西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

05/12/12(月)

[]分かってもらえた 17:06 分かってもらえた - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 分かってもらえた - 西川純のメモ 分かってもらえた - 西川純のメモ のブックマークコメント


 つい最近、10年前に学部(その当時は学び合いを直接研究していませんでした)を卒業した学生さんが、学び合いを学びに研究室に戻ってきました。我々の実践を知ってもらいたいため、土曜日なのですが、院生さんたちにお願いして対応していただきました。3人の院生さんの実践を見て、議論することが出来ました。ありがとうございました。そのOGから以下のメールをいただきました。

 『課題設定を高めにし、「班のみんなが理解できて、誰でもが説明できるように。」と条件をつけてグループ活動を行いました。そうすると、子どもたちは班から身を乗り出して輪になって話し合うグループが多くありました。中には一人一人が勝手に進めているグループもありましたが、そういう中で、友だち同士が教え合うグループを取り上げ、「すばらしいね。」とほめました。子どもも満足そうでした。このような、子どもが生き生きと活動したり、友だちと話し合ったりしている姿を西川先生に見ていただいて、評価して欲しかったなぁ、とも思いましたが、、、。

 学び合いは、特別なことでなく、日々の活動で普段していることだと気付いてきました。それを教師側が意識して子どもを見ているかどうか、子どもにこうなってい欲しいと伝えているかどうか、のちがいかな、とも思いました。(間違っていたら、教えてください)私の中には、先生に教えていただくまで学び合いの考え方がよく分かりませんでした。先生のお話、院生さんからの実践などから、やっと気付くことができました。これからは、学び合いの考え方をもとに日々の学校生活を子どもと共に学び合っていきたいと思います。土曜日にもかかわらず多くの院生さんから教えていただき、ありがとうございました。院生さんによろしくお伝えください。』

 対応していただいた3人の方へ。このメールを見れば、学び合いがなんたるかを分かったことが分かりますよね。私の返信は以下の通りです。

『もう大丈夫です。

読めば、分かったことが分かります。

学び合いは、本当に簡単なことです。

でもね、学び合いはテクニックではなく、考え方なんです。

○○ちゃんの考え方が鏡のように子どもに現れます。

子どもたちに問題が起こったら、自分を振り返ればいいんです。

問題が起こったら、メールして、私も一緒に振り返ってあげるから。

逆に、うまくいったら、思いっきり自慢してね。』