西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

04/12/04(土)

[]言っていること、やっていること 12:35 言っていること、やっていること - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 言っていること、やっていること - 西川純のメモ 言っていること、やっていること - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は教育実習に行く学生さんに、「言いたいことと、伝わることは違います。言いたいことを全部詰め込むのが教育実習生の冒しがちな誤りです。5つのことを語り、一つも伝えられないより、1つのことを確実に伝えることが教師だよ。」と諭します。

 私は研究授業における担当者の語りが気になります。多くの教師は、自分が思ったとおりに子どもが動いたことを誇ります。例えば、「予想される子どもの反応」などは最たるものです。でも、我々は、自分が思いもつかないレベルまで達することを喜び、誇ります。つまり、自分自身のなしたことを誇るのではなく、学習者を誇ることによって、管理者としての自身を誇るべきだと思います。

 一昨日の講演会に参加したOBから以下のようなメールを頂きました。

『先生の講演は、おもしろかった。ちゃんと、聞かせるところ、笑わせるところ、飽きずに、寝ることなく聞けました。しかし、もう少しこうしたら、もっとよくなると思った点を述べたいと思います。

1.もう少し、ゆっくりしゃべられる所を意識されては、どうでしょうか。先生がステージに立たれたとき、「あっ、緊張されている」と直感しました。いつもの西川先生よりも固い表情でした。話には勢いを感じました。研究に自信を持って話されている姿から、研究への自信と、価値を感じました。しかし、話に力が入る分、話すスピードが速くなり、せっかくいいことを話をされているのに、心にしみこみません。「おしいな。もう少し、ここはゆっくり、小さな声で話されると、心にすとんと落ちるのにな」と思いました。

2.データー、グラフがあるとなー今回の講演では、データーやグラフが少なかったようです。先生の話を聞いて、「この次のシートはあのデーターが示されるな」と思ったら、「OOという成果があがった」の一言。ちょっと物足りない、データーで語ってない気がした。現場の先生だからこそ、データー、数値に弱く、示されると「納得!」という場面があります。でも先生のことだから、何か意図があってだと思います。以上、一教諭が生意気なことを申し上げてすみません。でも先生からは、もっとよくなっていただきたという親心からです。お許しください。』

 このメールを頂いて、まさにその通りだと思いました。原因は与えられた時間に比べて、話す内容が多すぎるためです。話すべきことを絞るべきであることは講演の前から自覚していました。しかし、私の中にある、OBを自慢したいという願望に負けてしまった結果です。でも、どうしても自慢したかった。だって、私を何度もウルウルさしてくれた研究なんですから。そして、ちょうど二人のOBの研究が、講演会のテーマにドンピシャリなんです。

 ということで、昨日の講演は、私の講演としては中の下なのだと思います。反省~。でも、でも、もう一度、同じ講演会を頼まれたら、きっと同じ誤りを犯すだろうな~。それにしても、言っていることと、やっていることが違う点は、愚かな教師の典型です。