西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

05/10/28(金)

[]ほうれんそう 22:25 ほうれんそう - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ほうれんそう - 西川純のメモ ほうれんそう - 西川純のメモ のブックマークコメント


 愚かな管理職の下では「ほうれんそう」は必須の処世術です。つまり、管理職に対して「報告」、「連絡」、「相談」をこまめにすることです。

 最近院生さん、学生さんに「ほうれん」はいりません、「相談」があったら聞きます、と言う機会が多いように感じます。ちょっと前だったら、院生さん、学生さんが語りたいだけ、語らせた後で、「何で私に言うの?」と言っていました。ところが、最近は、秒単位とは言いませんが、分単位仕事に追われています。そのため、だまって承る時間もありません。そのため、院生さん、学生さんが、「報告」、「連絡」を言い始めると、直ぐに「ほうれん」は不必要ですと宣言しています。

 仲間に対して、「ほうれんそう」は有効です。それによって、自分一人では解決できない問題を仲間の力で解決することが出来ます。ところが私は拒否しているのは、私が仲間ではなく管理者ですからです。つまり、目標の設定と評価をする人だからです。もし、管理者が学習者の「ほうれんそう」を受けると、仲間に対しての「ほうれんそう」を阻害するからです。

 私は「ほうれん」は不必要だと思っているのに、なぜ「ほうれん」するかといえば、「安心」のためです。簡単に言えば、「私は言いましたよ」ということで責任を背負ってほしいという、安易な考えです。それ故、「ほうれん」を拒否しています。そして、忙しい現在では、それを率直に宣言します。「ほうれん」しても失敗したら、失うのは私ではなく本人です。それを忘れないでください。だから、「ほうれん」しても何の意味もありません。

 でも、仲間に「ほうれんそう」をしても解決できない問題は「相談」してください。承ります。でもね、たいていの場合は、ご本人の中に「そうすべきだな~」というものはあるのが通例です。それぐらいの「あまえ」は承ります。でも、仲間にたいして「ほうれんそう」をした香りが無い場合は、拒否します。それは、皆さんのためです。

 一方、皆さんのお話を1時間でも聞く場合があります。それは「自慢」です。つまり、Mちゃんの研究で示されるように、「これでいい?」ではなく「これ凄いでしょ!」は承ります。優れた業績を上げている研究室主催者には共通点があります。それは、研究室メンバー研究に対して興味を持ち、関わるものの、その方法に対して命令しません。よく言われることですが、「金を出すが、口は出さない」というスタンスです。でも、正確に言えば、「口は出さないが、金を出し、喜ぶ」のほうが正確です。つまり、「ほうれんそう」ではなく、相談と自慢の「そうじ」が望ましい姿です。

追伸 そこそこの能力のある、愚かな管理職の場合は、「ほうれんそう」を欠かさずに指示通りに動けばそこそこは大丈夫です。ところが、本当に無能な管理職の場合は、「ほうれんそう」を頻繁にしても駄目です。なぜなら無能な管理職の指示通りにやったら、失敗してしまいます。ところが無能な管理職の場合は、自分の指示通りの結果として失敗したことを認めません。その場合は、おもいっきり無能の役を演じ、その管理職から見捨てられることによって距離を置くことしかありません。プラスに働かなくとも、大きなマイナスにはなりません。