西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

05/04/16(土)

[]春の味第二弾 08:23 春の味第二弾 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 春の味第二弾 - 西川純のメモ 春の味第二弾 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 フキノトウの時期はもうすぐ終わりそうです。例年だとコシアブラの時期ですが、まだ早いようです。そこで、少し田舎に入ってカタクリを探しに行きました。道沿いからはカタクリの花が満開です。ということは、食べるには遅すぎです。がっかりしました。しかし、あきらめず、ちょっと藪の中に入ってみました。すると、局地的に食べ頃のカタクリの花が群生しています。つまり、土の中かちょろりと顔を出している状態で、花は堅く蕾のままです。周りの位置関係から想像するに、ちょうど雪だまりになっていたところのようです。そのため、その部分だけは花の生長が遅くなっていたためと想像します。 ほんの20分間ほどで、大きな袋いっぱいのカタクリがとれました。

 上越に春の味は、フキノトウ、カタクリ、コシアブラです。平野でツツジの花が咲く頃には、ワラビとタラの芽が出ます。しばらくは楽しめます。

[]挨拶 08:23 挨拶 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 挨拶 - 西川純のメモ 挨拶 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今月の14日は、上越教育大学が所属している兵庫教育大学連合博士課程の入学式が兵庫教育大学で行われました。今年はMさん(夫)が西川研究室の博士課程1年として入学します。13日には本学学長と副学長であるT先生が入学式に出席するため出張です。T先生からは、「入学式の後には指導教官のオリエンテーションがあるんだから出るんだよな」と言われましたが、「Mさんに合って、いまさらオリエンテーションも馬鹿馬鹿しいでしょ。上越で忙しいんですから、昨年同様パスしました。」と言いました。そこで、「じゃあMさんへの伝言は?」と聞かれたので、にこっと笑って「「期待しているよ」と言ってください」と申しました。

 Mさんのホームページやメールによれば、充実した式だったそうです。特に、式における挨拶は良かったと言うことです。Mさん曰く、長たるものは感激に値する挨拶が出来なければならないそうです。幸か不幸か、照れ性の私は挨拶が苦手ですので、長には向かないようです。式の後はT先生といっぱいやるというおまけ付きだったとのこと、よかったよかった。指導教官がいなくても、ちゃんと、何事もなく出来ると言うところが我が研究室的です。

追伸 上越教育大学の博士課程の全学生は19名だそうです。西川研究室は3名ですからダントツです。D3のKさんは博士修了の基礎資格はすでに得ています。D2のTさんはあと1報で基礎資格を得ることが出来ます。二人とも順調に進んでいます。この調子でMさんも進んでほしいと期待しています。もちろん、Tさんもね。