西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

05/11/23(水)

[]カマキリの卵 21:53 カマキリの卵 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - カマキリの卵 - 西川純のメモ カマキリの卵 - 西川純のメモ のブックマークコメント


 新潟では毎年、「今年は大雪か否か」が話題になります。その際、「地上からどれぐらいの高さにカマキリが産卵したか」によって判断するカマキリ博士なる人の意見テレビの地方ニュースで紹介されます。もし、大雪の年に低い位置に産卵すれば、その卵は雪の下の下に押し込められます。その結果、その卵は死滅します。そのため、長い生存競争の中でカマキリは本能的に積雪の量を予想することが出来る、というのがカマキリの産卵位置によって予想する根拠です。しかし、私の記憶によれば、この予想はあまり的中率は高くないようです。でも、私の記憶は、小雪が続いた20年間にすぎません。おそらく、もっと長いスパンで考えれば、それなりの妥当性があると思います。

 毎年、この時期になると悩むのがタイヤ交換です。雪が降る前にスタッドレスに交換するのも、なにか損なようです。本当に雪がつもるのは12月も押し迫った頃、多くはセンター入試の頃です。そのため、タイヤ交換の時期をずるずると先延ばしにします。しかし、それ12月中でも数回は降ります。そうなるとスタッドレスがないと走れません。とたんにタイヤ交換の客が押しかけ、どこにいってもタイヤ交換の順番待ちで1日を潰すことになります。そのため、早めに交換するべきであることは理解しています。でも、踏ん切りがつきません。

 昨日、家内が「裏のおじいさんが今日タイヤ交換していたよ。あの、おじいさんがタイヤ交換した頃に交換するといいみたい。」と言われました。なるほどと思いました。裏のおじいさんは私のような20年程度の雪国暮らしではありません。70年、80年の雪国暮らしです。色々な情報総合的に判断して、タイヤ交換の時期を決めているはずです。そこで、本日タイヤ交換をしました。兼好法師ではありませんが「少しのことにも、先達はあらまほしき事なり」です。