西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

05/03/15(火)

[]フィッシング詐欺 09:07 フィッシング詐欺 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - フィッシング詐欺 - 西川純のメモ フィッシング詐欺 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の所にもフィッシング詐欺が来ました。関係者各位に警鐘を鳴らすため、メモることにしました。フィッシング詐欺とは身元を偽ったメールを送りつけ、偽ったホームページにアクセスさせます。そこにはキャッシュカードの番号を入力させる項目があります。それを入力すると、その情報を使ってキャッシュカードを使いまくるという詐欺です。私の所に来たメールは以下の通りです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

Untitled Document

UFJ銀行ご利用のお客様へ

UFJ銀行のご利用ありがとうございます。

このお知らせは、UFJ銀行をご利用のお客様に発送しております。

この度、UFJ銀行のセキュリティーの向上に伴いまして、

オンライン上でのご本人確認が必要となります。

この手続きを怠ると今後のオンライン上での操作に支障をきたす恐れがありますので、一刻も素早いお手続きをお願いします。

(ここにホームページのアドレスがあります)

また、今回のアップデートには多数のお客様からのアクセスが予想されサーバーに負荷がかかるため、下記のミラーサイトを用意しております。上記のリンクが一時期不可能になっている場合は、

下記をご利用ください。

(ここにミラーサイトのホームページのアドレスがあります)

お客様のご協力とご理解をお願いいたします。

UFJ銀行

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 そこで、記載されているアドレスにlにアクセスすると、フィッシング詐欺のホームページが現れます。フィッシング詐欺のホームページに「UFJ銀行を偽装した電子メール詐欺が発生していますのでご注意ください。」とあるのが笑えます。おそらく、フィッシング詐欺には多種多様なパターンが生じると思います。でもポイントは、キャッシュカードの番号やパスワードの入力求めるところです。一般的にキャッシュカードの番号をインターネットで求める場合は少ないのが常識です。求められたら、とりあえず疑い、電話等(もちろんそのホームページに書いてある番号では駄目です)で確かめることをお勧めします。

 メールの「この手続きを怠ると今後のオンライン上での操作に支障をきたす恐れがありますので、一刻も素早いお手続きをお願いします。」という言葉にどきりとして、アクセスしました。ところがキャッシュカード番号を求めていることに、「あれ??」と思い、そこでテレビで見たフィッシング詐欺の特集を思い出した次第です。そう考えてみると、UFJには私の銀行口座がないという、とてつもなく馬鹿馬鹿しいことに気づきました。でも、「この手続きを怠ると今後のオンライン上での操作に支障をきたす恐れがありますので、一刻も素早いお手続きをお願いします。」という言葉を読んだ際は、それに気づきませんでした。詐欺に遭う人の気持ちが分かります。

 皆さんへ、「インターネットでキャッシュカードの番号を求められたら、怪しい!」と思って下さいね。