全体ゼミにおいては私)が、メンバーに共通の方向性を持たせているか否かだと思います。