西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

05/08/15(月)

[]書名決定 10:57 書名決定 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 書名決定 - 西川純のメモ 書名決定 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 次の本が秋に出ることが決まりました。内容は異学年、ジェンダーです。当初の考えていた書名は「学び合う学校」です。ところが、出版社の方からインパクトが弱いとの注文が来ました。どうしようかな~と思っていたところ、Mさんより知恵を授けてもらいました。それにちょっと手を入れて『「忙しい!」を誰も言わない学校』として、副題は『暇な先生は読んではいけません!』にしました。出版社に提案したらOKしてもらいました。この書名にあわせて、内容を少し手を入れたいと思っています。

 現場の先生から「忙しい!」という言葉をよく聞きます。でも、その話を聞くと、忙しさを自ら作り出しているとしか思えないことが多いようです。つまり、子どもに任せればいいのに、子どもを信じられないために全部自分でひっかぶります。さらに、教師集団で対応すればいいものを一人でひっかぶります。本では、子どもに任せなさい、という流れでまとめようと思います。最後の教師集団に関してはIさんの研究や、Tさんの校長研究も出したいのですが、それはもう少しまとまってからにしようと思います。今回の本では、Ymさんの多学年の異学年学習、Hの年の離れた集団の学び合いを入れ、なんとかYzさんの教師同士の学び合いまでを入れようかと思っています。

 ちなみに次以降の書名は以下の通りです。学び合いが学力向上に効果的であるということを多くの先生に知ってもらうための研究をまとめて『「勉強しなさい!」を言わない授業』を考えています。さらに、子どもたちに任せれば、教師が主導するより遙かに早く課題が達成できることを多くの先生に知ってもらうための研究をまとめて『「早くしなさい!」を言わない授業』を考えています。このあたりははっきりしていて、あと2年間のうちには発刊できるでしょう。さらに、そのころには評価・評定に関する本、障害児教育に関する本も具体化するはずです。さらに、早急にまとめなければならないと思っているのは、OBの授業をそのまままとめた本です。

 これから明らかになることを考えるとワクワクします。しかし、そんなことより、まずは『「忙しい!」を誰も言わない学校』として、副題は『暇な先生は読んではいけません!』の原稿をまとめねば・・・