西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

05/06/09(木)

[]銘酒は水になる 12:45 銘酒は水になる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 銘酒は水になる - 西川純のメモ 銘酒は水になる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 いい酒は水になると私は固く信じています。美味しい酒というのはあります。でも、そういう酒は食事・酒席の邪魔になります。邪魔にならなくとも、続けて飲み続けると、鼻につきます。いつもいつも、美味しく飲める酒というのは、水みたいな酒です。

 今から10年ぐらいまでは、私は「素晴らしい指導法」というのを目指しました。全然分からない子どもに、一言、説明したならば、「あ、そうか!」と納得する、凄い説明方法を求めていました。でも、それって、ありがちです。世にある教師用の本は、そのようなものであふれています。子どもに見せたら喜ぶ教材、子どもが涙を流す話・・。私はそれを求めていました。認知研究の結果、認知的ギャップのある教師にはそれが無理だと分かった後、認知的ギャップの少ない子どもに、それがあると求めたことがあります。子どもが他の子どもに、教師の思いもつかないような素晴らしい説明の仕方をするのではないかと思いました。その説明の仕方を蓄積することによって、教師は素晴らしい説明を連続できるようになれる、と思いました。しかし、結果は散々でした。いくら子どもたちの会話を分析しても、そんな「素晴らしい説明」なんてなかったんです。子どもたちは、ごくごく普通の会話をしていました。でも、そのごくごく普通の会話をしているにもかかわらず、その結果として、教師がとてもとても到達できない境地に達することが出来ます。そういうことを学ぶことが出来ました。学習に必要なのは、凄いことではないんです。ごくごく普通のことで十分なんです。その、ごくごく普通のことで、凄い成果が期待できるんです。このような結論、確信は、私の学んだ、どんな教育研究も言っていないことです。

 本日、Obさんと、障害児教育に関して話しました。我々が明らかにすべきことは、「凄いこと」では無いんです。ばからしいほど当たり前な、子どもたちの会話の積み上げが、どんな素晴らしい指導より、素晴らしい成果を「定常的・永続的」に上げ続けることなんです。

 多くの心ある教師は、自分がどう対応していいか悩む子どもを、自分のクラスの子どもがこともなげに対応していることに気づいているはずです。そして、その子どもたちの普通の対応によって、自分がどう対応していいか悩む子どもが、いつのまにか普通の子どもになっていることに驚いたことはあるはずです。でも、それにも関わらず、その子どもの普通の対応の凄さを見過ごし、「素晴らしい指導法」を求めているのではないでしょうか?本当は、目の前にある普通こそ、本当に素晴らしいのだと思います。これから2年以内に、我々の同志はこのことを学術的にもきっと明らかにしてくれると、期待し、確信しています。