西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

05/03/23(水)

[]世代交代 08:54 世代交代 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 世代交代 - 西川純のメモ 世代交代 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は卒業式・修了式です。夜は戸北・西川研究室の追い出しコンパがありました。その会で感慨がひとしおです。戸北研究室の最後の最後なんですから。

 色々なことがあって(これは省略します)広島大学の大学院を修了され、新潟大学高田分校に戸北先生は赴任されました。その後、分校が廃止される過程で組合の最前線に立ったため、心労のあまり胃潰瘍になって胃を切除するはめになりました。その後、高田分校が上越教育大学になるときに、高田に残った3人の先生の一人です。約30年間、高田の地で、ずっと大学教師でした。その間、ずっと大学教師として学生を愛し、愛されてきました。その先生が、本人の希望ではなく、大学の希望として大学の管理職にならざるをえませんでした。その結果として、教師としての人生を断ちました。本日の追い出しコンパで、最後の最後です。追い出しコンパが終わり次第、管理職の仕事のため海外に出発です。

 戸北先生は今でも大学教師としての力量は十二分です。その先生が、教師として一段落です。その姿を、コンパ中、ちらちらと盗み見をしました。

 教師としてのステージは何段階もあると思います。新任、若手、中堅、ベテラン・・。我が儘な私は、どんなことがあっても、戸北先生のような管理職には絶対になりたくはありません(まあ、幸いに 、人徳のない私は無理ですが)。でも、それであっても私なりに次のステージのことを考えなくてはなりません。

 研究者としての能力は年齢に伴い、急速に衰えます。明らかに、私の研究者としての能力は落ちています。年間に十弱のレフリー付き論文を、自分のアイディアだけで生産していた30代とは違います。でも、30代の後半から、自分がやる、から、サポートするという方向にシフトしました。私の業績を見れば明らかなように、30代後半から単著は少なくなり、共著が多くなりました。幸い、優れた人と一緒に研究する機会を得ることによって、それ以前に勝るとも劣らぬ生産力を維持しています。そして、今後しばらくはその生産力を維持できると思います。でも、戸北先生の姿を見ながら、次のステージの準備をしなければと思い始めました。もちろん、私が考えている次のステージは管理職ではありません。そして、次のステージにシフトするのは数年先ではなく、10年ぐらいの展望のレベルです。でも、考えなければな~と改めて思いました。

 具体的には、私が今やっているように優れた人と一緒に研究する人をサポートするステージにシフトしたいと思います。研究の成果を本の形で現場実践に還元してくれる人を育てたいと思います。もちろん、研究は無しで本のみではありません。我々の特徴は、研究に裏打ちされた実践です。さらに言えば、それを自分の力で切り開ける人です。私は39歳で最初の本を出しました。その際、戸北先生が出版社を紹介してくれました。しかし、その後の出版社との交渉は私がやりました。出版に伴うリスクは私が担いました。とにかく出版に伴う諸々は私がやりました。私が育てたい人はそういう人です。私は、学術研究を実践に還元する意義と夢を語ります。それを自分の夢と感じてほしいと願います。

 出版を通して、学術研究を実践に還元する方向性が見えたように思います。私が試みたことは、たった6年間ですが、私が当初予想する以上の広がりがありました。しかし、我々が確信していることを多くの人に分かってもらうには私の力は、あまりにも微力です。その私の力のなさの自覚と、我々の確信していることに対する自信の大きさのギャップの大きさに、とまどっているこのごろです。来年、再来年のレベルではないかもしれませんが、ちゃんと考えるべきだと思います。

 戸北先生が、先生にとって重要な今日という日をさりげなく過ごせるように私が出来るよう、私は次のステージをちゃんと考えるべきだな、と思いました。