西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

04/12/10(金)

[]意識革命 12:30 意識革命 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 意識革命 - 西川純のメモ 意識革命 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は、大学改革に関するシンポジウムに参加するため東京に出張しました。シンポジウムでは文部科学省の担当者の方が「教育学部の大学教員の意識改革無くして学校教育の改革はない」とおっしゃっていました。役人なんですが、実に率直に語っており、本当に改革しなければならないという熱意を感じました。会場に参加する人は、学部長か主事レベルの人ばかりです。私は会場の一隅に座っている一人として心の中で思いました。「教育学部の教員の中には意識改革している教員はいる!それほどバカな人間ばかりじゃない。すくなくとも新たな教員養成を担えるだけの教員はいる!ただ、その教員が大学の中で発言力を持ち、改革を実行できるだけの、人事・予算・教務のシステムが整備されていない!」と思いました。

 会議の最初の方で、「学校教育を変えるためには教員養成を変えなければならない」とおっしゃっていました。でも、「教員養成を変えるためには教育学部のシステムを変えなければならない」と思います。残念ながら、本日語られる殆どは、教員の性善説を前提にしているものでした。でも、何とかしようと思っているにも関わらず、そうできない大学教員がいることが意識化されていないようです。シンポジウムで語られている殆どが、今の熱意が冷めれば、もとの木阿弥になるだろうことが予想されます。

 私はある教科専門の若い先生が語ったことを忘れることが出来ません。その先生は「西川さん、教育学部にいるんだから学校現場に即した研究をしなければならないことは分かっている。でも、教授になるには教育とは関係ない論文の数で決まるのでどうしようもない・・」と語りました。シンポジウムに参加した偉い人は、そのような人の悩みをどれだけ分かっているのかな~・・と思いました。