西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

04/08/04(水)

[]筑波 14:21 筑波 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 筑波 - 西川純のメモ 筑波 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 現在、学会参加のため筑波にきています。私のもともとの専門である理科教育の学会で、毎年参加していました。でも、今年は例年にはないことがありました。それは、現役修士院生さんといっしょではありません。今年の修士2年の方の研究テーマは、「小学校全学年による異学年学習」、「TTによる教師教育」、「ゼミにおける学び合い」ですので理科以外のテーマです。そのため、この学会で発表しません。いつもは修学旅行の引率教師のような立場ですが、ことしはフリーです。そのため、昨日は仲のいい九州の大学教師と飲みました。

 昨日は学会の会議の後、学内を散策しました。自分の出身校で7年間を過ごした場所です。懐かしさを感じますが、同時に、あまりの変化にとまどいます。修了して二十年以上たつため、大学の建物の数が変わっています。以前は野原だったところに巨大な建物が建ち、頭の中にある映像と現実の映像とのギャップを感じます。ところが意外なところに、懐かしさを感じます。その一つがクーラーです。私の修士時代過ごした部屋をのぞくと、そこには窓に取り付けられる小さなクーラーが残っていました。それは、同級生の一人(現在はある県の附属高校の教師をしています)が取り付けたものです。あのクーラーは二十年以上も動いていることになります。今の院生さんは、なぜ、そこに古いクーラーがあるのか理由も知らないでしょうね。もう一つは、トイレに入ったときの臭いです。二十年前と同じ消臭剤を使っているため、当時と全く同じ臭いがします。臭覚は人間のもっとも古い皮質に関わるため、理性を超えた深い感覚を呼び起こします。昨年やったことを今年もやるという、お役所仕事のなせる技だと思いました。

 今日からは学会本番です。しかし、聞きたいと思う発表は数百の発表の中で3つだけです。理由は、私の興味と学会の多くの方の興味のずれです。私は中長期にわたる子どもと教師の姿に興味があります。しかし、学会での発表の多くは、教材、また、文献に向けられています。そして、子どもや教師に注目する研究も、数回の授業を見る程度に限られます。しかし、懐かしい先輩、同輩、後輩に会えます。おそらく、学会では発表を聞くのではなく、廊下で人と雑談をすることが中心となると思います。