西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

05/06/25(土)

[]先生増殖法 12:32 先生増殖法 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 先生増殖法 - 西川純のメモ 先生増殖法 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、ある方より、我々の考え方が、S先生の先生増殖法というのに近いのではないか?、とのコメントをいただきました。勉強不足の私は、正直、そのようなことを知りませんでした。調べてみて、分かりました。私が7、8年前に学び合い研究に入った頃の考えに近いようです。学び合うことの有効性は理解しているようですが、その枠組みは、教師が教えるという枠組みの代替えを子どもに担わせている程度です。また、学び合いの構造も極めて単純に捉えているようです。私の返信は以下の通りです。

 『先生増殖方式と共通している部分もあるかも知れませんが?根本的なところが違います。我々が大事にするのは、どのようにするか、という方法のレベルに関しては学習者が主体者になるべきだと考えています。例えば、何故二人組にならなければならないのでしょうか?また、教え合う時間が5分なのでしょうか?子どもたちは多様です。その多様性にあった学び合いの形態を決められるのは彼ら自身しかありません。そして、そのような主体性を引き出すには(正確には邪魔しないには)教師が一歩引く必要があります。その当たりが違うように思います。』

追伸 説明すれば、分かるようになる、というのはナイーブで分かりやすい考え方です。でも、そのイメージは、教える人が固定され、教えられる人が固定されているイメージです。ところが、学び合うということは、お互いが短い周期の中で、その役割が移動し、互いが一つの理解と人間関係を作り上げる営みなんです。さらに言えば、「互い」というと1対1のイメージですが、本当の姿は、動的に常に変化する関係の中で形作られるものなんです。このあたりの感覚というのは、子どもたちの相互作用を臨床的に見取らない限り、分からないのだろうな~と思います。