西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

04/07/22(木)

[]失敗 08:18 失敗 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 失敗 - 西川純のメモ 失敗 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、院生さんとNちゃんがコーヒーを飲みながら話していました。私も途中から参加しました。題材は、「私が教師になって、指導に失敗したらどうしよう・・」というものです。教師の持つ影響力を意識し、子どもの人生を大事にしているから出る悩みです。それを聞いている現職院生のYzさんの顔もニコニコです。私も、それを聞いて、思わずニコニコしてしまいました。あとから、参加した現職院生のIさんもニコニコになってしまいました。おそらく、私や現職院生さんの話の中で、そのような「青臭い」話題は出ることは無いでしょう。Yzさんも、私も、Iさんも、同じように「そんなこと言われたら、失敗だらけの私はどうしたら良いんだ・・」と言っていました。青臭いけど、とても本質的な話です。失敗するかも知れない、でも、それでも、一生懸命に最善を尽くすのが我々の仕事です。だから、「失敗したら・・」と悩むNちゃんは、教師の持つ影響力を意識し、子どもの人生を大事にしていることを示し、だから、きっと良い教師になると思います。だから、Yzさんも、Iさんも、私も、Nちゃんをとても頼もしく思いました。

 でも、西川研究室の卒研生として、もう一歩上の認識を持って欲しいと思いました。それ故、あえて意地悪な質問をしました。それは、「失敗しないって、どういうこと?」と聞きました。Nちゃんは妥当なことを回答を言いました。私は、「その時は、そうだったとして、そのことによってその子どもの人生が滅茶苦茶になったら、その授業は良かったの?」と聞きました。また、「失敗しなかったと言うことは、どんなことを指すの?」と聞きました。色々と問答をすると、「失敗しない」ということは、その時点でさえ確実でなく、さらに、その子の未来にまで考えが及ぶと、さらに確実でないことを分かってもらいました。そして、「教師は失敗しないようにと思っても、失敗してしまうかも知れない。だから、責任を負えないんだ。では、その子の人生に責任を負えるのは誰だと思う?」と聞きました。Nちゃんは「その子」と直ぐに答えてくれました。私は、「だから、教師の仕事は、子どもに自己判断を出来るよな状況を与えること、そして、自己判断した行動がしやすい環境を保証することだよ。同時に、自己判断するときに満たさなければならない条件、例えば指導要領のような社会的に決定された境界条件を示さなければならない。」と語りました。その後に、西川研究室が自己判断・自己責任の原則であるのは、それと同じ理由であることを述べ、具体的にNちゃんへ私がしていることとの対応を説明しました。この説明までは、ニヤニヤしていた院生さんも、いつの間にか自分たちに降りかかった話題であることを察知し、まずいな~という顔をし始めました。そこで、学卒院生のHが「先生がそういうことを言うことによって、いつの間にか先生の路線にのせられているんだから、先生のいうことを聞く必要はないんだよ」とNちゃんに言いました。私はHに、「それは正しいけど、もうちょっと上のレベルでメタ認知すれば、そういっているお前が俺の路線にまんまとのせられているんだよ。だって、俺の意見に従わずに自分の考えで行動せよ、といっているお前の言っていること自体が、俺が願っていることなんだから」と言いました。Hは黙りましたし、まわりの現職院生さんは笑い出しました。

 私の路線、というより、歴代の院生さん・学生さんに教えられた路線は強力だと思いました。孫悟空がお釈迦様の手の内から逃げられないように、自己判断・自己責任の力は強大です。

追伸 同様のことを今から3年前のメモ(「自己責任」(01.11.16))に書いています。