西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

05/11/02(水)

[]校長来る 22:19 校長来る - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 校長来る - 西川純のメモ 校長来る - 西川純のメモ のブックマークコメント


 本日、ある小学校先生が3人連れだって訪問されました。目的は、我々の研究室研究を生の院生さんの声を通して学びたいということです。これ自体は、今までにも何度もあることです。ただ、今回が特異だったのは、複数の先生方の訪問であり、かつ、なんと校長先生がいらっしゃったことです。相当の金額と、1日の時間を費やし来訪されるということは、単なるリップサービスでは出来ないことです。凄いことです。

 本にも書いたように、私の夢は「学び合う学校」をこの目で見ることです。しかし、学び合う学校が成り立つためには、その意義を理解した校長が必須の条件です。それ故、私は校長になりたいと願います。でも、私は校長にはなれません。それ故、学び合いの意義を理解し、行動を起こしてくれる校長を久しく切望しました。もしかしたら、私が予想したよりかなり早く、学び合う学校が実現出来るかも知れません。とてもとても嬉しいし、期待します。

 校長先生をはじめとする3先生へ、ご苦労様でした。おかげで私はワクワクする時間を過ごせました。ありがとうございます。

 忙しい中、時間を算段してくれたKさんIさんのおかげで、充実した時間を過ごすことが出来たと思います。少なくとも、私はすごく勉強になった。ありがとうございます。

[]校長来る 22:19 校長来る - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 校長来る - 西川純のメモ 校長来る - 西川純のメモ のブックマークコメント


 本日、ある小学校先生が3人連れだって訪問されました。目的は、我々の研究室研究を生の院生さんの声を通して学びたいということです。これ自体は、今までにも何度もあることです。ただ、今回が特異だったのは、複数の先生方の訪問であり、かつ、なんと校長先生がいらっしゃったことです。相当の金額と、1日の時間を費やし来訪されるということは、単なるリップサービスでは出来ないことです。凄いことです。

 本にも書いたように、私の夢は「学び合う学校」をこの目で見ることです。しかし、学び合う学校が成り立つためには、その意義を理解した校長が必須の条件です。それ故、私は校長になりたいと願います。でも、私は校長にはなれません。それ故、学び合いの意義を理解し、行動を起こしてくれる校長を久しく切望しました。もしかしたら、私が予想したよりかなり早く、学び合う学校が実現出来るかも知れません。とてもとても嬉しいし、期待します。

 校長先生をはじめとする3先生へ、ご苦労様でした。おかげで私はワクワクする時間を過ごせました。ありがとうございます。

 忙しい中、時間を算段してくれたKさんIさんのおかげで、充実した時間を過ごすことが出来たと思います。少なくとも、私はすごく勉強になった。ありがとうございます。