西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

05/08/23(火)

[]ありがとう! 10:46 ありがとう! - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ありがとう! - 西川純のメモ ありがとう! - 西川純のメモ のブックマークコメント

 先週の「学び合いフォーラム」は内容的に大成功だと思います。感激しました。私も数多くの研修会に参加しましたが、今回の会は我々らしいオリジナリティがあったと思います。第一に、公開ゼミという形式です。生の子どもの姿をもとに、徹底的に語り合うという形式は、意外に、研修会でやられていなかったようです。また、徹底的に学術に裏打ちされた実践的な研究の発表は、学術と実践の両立を願っている我々の特徴が出ているものだと思います。我々の間ではごくごく普通にやっています。しかし、当たり前すぎて見逃していましたが、このような形式はとても大事なことだと思います。

 終わってから、色々なアイディアを頂きました。例えば、「30歳限定のお悩み相談コーナー」というのもありました。面白い企画です。初対面の人が集まる研究会で、若い人が質問したり、意見を言ったりするのは大変です。そのような人の悩みを聞くことによって、我々も学ぶことが多いと確信しています。その他、ここでは書ききれないほどのアイディアを頂きました。そのようなアイディアを頂ける人たちの知恵を、今回は生かし切れなかったことを残念に思います。同時に、来年はそれらの知恵を結集し、学び合いによって会を企画・運営したいと思いました。このような会に出会えたことを、深く、深く感謝します。

 会の声かけと調整をして頂いたKさんありがとう。

 Kさんのお知り合いで、初対面でしたO木さん、K田さん、M野さん、ありがとうございます。当日は、ちゃんとご挨拶できず、すみません。何よりもネットワークが広がっていくことが嬉しく思いました。

 運営のために、遠方から来てくれたヒデコバさん、Yzさん、Iさん、H、グレートOさん、M膳さん、ありがとう。懐かしい顔と、相変わらずのパワーを嬉しく思います。皆さんの進んだ道、また、進もうとする道に間違いはありません!

 ずっと裏方で頑張ってくれたM婦人、ありがとう。当日、受付の横でいっぱい伺ったお話、参考になりました。

 準備で頑張ってくれたのですが、セミナーには諸般の事情で参加できなかったYdさん、Mさんありがとう。次は日程調整したいと思います。

 新潟市に住んでいるKさん×2、前日の準備もご苦労様でした。また、現メンバーとの調整役として頑張ってくれたObさんありがとう。気を遣う役目でしたね。

 M2のIさん、Gさん、Oさん、有り難うございます。参観者に学術と実践の融合のあり方を伝えられたと思います。

 M1のKさん、Tさん、Hさんありがとう。来年は、一層期待していますよ。

 学部4年のO、ありがとう。懇親会までつきあってくれて有り難う。色々からかったけど、君は大きく成長しているよ。

 学部3年のT×2、Sちゃん、ありがとう。若い君たちがいるということの効果は、YmさんやHの研究で分かっているよね。

 そして、参観者の皆さん、ありがとうございます。殆ど組織的な宣伝をしていないのにもかかわらず、この会の存在を見出し、参加して頂き感謝します。

 そして、そして、最後に互いにありがとう。おそらく、皆さんは互いにありがとうと言いたい気持ちだと思います。我々は子どもたちの学び合いを研究しています。しかし、学び合いが有効であり、そして必要としているのは教師も同じです。今回の会では、参加した全員が学び合う機会を持てたと思います。

 さて、みなさん、次に向かって頑張りましょう!すご~~く、期待しています!