西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

04/07/23(金)

[]天狗の鼻(その5) 08:16 天狗の鼻(その5) - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 天狗の鼻(その5) - 西川純のメモ 天狗の鼻(その5) - 西川純のメモ のブックマークコメント

 あるOBからメール(「天狗の鼻を読んで」)が来ました。内容は、メモに関連した内容と、先週末にあったOBが集まった飲み会に関連した内容です。

 『先日はありがとうございました。毎日が少しずつ前向きになっています。さて、通知表作成で大忙しでしたが、ようやく終えました。メモを読んでメールしたかったのですが、時間を作ることができませんでした。ゆっくりと考えたい問題でもあったので。。。昨夜、妻(注 奥様も教師です)とも話したのですが、妻はこう言っていました。(私も同感です。)クラスがきちんと整列しないような状況のとき、整列させられるテクニックを知るのよりも整列しなくても大丈夫なことに気づかせてもらえるほうがずっといい。(もちろん、むやみに何でもOKだったり、宗教的なものではありません。きちんと説得力あるものです。)

 先日、Sくん(注 今年卒業したゼミ生)が言っていました。周りの先輩教師に「だいじょうぶか?」と言われて、しめてかかったこともあったけど、それはそれでうまく入ったけど、子どもの力を信じることには繋がらず、そこまでだって感じがしたので2学期は自分の考える方法で行きます。もう、反省点も挙げました。夏休みに作戦を練り直すつもりです。

 すごい新人が出てきた、と末恐ろしくなります。おそらく、彼はテクニック本を手にせずに教職人生を送っていくでしょう。(ちなみに私も1冊も持っていませんが、私は不勉強体質のおかげで。。。)

 私も、テクニックのもう一歩先を生きていきたいと日々願っています。』

追伸 Sへ。お前を高く評価し、期待している人が、少なくとも二人(俺と○さん)はいるんだよ!

追伸2 ちなみに私の返信は以下の通りです。

 有り難う同志。

 可視化します。

 『ふと思いました。

 通知票が大変ですよね。私もそうでした。

 では、今、自分はどうかと考えると、実に簡単です。

 自分の気持ちを「有り難う同志」、また、「ウルウルしました」という一言で表せます。

 通知票に、自分の感謝の気持ちを一言書くだけで、伝え合える関係(子どもとも、その親とも)でありたいですね。』

追伸3 一人の院生さんに伝わらなかったことで落ち込むのは、逆に言えば、「俺の話は全員に伝わるはず」という傲慢な考えに根ざしていることに気づきました。反省。○さんやSのように、分かり合える人はいるのですから、その人を増やす努力をすることにします。