西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

05/01/31(月)

[]理想の教師 09:50 理想の教師 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 理想の教師 - 西川純のメモ 理想の教師 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日の授業で学生さんから教師のあり方を質問されました。「教えるのが教師の仕事ではない」と我々は主張します。これがなかなか分かりづらい。しかし、「我々が目指す最高のクラスとは、最高の職場である」ということが分かる人なら、この言葉の意味が分かるはずです。我々の考える良い教師とは、良い校長なんです。

 怖くて、しょっちょう怒る校長に仕えたいと思いますか?それより、いつもニコニコしていて、冗談好きのひょうきんな親父の方が良いでしょ!よく、親しみやすい校長の例として、学校の庭の手入れをしている人がいるので、庭師のおっさんかなと思ったら、実は校長だった、という話を聞きます。でも、本当に庭師のおっさんレベルの政治力だったらどうでしょう?自分には出来ない障害があった時、頼りたいのは校長ですよね。でも、その校長が自分レベルの力しかなかったら。その人を「おっさん」レベルで親しめても、あなたの校長だったら悲劇ですよね。「冗談好きのひょうきんな親父」なのに、自分の人事を相談したり、予算を相談したりした時、自分では解決出来ないレベルのことをさらりと出来たら、いいですよね。でも、それだけのレベルの校長だったら、個々の職員はバラバラな方向を見るでしょう。職員同士の軋轢が生じるでしょうね。

 理想の校長は夢を語ります。具体的には「説教」をたれるでしょう。あまり「たれすぎると」まずいですね。でも、少々、うざったいレベルまでは語るべきでしょう。その、うざったさ、も愛すべきキャラクターと判断されるところまで行けばベストでしょう。しつこく「説教」をたれれるとは、様々な状況でどう考えるかを、自分の経験談を基に語ることを指します。うざったいですが、校長が何を目指しているかが、具体的に分かります。結果として、職員同士の間で、校長が何を目指しているかに関して、共通の理解が出来ます。その結果として、いらざる軋轢が生じません。

 やさしくて、頼りがいがある、説教じいさんであれば、テレビドラマ的にはいい人です。おそらく、職員は何かあると、「やさしくて、実力のある校長」のいる校長室に相談に行くでしょうね。でも、テレビドラマではあまり言わないもう一つの条件がいります。依存的に頼ってくる人に対して、冷たく突き放せるかです。もちろん、冗談好きのひょうきんな親父なんですから、さらりと言わなければなりません。嫌いで言っているのではなく、その人の実力を認めるから言っている、というメッセージが伝わらなければなりません。例えば、「あなただったら簡単に出来ることを、なんで、私なんぞに聞くんですか?」と言うでしょうね。そして、あなたが、ある判断をしたならば、ニコニコしながら「あなたが下した判断なら、私も正しいと信じていますよ」と語るでしょうね。もちろん、「あなた」が下した判断が間違っていたならば、それを支持した校長が尻をふいてくれるでしょう。

 まとめましょう。冗談好きのひょうきんな親父なんですけど、実は実力がある。昔話をしながら、面白おかしく自分の過去を語りながら、自分のロマンを繰り返し語る。自分を信じて任せてくれて、失敗したら尻をふいてくれる。そんな校長の学校に勤めたくありません?そんな校長の職員室はどんな雰囲気でしょうね。そして、あなたはどれだけのことを出来るでしょうか?

 ここまでは比較的簡単な比喩です。多くの教師は同意してくれると思います。問題は、子どもも同じだということを「本当」に信じられるか?それが大きな障害なんです。子ども自分と同じだけ有能であり、かつ、同じだけ無能であることを理解できることが重要なんです。これを伝えきれない自分の無能さを感じます。